IPOの証券会社ごとの当選確率はわかる?

IPOの当選確率がどのくらいなのかザックリでも知りたいです。
証券会社ごとの申し込み数や当選確率って分かりますか?

当選数は分かります。当選確率は公表されていません。

IPOの当選確率。
なかなか当たらないので気になりますよね。

  • 証券会社の当選数。
    当選数(割当数)は分かる。抽選分や店頭分の配分数も分かる。
  • 証券会社の当選確率。
    申込数が公表されていないので、分からない※楽天証券以外

詳しく説明します。

IPOの当選数はどこで発表している?

IPOの各証券会社ごとの当選数(割当数)は、下記で分かります。

  • 新規承認の数週間後に、「目論見書の訂正事項分」にて知る。
  • 上場後の数ヵ月後に、「日本証券業協会のWebサイト」にて知る。

目論見書の訂正事項分

各証券会社のIPOの申込み画面で「目論見書」を確認できます。

EDINETでも検索して閲覧できますが、証券会社で見る方が早いです。

新規IPO承認時の目論見書では、各証券会社の割当数が「未定」となっていますが、数週間後に「訂正事項分」が追加されます。

この訂正された目論見書に、各証券会社の「割当数の数値」が掲載されています。

証券会社の当選数が掲載

つまり、「訂正分」を見ることで、各証券会社の割当数(当選数)を知ることができます。

ちなみに庶民のIPOでは、割当数を確認して各IPOのページに掲載しています。
証券会社ごとの割当数だけでなく、ネット抽選分も掲載しています。

庶民のIPOの割当数

目論見書を確認しなくても、個別ページでご確認いただけます。

日本証券業協会のWebサイト

日本証券業協会のWebサイトでは、上場後に割当数が掲載されます。

証券会社ごとに、「当選人数」と「1人あたり平均配分単元数」が載っています。

実際の人数と割当数が書いてあるので、複数当選があったのか?など正確に知ることができます。

証券会社の当選数が掲載

平均配分単元数が「1」なら100株当選のみ。
「1.4」や「2.5」など1以上の数値があれば、複数当選された方がいらっしゃるということです。

日本証券業協会では 月ごと、年ごとのIPOの配分状況を確認することもできます。

ちなみに、掲載されるのはIPOが終わってから数ヵ月後(だいたい3ヵ月後)です。

IPOの当選確率は分からない!

証券会社ごとの割当数(当選数)は分かりますが、各証券会社でIPOの申込み数を発表していません。

分母(申込数)がないので、確率が計算できません。

参考までに

知名度と注目度が高いIPOの場合、日経新聞などの大手メディアがIPOの申し込み倍率や当選倍率を掲載していることがあります。

そちらは担当記者が各証券会社に対してヒアリングなどを行い、独自に集計しているものを発表していると思われます。

一般の方はヒアリングしても相手にされません…。

例外として楽天証券は、抽選後に当選確率を発表しています。

楽天証券の抽選結果

また、抽選方法も発表しているので、おもしろいです。

全体の当選数ではなく、ネット抽選数を見る

参考までに、Welbyの割当数とネット当選数をみていきましょう。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SMBC日興証券
91.39% 172,000株 17,200株
大和証券 2.60% 4,900株 900株
みずほ証券 2.60% 4,900株 400株
マネックス証券 0.85% 1,600株 1,600株
SBI証券 0.85% 1,600株 1,100株
岡三証券 0.85% 1,600株 100株
いちよし証券 0.85% 1,600株 100株

各証券会社の割当数は、上から並んでいる通りですが、ネット抽選分となると2番目に多いのがマネックス証券、3番目がSBI証券になります。

  • SMBC日興証券のネット抽選分は、10%。
  • マネックス証券のネット抽選分は、100%。
  • SBI証券のネット抽選分は、70%。

対面型の証券会社では、担当者が上位顧客(お得意さん)を優先して順次配布します。

一般の方は、ネット抽選による平等抽選を狙いましょう!

よって、見る箇所はネット抽選分の割当数です。

日本証券業協会の新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況にて正確な割当数は公開されています。

抽選前の当選確率は必要な情報?

たまに、人気IPOの当選確率を抽選前に聞かれることがありますが…

果たして必要な情報でしょうか?

予想利益30万円、当選株数:2,000株(200口の当選)の人気IPOがあると仮定します。

あなたは どの当選確率ならIPOに応募するでしょうか?

  • 当選確率:5倍(20%)(5人に1人が当選)
  • 当選確率:20倍(5%)(20人に1人が当選)
  • 当選確率:100倍(1%)(100人に1人が当選)
  • 当選確率:3,000倍(0.03%)(3千人に1人が当選)
  • 当選確率:50,000倍(0.002%)(5万人に1人が当選)

どの当選確率で申し込むかは人それぞれですが、私ならどの当選確率でも申し込みます。

だって、申し込みまないとIPOの当選確率は「ゼロ」ですから。

庶民のIPOのいたるところで説明させて頂いておりますが、一般的な庶民は努力により抽選にどんどん参加しないと、IPOには当選しません。

IPOの当選は、結局は運です。
当選確率が2倍でも落選しますし、当選確率が5万倍でも当選することはあります。

当選確率が低いIPOでの当選実績

昔の当選IPOにも当選確率が低い中で当選したものがあると思いますが、調べるのが大変なので最近の実例を紹介します。

2019年2月28日に上場するフロンティアインターナショナルみずほ証券で100株当選しました。

まずは当選数を割り出します。

  • みずほ証券の割当数は15,300株。
  • ネット配分は10%なので1,500株。
  • 100株単位なので15人が当選

続いて、みずほ証券での参加者をテキトーに算出してみます。

  • みずほ証券の口座開設数は、2018年6月末で175万2千口座。
  • IPO参加者は5%と仮定すると、参加人数は87,600人

87,600人 ÷ 15人 = 5,840人に1人が当選する確率。

当選確率は 5,840倍(0.017%)です。

このような計算をすれば、当選確率自体を出すことは可能です。

ただし、実際の「IPO参加人数」なんて分かりませんし、申し込まない限り「当選確率はゼロ」ですので庶民のIPOでは出していないんです。

参考までに

Twitterで体験談を紹介していただきました。


転載許可もいただきありがとうございます!

ちなみに、わたしが各証券会社でIPO申込にかかる時間は1分です。

当選確率を計算するより、応募したほうが早いです(  ̄∇ ̄)


抽選倍率を気にして応募するより、何も考えずに応募したほうが気がラクだと思います。

どうせカンタンには当たりませんから、「作業」だと思って応募しましょう~。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。