デジタリフト(9244):IPO上場情報と初値予想

デジタリフト

デジタリフトは、デジタル広告の配信・運用を行うトレーディングデスク事業を行っている企業です。

デジタル広告配信にまつわることを一手に引き受け、 狙い通りに情報をお届け。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


デジタリフトの上場日

B
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2021/9/28 (火) 証券コード 9244
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
デジタリフト(9244)
時価総額
2,315百万円(公開価格で計算)

デジタリフトのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/9/8 (水) ~ 9/14 (火)

仮条件 1,490円~1,570円 (抽選資金:14.9万円 ~ 15.7万円)
当選口数 4,902口
発行済株式数 1,475,000株 オファリングレシオ 33.2%
公募株数 110,000株 売出株数 316,300株
吸収金額 7.6億円 O.A分 63,900株
仮条件決定日 9/6 (月) 公開価格決定日 9/15 (水)
購入期間 9/16 (木) ~ 9/22 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

デジタリフトの公開価格と初値

仮条件 1,490円~1,570円
公開価格 1,570円 初値 (初値予想)1,790円 ~ 2,090円
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)22,000円~52,000円

デジタリフトの初値予想と予想利益

デジタリフトの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件

1,490円 ~ 1,570円 ※抽選資金:14.9万円 ~ 15.7万円
上限は5.4%上ブレ↑

初値予想 1,790円 ~ 2,090円
(1.1倍~1.3倍)
予想利益 2.2万円~5.2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,490円あたり ※抽選資金:14.9万円あたり
初値予想 1,790円 ~ 2,090円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 3万円~6万円
送信中...

初値予想アンケート

デジタリフト(9244)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,490円)を基準価格としています。

有効回答:181   投票期限:2021/9/27 (月) 23:59まで
3倍以上(4,470円以上)
108票  60%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,725円以上~4,470円未満)
10票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,980円以上~3,725円未満)
22票  12%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,235円以上~2,980円未満)
18票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,788円以上~2,235円未満)
14票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,490円以上~1,788円未満)
3票  2%
投票済み

公募割れ(1,490円未満)
6票  3%
投票済み

デジタリフトの主幹事と幹事証券

デジタリフトのIPOを取り扱っている証券会社です。

デジタリフトの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
82.64% 405,100株 405口
SMBC日興証券 6.51% 31,900株 31口
SBI証券 6.08% 29,800株 178口
楽天証券 4.35% 21,300株 213口
松井証券 0.43% 2,100株 14口

委託幹事であるマネックス証券は、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


デジタリフトの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年9月 2019年9月 2018年9月
売上高 2,065,315 2,060,340 1,310,736
経常利益 113,042 106,565 42,807
当期利益 73,275 71,084 28,994
純資産 243,343 170,068 95,384
配当金
EPS 53.68 52.55 2,147.78
BPS 178.27 124.59 7,065.51
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

デジタリフトの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロックアップ
(株)フリークアウト・ホールディングス 750,000株
51.37%
270,000株 180日間
百本 正博 代表取締役 500,000株
34.25%
20,000株 180日間
ANRI1号投資事業有限責任組合 VC 100,000株
6.85%
26,300株 90日間/1.5倍
鹿熊 亮甫 取締役 27,000株
1.85%
(27,000)
-
(有)EIF 15,000株
1.03%
- 90日間/1.5倍
奥谷 慧 15,000株
1.03%
(15,000)
-
青島 知彦 9,000株
0.62%
(9,000)
-
石塚 久路 5,000株
0.34%
(5,000)
-
朝長 広樹 3,500株
0.24%
(3,500)
-
荒井 亮 3,500株
0.24%
(3,500)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
公開価格は1,570円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、2,355円です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

デジタリフトと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

上場日の初値決定前の気配運用

デジタリフト(9244)の上場日の初値決定前の気配運用です。

公開価格 上限価格 下限価格
1,570円
3,615円
(上場1日目)
1,178円
  • 上限価格:更新値幅 79円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

引受価額は1,444.40円になります。
幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安になります。

上場日の制限値幅(ストップ高)は、初値を基にした価格となります。

IPOのポイント

平均継続月数の推移をみると、顧客と長期間の契約取引関係にあるようです。

平均継続月数の推移

既存取引先からの紹介もあるようで、サービスの信頼感や満足度が高いのかもしれません。

既存取引先からの案件紹介数

アドテクという事業内容的には やや人気のある部類。
IPOの内容的にはやや悪いといったところでしょうか。(地合が心配)

親会社はインターネット広告を手掛けるフリークアウト(6094)でしたが、デジタリフトの上場に伴い保有株式を売り出し。
デジタリフトはフリークアウトの連結子会社から除外され、持分法適用関連会社に。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 業績が好調。(決算情報
  • 2021年9月期の業績予想(前期比)は、売上高2,523百万円(+22.2%)、営業利益175百万円(+57.9%)
  • IPOでやや人気のあるアドテク事業。
  • 市場からの吸収金額が7.6億円と小さい。吸収金額による実績
  • 同業他社が多い。
  • 売出比率が74.2%と高い。
  • 同日に4社が上場。
  • 9月後半のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。選別される可能性あり。
  • オファリングレシオが33.2%と高い。オファリングレシオによる実績
  • 新株予約権に係る潜在株式数は94,900株で、発行済株式総数の7%に相当。
  • ベンチャーキャピタルの保有株があり、公開価格の1.5倍でロックアップ解除(所有割合7.3%の売り圧力)。
  • 株式市場がやや不安定。(調整あるかも)

9.6追記。仮条件が想定発行価格(1,490円)より5.4%の上振れ決定(1,490円 ~ 1,570円)しましたが、最近の相場の軟調ぶりを受け初値予想は変更せず。予想利益は2.2万円~5.2万円です。

目論見書の想定仮条件は1,490円。初値予想は1,790円 ~ 2,090円としました。
予想利益は3万円~6万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに62回当選しています。(全当選数の65.3%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

2020年の幹事数は18社で、全体の2割のIPOに申込可能でした。

資金に余裕があれば、幹事数が増えてきた楽天証券も、おすすめです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

デジタリフトは、デジタル広告の配信・運用を行うトレーディングデスク事業を行っている企業です。

トレーディングデスク事業とは、デジタル広告配信にまつわることを一手に引き受け、狙い通りに情報をお届けすること。(アドテク)

トレーディングデスク事業

3つのサービスを顧客ニーズに合わせ、組み合わせて提供。

提供サービスのイメージ

売上構成比率は、アジャイル広告運用サービス61.5%、アジャイル広告運用サービスとCdMOの併用36.0%、LIFT+2.5%。

規模ごとに提供サービスを変化

設立は2012年11月。
従業員数は2021年7月末で49名、平均年齢は32.3歳、平均勤続年数は1.9年、平均年間給与は437.9万円。

デジタリフトの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。