1人1票の「公平抽選」で当選を目指す!

IPOの当選を目指すには「投資資金があればある程、当選しやすい」という現実があります。

つまり、「庶民(一般人)」より「お金持ち」の方がIPOは当選しやすいんです。

投資資金が豊富であれば・・・・

  1. 店頭型の証券会社の営業マン(証券マン)からIPOの割当を頂ける。
    (お得意さんになれる)
  2. IPOの申込み数量を増やして、当選確率を上げられる。
    (参加できるIPOが多くなる)
  3. 預け残高によりステージが変わる証券会社で有利になる。
    (個人優遇を受けられる)

お金持ちが有利。これは変えられない現実です(苦笑)。

ただし、庶民(一般)の方でも IPOに当選しないわけではありません。

Twitterで下記のようなツイートがありました。これがリアル(現実)です。

庶民でもIPOに当選しやすい「公平抽選」で運試し!

一般庶民でもIPOに当選します。

IPO当選のコツをこちらのカテゴリで紹介しておりますので参考にしてみて下さい。

管理人もこれまで「運だけ」でIPOに44回 当選を果たし、約470万円の利益を得ています。
当選したIPOは 全て「1」のブックビルディングで当選したIPOになります。

IPOの抽選方式は各証券会社で変わる事を 前ページで説明させて頂きました。

  1. 「公平抽選方式」
    証券口座に抽選権が1つ与えられる「一人一票制」!
    投資資金(抽選資金)の大小に関係なく公平に抽選が行われます。
  2. 「口数比例方式」
    一口の応募につき抽選権が1つ与えられ、応募口数が多いほど当選確率が上がります。つまり抽選資金が多い程 有利です。
  3. 「ステージ制(個人優遇)」
    預け残高やこれまでに支払った手数料などにより、当選確率が変わります。

「1」の「公平抽選方式」を採用している証券会社では、1人(1口座)につき1票の抽選権が与えられます。

つまり、投資資金が少なくて抽選に1口だけ応募しようが、投資資金が豊富で抽選に100口応募しようが、当選確率は変わりません。

IPOに当選しますように

言い換えれば、

「庶民(一般人)」 でも 「お金持ち」でも当選確率は一緒 です!

抽選も機械による自動抽選となっており、当選を左右するのは「運」のみとなります。

「公平抽選」を採用している証券会社

ブックビルディングに「公平抽選」を採用している証券会社を一部 紹介させて頂きます。

一般的な庶民である管理人も「運」に左右される「公平抽選」を採用している証券会社で当選を果たしています。

絶対に口座開設しておきたい証券会社

管理人のIPO当選数も多く、非常におすすめの証券会社です。

証券会社名 抽選方法 備考
おすすめ
マネックス証券
完全公平抽選

庶民の味方!管理人 イチオシの証券会社!

引受幹事数が多い証券会社です。
完全公平抽選を採用しているので、1口だけで抽選に参加しても 300口参加しても当選確率は一緒です。
管理人は IPOに15回当選しています。

おすすめ
SMBC日興証券
1.公平抽選
2.店頭配布

IPO当選狙いに外せない証券会社!

主幹事数が多い証券会社です。
ダイレクトコースは完全公平抽選なので、1口だけで抽選に参加しても 300口参加しても当選確率は一緒です。
管理人は IPOに14回当選しています。

IPO当選の為に口座開設しておきたい証券会社

IPO当選狙いで口座開設しておきたい証券会社です。
管理人のオススメ順に並べています。

証券会社名 抽選方法 備考
穴場
ライブスター証券
完全公平抽選

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(資金0円で抽選可能)
100%の完全公平抽選を採用しています。
2017年1月よりIPOの取扱いを始めました。
IPOのイメージが薄いので かなりの穴場です。

現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン中♪

狙い目
岡三オンライン証券
ステージ制

資金がなくても参加可能!

過去の取引実績に応じて抽選対象者が3ステージに分けられます。
2013年10月よりIPOの取扱いを始めました。

現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン中♪

狙い目
カブドットコム証券
完全公平抽選

完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
三菱UFJフィナンシャルグループで引受幹事数はそこそこあります。
管理人は IPOに1回当選しています。

穴場
岩井コスモ証券
1. 公平抽選
2. ステージ制
3. 個人優遇

10%がネットの公平抽選、40%が店頭取引対象でステージ制による抽選、50%が抽選によらない営業マンからの配布になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。

穴場
東海東京証券
1. 公平抽選
2. 個人優遇

個人優遇サービスで割当数量の90%が抽選対象に。
対象者以外は割当数量の10%が抽選対象になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。
管理人は IPOに1回当選しています。

穴場
むさし証券
1. 公平抽選
2. 裁量割当

資金がなくても参加可能!

インターネット取引「トレジャーネット」に回ってきた配分10%は、1口座1票の公平抽選です。

狙い目
松井証券
公平抽選

全体の70%以上がネットにて公平抽選対象になります。
ネット分は完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
引受回数はそこそこあるので、当選機会を増やすには口座開設しておきたいところです。

穴場
GMOクリック証券
完全公平抽選

完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
同グループ企業が上場を果たす際に引受幹事証券になる場合があります。

公平抽選では「1人(一口座)に1票の抽選権」が与えられます。

当選攻略法として、身内にも口座開設をしてもらい ブックビルディングに参加してもらうと 抽選権が実質 増えますので当選確率は上がります。

次項から、次々とIPOの当選チャンスを増やす方法を紹介していきます。