1人1票の平等抽選は、資金力がない一般人でも当選を狙える!

IPOの当選は、投資資金があればあるほど、当選しやすいです。

つまり、庶民(一般人)より、お金持ちの方が当選します。

投資資金が豊富であれば・・・・

  1. IPOの申し込み数量を増やして、当選確率を上げられる。
    (参加できるIPOが多くなる)
  2. 店頭型の証券会社の営業マン(証券マン)からIPOの割当を頂ける。
    (お得意さんになれる)
  3. 預け残高によりステージが変わる証券会社で有利になる。
    (個人優遇を受けられる)

お金持ちが有利。
これは変えられない現実です(苦笑)

4コマ漫画:平等抽選1コマ目 4コマ漫画:平等抽選2コマ目 4コマ漫画:平等抽選3コマ目 4コマ漫画:平等抽選4コマ目

ただし、お金持ちだけがIPOに当選するわけではありません!

実際、庶民のカブスルはIPOの当選を重ね、1,399万円の利益を得ています。(最初の抽選資金は50万円)

一般人がIPO当選に使う武器はお金ではなく、「運」と「努力」です!

庶民でもIPOに当選しやすい「平等抽選」で運だめし!

最初に現実から紹介しましたが、一般人でもIPOに当選します。

そして、IPO当選により資産を増やすチャンスがあります。

IPOの抽選方式は主に3つありますが、一般人が狙うのは運による当選が狙える「平等抽選」です。

  1. 平等抽選方式おすすめ!
    証券口座に抽選権が1つ与えられる「一人一票」制度。
    投資資金(抽選資金)の大小に関係なく、公平に抽選が行われます。
  2. 口数比例方式
    一口の応募につき抽選権が1つ与えられ、応募口数が多いほど当選確率が上がる仕組み。
    つまり抽選資金が多い程 有利です。
  3. ステージ制(個人優遇)
    預け残高やこれまでに支払った手数料などにより、当選確率が変わります。

「1」の「平等抽選方式」を採用している証券会社は、1人(1口座)につき1票の抽選権が与えられます。

つまり、投資資金が少なくて抽選に1口だけ応募しようが、投資資金が豊富で抽選に300口応募しようが、当選確率は変わりません。

平等抽選は投資資金が少ない庶民にも優しい!

言い換えれば、

庶民(一般人) でも、お金持ちでも当選確率は一緒 です!

抽選は機械による自動抽選となっており、当選を左右するのは「運」のみとなります。

カブスルも「運だけ」でIPOに83回 当選し、1,399万円の利益を得ています。
うち、平等抽選方式の当選回数が58回で全当選数の69.8%になります。

平等抽選を採用している証券会社

IPOに当選しますように

IPOの抽選に、「平等抽選」を採用している証券会社です。

抽選の参加機会が増えるので、平等抽選の証券会社は開設できるだけ、開設されるのがオススメです。カブスルはこれから紹介する証券会社すべてに口座開設しています。

絶対に口座開設しておきたい証券会社

カブスルのIPO当選数も多く、非常におすすめの証券会社です。

証券会社名 抽選方法 備考
おすすめ
マネックス証券
マネックス証券
  • 平等抽選 100%

庶民の味方!カブスル イチオシの証券会社!

幹事数が多い証券会社です。
割当数のうち、平等抽選にほぼ100%が回ってきます。

カブスルは IPOに16回当選

おすすめ
SMBC日興証券
SMBC日興証券
  • 平等抽選 10%
  • ステージ制 5%
  • 裁量配分 85%

IPO当選狙いに外せない証券会社!

割当数が多くなる、主幹事数が多い証券会社です。
ネット取引のダイレクトコースは平等抽選

カブスルは IPOに19回当選

IPO当選の為に口座開設しておきたい証券会社

IPO当選狙いで口座開設しておきたい証券会社です。

一部の証券会社は、IPOの抽選資金がいらず、入金ゼロでも参加できます。

証券会社名 抽選方法 備考
狙い目
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券
  • 平等抽選 10%
  • ステージ制 90%

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(入金ゼロで抽選可能)

割当の10%は平等抽選です。
2019年の幹事数は37社と多く、全体の43%のIPOを取り扱っています。

穴場
ライブスター証券
ライブスター証券
  • 平等抽選 100%

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(入金ゼロで抽選可能)

2017年1月よりIPOの取り扱い開始。
IPOのイメージが薄いので、穴場です。

現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画中!

狙い目
松井証券
松井証券
  • 平等抽選 70%
  • 裁量配分 30%

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(入金ゼロで抽選可能)

全体の70%以上がネットにて平等抽選になります。
2019年の幹事数は21社で、全体の24%と取扱数が増えてきました。

カブスルは IPOに1回当選

5千円のキャッシュバックがもらえるお得なタイアップ企画中!

狙い目
楽天証券
  • 平等抽選 100%

平等抽選と表記していませんが、100株しか申込めないので、実質 平等抽選です。
2019年の幹事数は26社で、全体の30%と取扱数が増えてきました。
カブスルは IPOに1回当選

狙い目
auカブコム証券
  • 平等抽選 100%

三菱UFJフィナンシャルグループの一員で、委託幹事(裏幹事)に。
カブスルは IPOに1回当選

岩井コスモ証券
  • 平等抽選 10%
  • ステージ制 40%
  • 裁量配分 50%
知名度が高くないですが、IPOの取扱数は2019年で36社(全体の42%)と多いです。
東海東京証券
  • 平等抽選 10%
  • 裁量配分 90%
知名度が高くないですが、IPOの取扱数は2019年で27社(全体の31%)と、そこそこあります。
GMOクリック証券
  • 平等抽選 100%
GMOグループが上場する際に、幹事証券になる場合があります。
なお、GMOグループは子会社などをどんどん上場させています。

平等抽選の証券会社は、なるべく多く口座開設することで、IPOの参加機会が増えます。

当選攻略法として、家族にもIPO勧めて口座開設してもらい、ブックビルディングに参加してもらいます。
抽選権が参加人数分増えますので、当選確率が上がります。

平等抽選の証券会社で200株以上 当選する?

平等抽選の証券会社では、基本的に100株だけ当選します。

200株以上当選するのは、IPOの申し込み数が当選数より少ない場合ですが、そのケースはごくまれです。

  • IPOの当選数:1,000株、申込人数は7人で200株ずつ応募。
  • 全員に100株ずつ当選。(700株)
  • 残りの300株を抽選。
  • 4人は100株当選、3人は200株の当選。

IPOはとても人気があるので、当選数より申込数が下回るケースはほとんどありません。あるとしたら…

になります。詳しくは下記で紹介していますので、参考にしてください。

お金持ちでも取引していないと当たらない

Twitterで下記のようなツイートがありました。(現在は消されました)

大和のやっかいなのは、支店によって違うかもしれませんが、PO,IPOのみの客は、ダメで、要するに、投信買えよ、付き合えよってやつ。それも、どうせ、100万とかでは、ダメなんでしょ。野村は、億の友達が、毎年手帳貰ってたのに、取引なかったけど、断られていて、マジ頭おかしい。

これがリアル(現実)です。

お金持ちとはいえ、証券会社に入金だけしてても良いIPOは中々もらえません。

取引を重ね、証券マンと懇意になることで、良いIPOが回ってきやすくなります。


IPOの当選確率を一般人が増やすには、平等抽選で抽選運にかけ、口座開設数を増やし当選チャンスお増やすのが王道です。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。