1人1票の「公平抽選」を採用している証券会社で当選を目指す!

IPOの当選を目指すには「投資資金があればある程、当選しやすい」という現実があります。

つまり、「庶民(一般人)」より「お金持ち」の方がIPOは当選しやすいんです。

投資資金が豊富であれば・・・・

  • 店頭型の証券会社の営業マン(証券マン)からIPOの割当を頂ける。(お得意さんになれる)
  • IPOの申込み数量を増やして、当選確率を上げられる。(資金があるほど当選しやすい)
  • 預け残高によりステージが変わる証券会社で有利になる。(個人優遇を受けられる)

お金持ちが有利。これは変えられない現実です(苦笑)。

庶民でもIPOに当選しやすい仕組み「公平抽選」で運試し!

IPOのブックビルディングに参加した際、各証券会社で抽選の方式は変わります。

  1. 口座(1人)に抽選権が1つ与えられ、資金量に関係なく公平に抽選が行われれる「公平抽選方式」
  2. 一口の応募につき抽選権が1つ与えられ、応募口数が多いほど当選確率が上がる「口数比例方式」
  3. 預け残高やこれまでに支払った手数料などにより、当選確率が変わる「ステージ制(個人優遇)」

「1」の「公平抽選方式」を採用している証券会社は、1人(1口座)につき1票の抽選権が与えられます。

つまり、投資資金が少なくて抽選に1口だけ応募しようが、投資資金が豊富で抽選に100口応募しようが、当選確率は変わりません。

言い換えれば、「庶民(一般人)」でも「お金持ち」でも当選確率は一緒です!

また、機械による自動抽選になっており、当選を左右するのは「運」のみとなります。

「公平抽選」を採用している証券会社

ブックビルディングに「公平抽選」を採用している証券会社を一部 紹介させて頂きます。

一般的な庶民である管理人も「運」に左右される「公平抽選」を採用している証券会社で当選を果たしています。

IPO当選の為に口座開設しておきたい証券会社

証券会社名 抽選方法 備考
おすすめ
マネックス証券
完全公平抽選

管理人いちおしの証券会社です。
また、引受幹事になる回数が多い証券会社です。
完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
管理人は過去に14回の当選を果たしています。

おすすめ
SMBC日興証券
1.公平抽選
2.店頭配布

主幹事になる回数が多い証券会社です。
ダイレクトコースは完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
管理人は過去に12回の当選を果たしています。

出来ればIPO当選の為に口座開設しておきたい証券会社

証券会社名 抽選方法 備考
狙い目
松井証券
公平抽選

全体の70%以上がネットにて公平抽選対象になります。
ネット分は完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
引受回数はそこそこあるので、当選機会を増やすには口座開設しておきたいところです。

狙い目
カブドットコム証券
完全公平抽選

完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
三菱UFJフィナンシャルグループで引受幹事数はそこそこあります。

穴場
岩井コスモ証券
1. 公平抽選
2. ステージ制
3. 個人優遇

10%がネットの公平抽選、40%が店頭取引対象でステージ制による抽選、50%が抽選によらない営業マンからの配布になります。
管理人のような庶民は10%狙い、資産がある方はその他の40~50%狙いです。

穴場
東海東京証券
1. 公平抽選
2. 個人優遇

個人優遇サービスで割当数量の90%が抽選対象に。
対象者以外は割当数量の10%が抽選対象になります。抽選方式は公平抽選。
管理人のような庶民は10%狙い、資産がある方は90%狙いです。

穴場
GMOクリック証券
完全公平抽選

完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
同グループ企業が上場を果たす際に引受幹事証券になる場合があります。

穴場
丸三証券
1. 公平抽選
2. 裁量割当

全体の10%がネットにて公平抽選対象になります。
90%は本支店で営業マンによる裁量割当になります。
管理人のような庶民は10%狙い、資産がある方は90%狙いです。

穴場
安藤証券
1. 公平抽選
2. 裁量割当

明治41年創業の老舗の証券会社。
インターネット取引「美らネット24」に回ってきた配分数は、1口座1票の公平抽選です。

穴場
むさし証券
1. 公平抽選
2. 裁量割当

インターネット取引「トレジャーネット」に回ってきた配分10%は、1口座1票の公平抽選です。

公平抽選では「1人(一口座)に1票の抽選権」が与えらます。
よって身内にも口座開設をしてもらい、ブックビルディングに参加してもらうと 抽選権が実質 増えますので当選確率は上がります。

次項では「IPOの「応募機会」を増やして「当選チャンス」を増やす!」方法をご紹介します。


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ