「LINE」の紹介

LINE
モバイルメッセージャー・アプリケーション「LINE」によるコミュニケーション、コンテンツ、広告等のサービスを提供するLINEビジネス・ポータル事業

「LINE」のIPO情報

C
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 当選口数:多い
  • 売出比率:低い

Yahoo!
ファイナンス
LINE
上場日 2016/7/15 (金) 証券コード 3938
市場 東証一部 業種 情報・通信
Webサイト Webサイト 単元株 100株

「LINE」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2016/6/29 (水) ~ 2016/7/8 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 2,900円~3,300円 (抽選資金:29万円 ~ 33万円)
当選口数 350,000口
公募株数 35,000,000株 売出株数 0株
吸収金額 1,328.2億円 O.A分 5,250,000株

各用語の説明はこちらで行っています。※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

「LINE」の公募価格と初値

公募価格 3,300円 初値 4,900円
騰落率 48.48%  倍率  1.48倍
初値売りでの損益 160,000円(4,900円 - 3,300円)× 100株

(参考)LINEの「想定仮条件」と「想定利益」

「LINE」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

主幹事証券会社は野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券、ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券になります。

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「東海東京証券」も要チェックです。

「LINE」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年12月 2014年12月 2015年12月
売上高 40,070,767 68,045,536 88,441,794
経常利益 6,962,950 19,714,171 3,472,727
当期利益 7,554,769 12,184,048 -16,740,537
純資産 18,307,731 33,763,135 24,567,744
配当金(単位/円) - - -
EPS(単位/円) 21,586.04 69.63 -95.66
BPS(単位/円) 52,182.66 184.01 76.77

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年12月 2014年12月 2015年12月
売上高 39,585,761 86,366,269 120,669,837
経常利益 -8,318,201 6,262,807 -12,033,216
当期利益 -6,391,132 2,004,076 -7,972,111
純資産 10,727,228 12,496,084 17,743,295
EPS(単位/円) -4.36 24.05 -43.33
BPS(単位/円) 61.30 71.41 101.39

直近の類似IPOの上場結果

(参考)直近の「市場:東証一部」かつ「業種:情報・通信」のIPO結果です。

  • 2014/12/18 上場gumi… 初値売りによる損益:0円(騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2013/03/22 上場ブロードリーフ… 初値売りによる損益:12,000円(騰落率:11.11%、倍率:1.11倍)
  • 2011/12/14 上場ネクソン… 初値売りによる損益:700円(騰落率:0.54%、倍率:1.01倍)
  • 2004/08/05 上場テレビ東京… 初値売りによる損益:45,000円(騰落率:15.52%、倍率:1.16倍)

管理人のコメントby LINE

上場前

LINE(ライン)は、24時間、いつでも、どこでも、無料で好きなだけ通話やメールが楽しめる新しいコミュニケーションアプリです。
近年では、そのプラットフォームを活かして、各企業と業務提携も行っています。

LINEの収益の割合は下記の通りです。

  • 3割・・・ゲームや漫画などのコンテンツ
  • 3割・・・ページ内広告
  • 2割・・・スタンプの売上

専門性の高いWebポータルサイトの運営はIPOの中でも人気がある業種です。

IPOの騰落率は人気に左右されますので、人気があるかどうかはとっても大事な要素になります。
大手の予想待ちですが、市場注目度は高くなるんじゃないでしょうか。

知名度抜群のLINEですが、業績面でやや不安があります。
売上高は右肩上がり、経常利益と純利益については減益の年度があり、評価が難しいところです。

管理人の奥様が「マネックス証券」にて 100株 当選を果たしました!

上場後

日米同時上場となったLINE。

時間的に先に上場を果たした米国(NYSE)のLINEが公募価格32.84ドルに対して、初値が42ドルと3割近い上昇になった事から、続く日本市場のLINEにも買いが集まり、想定以上の盛り上がりとなりました。

公募価格3,300円に対して初値は4,900円
騰落率:48.48%、倍率は1.48倍になりました。

初値売りによる利益額は、16万円になりました (  ̄∇ ̄)

日経新聞によると抽選倍率は25倍だったようです。
この倍率はIPOでは当たりやすい倍率になり、当選を果たした方も多かったんではないでしょうか。

管理人の奥様も「マネックス証券」にて 100株 当選
初値売りにより16万円の利益を確定しました。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


「LINE」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書等でご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ