トリドリ(9337):IPO上場情報と初値予想

トリドリ

トリドリは、インフルエンサー支援サービスを行っている企業です。
グループは同社と関係会社で構成。

事業内容

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


トリドリの上場日

B
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2022/12/19 (月) 証券コード 9337
市場 東証グロース 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス トリドリ(9337)
時価総額
4,644百万円(仮条件の上限で計算)

トリドリのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/12/2 (金) ~ 12/8 (木)

仮条件 1,450円~1,500円 (抽選資金:14.5万円 ~ 15万円)
当選口数 4,968口
発行済株式数 3,096,400株 オファリングレシオ 16%
公募株数 283,000株 売出株数 149,000株
吸収金額 7.2億円~7.4億円 O.A分 64,800株
仮条件決定日 11/30 (水) 公開価格決定日 12/9 (金)
購入期間 12/12 (月) ~ 12/15 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

トリドリの公開価格と初値

仮条件 1,450円~1,500円
公開価格 12/9 (金)に決定 初値 (初値予想)1,530円 ~ 1,620円※11/30 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)3,000円~12,000円※11/30 修正

トリドリの初値予想と予想利益

トリドリの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,450円 ~ 1,500円 ※抽選資金:14.5万円 ~ 15万円
上限は2%上ブレ↑
初値予想 1,530円 ~ 1,620円※11/30 修正
(1.0倍~1.1倍)
予想利益 3,000円~1.2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,470円あたり ※抽選資金:14.7万円あたり
初値予想 1,490円 ~ 1,580円 (1.0倍~1.1倍)
予想利益 2,000円~1.1万円
送信中...

初値予想アンケート

トリドリ(9337)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

仮条件の上限(1,500円)を基準価格に修正しています。

有効回答:64   投票期限:2022/12/18 (日) 23:59まで
3倍以上(4,500円以上)
26票  41%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,750円以上~4,500円未満)
4票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,000円以上~3,750円未満)
8票  13%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,250円以上~3,000円未満)
7票  11%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,800円以上~2,250円未満)
7票  11%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,500円以上~1,800円未満)
5票  8%
投票済み

公募割れ(1,500円未満)
7票  11%
投票済み

トリドリの主幹事と幹事証券

トリドリのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


トリドリの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2121年12月 2020年12月 2019年12月
売上高 880,506 564,460 377,551
経常利益 -291,858 -179,599 -39,752
当期利益 -294,752 -179,519 -56,396
純資産 168,702 313,672 -6,817
配当金
EPS -125.67 -83.85 -584.85
BPS -159.16 -93.47 -92.97
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年12月
売上高 1,057,864
経常利益 -404,360
当期利益 -436,176
純資産 27,279
EPS -185.97
BPS -226.57
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

トリドリの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
中山 貴之 代表取締役 1,134,880
36.41%
34,000 180日
コタエル信託株式会社 303,220
9.73%
(303,220)
- 180日
Global Catalyst Partners Japan2号投資事業有限責任組合 VC 180,000
5.78%
-
国本 貴志 174,600
5.60%
- 180日
樹神 秀和 取締役 172,800
5.54%
85,600 180日
三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合 VC 128,560
4.12%
- 90日/
2倍
日本郵政キャピタル株式会社 CVC 114,280
3.67%
- 90日/
2倍
株式会社セレス 108,680
3.49%
- 90日/
2倍
株式会社Donuts 101,000
3.24%
-
三宮 翔太 取締役 96,000
3.08%
- 180日
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

トリドリと同じホットワードのIPOの上場結果です。

ダウンラウンド」のIPOの直近の結果です。

  • 2022/10/26 リンカーズ
    初値売り損益:20,300円
    (騰落率:67.67%、倍率:1.68倍)

トリドリと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:サービス業」の直近のIPO結果です。

  • 2022/10/26 Atlas Technologies
    初値売り損益:88,000円
    騰落率:61.11%、倍率:1.61倍
  • 2022/10/20 ビジネスコーチ
    初値売り損益:208,500円
    騰落率:100.72%、倍率:2.01倍
  • 2022/09/29 プログリット
    初値売り損益:45,000円
    騰落率:61.64%、倍率:1.62倍
  • 2022/09/28 グラッドキューブ
    初値売り損益:54,000円
    騰落率:56.25%、倍率:1.56倍
  • 2022/09/13 ジャパニアス
    初値売り損益:99,000円
    騰落率:97.06%、倍率:1.97倍

IPOのポイント

インフルエンサーを使ったマーケティング。一昔前からあり、同業他社も多そうです。

売上高は順調に伸びていますが、業績は赤字が続いています。
(システム開発の人員やサービス拡販の人件費、広告宣伝費に継続投資中)

売上総利益推移

最近、赤字のまま上場する企業がまた増えてきました。
ストック型ビジネスなら、先行投資で赤字をほってトップライン(売上高)を伸ばしていきますけど、この手の事業だとどうなんでしょうか。

ユーチューバー支援のUUUMや、VTuber支援のANYCOLORのように、インフルエンサーを囲っているワケではなく、企業とインフルエンサーをつなぐプラットフォームを提供している事業内容。

うーん。中小企業が低予算でインフルエンサーを利用したい場合には良いのかなぁ。でも、低予算で利用できるインフルエンサーさんの拡散力とはいかほどなのか。とある分野に特化していればフォロワー数が少なくても問題ないか。

個人的には企業がインフルエンサーを雇うのではなく、企業の中の人がインフルエンサーになるのが一番良いと思っているんですけど。

・・と色々と悩ましいIPOですが、IPOの内容的には需給が絞られており初値が上昇しやすくなっています。

想定価格が高いと思われるので、仮条件決定時に価格が引き下がると買いやすいかも。

インフルエンサーマーケティングといえば、2022年3月にAnyMind Groupが上場予定でしたが、ウクライナ情勢や株式市況の混乱を受けて上場中止に。・・・と思いきや翌日に再上場の承認がでました(笑)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がり。先行投資で赤字
  • 時代にマッチした事業内容
  • オファリングレシオが16%と低いオファリングレシオによる実績
  • 市場からの吸収金額が7.4億円と小さい吸収金額による実績
  • 同業他社が多い
  • 前回の資金調達時よりも低い時価総額(価格)で株式を発行するダウンラウンド
  • 12月後半のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。選別される可能性あり
  • 上位株主の取締役一名は持ち株の半分を売出し。VCは一部ロックアップなし

11.30追記。仮条件が想定発行価格(1,470円)より2%の上振れ決定(1,450円 ~ 1,500円)したので、初値予想を1,530円 ~ 1,620円に修正。予想利益は3,000円~1.2万円です。

目論見書の想定仮条件は1,470円。初値予想は1,490円 ~ 1,580円としました。
予想利益は2,000円~1.1万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加する予定ですが、仮条件決定時に価格が下がって欲しい。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに69回当選しています。(全当選数の59.0%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

追加の委託幹事として、CONNECTが決まりました。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは2回当選)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

トリドリは、インフルエンサー支援サービスを行っている企業です。
グループは同社と関係会社で構成。

インフルエンサーとは、InstagramやYouTubeなどSNS上で活動している個人のこと。

事業内容

同社の強みは、様々な企業とインフルエンサーに機会を提供できること。

  • 企業
    これまでインフルエンサーの起用が難しかった、中小企業及び個人事業主にも対応可能。
  • インフルエンサー
    フォロワー10万人までのマイクロインフルエンサーからフォロワー100万人以上のメガインフルエンサーまで活躍の場を提供。

顧客企業がプラットフォーム上でPR投稿依頼を掲載すると、商品を紹介したい全国のインフルエンサーが自ら立候補します。

toridori base

インフルエンサーは顧客企業に採用されると、PR対象となる商品やサービスを無料で体験することができ、体験後に自身のInstagram、TikTokやYouTubeなどで、体験内容のレビューを投稿し報酬を獲得へ。

設立は2016年6月。
同社の従業員数は2022年10月末で101名、平均年齢は27.4歳、平均勤続年数は1.6年、平均年間給与は411.2万円。

トリドリの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。