東和ハイシステム(4172):IPO上場情報

東和ハイシステム

東和ハイシステムは、歯科医院向け統合システムの開発・販売を行っている企業です。

主力商品は、歯科電子カルテ統合システム「Hi DentalSpirit XR-10i」。

歯科医院向け統合システム

電子カルテ機能、レセプト機能に加え、インフォームドコンセント機能と歯科医院運営の利便性を高める来患分析などの各種アプリケーションを一元的に運用できる「歯科電子カルテ統合システム」を提供し、これをタブレット端末(iPad)と連携しています。

西日本を中心とした全国23拠点に約100名の営業サポート社員を配置し、地域密着型の直接的な営業サポート体制を構築。顧客ごとに専任の営業サポート社員を配置し、迅速に直接訪問して対応するサポート体制。

設立は1978年3月。
従業員数は2020年10月末で125名、平均年齢は33.5歳、平均勤続年数は7.4年、平均年間給与は411万円。


東和ハイシステムの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

東和ハイシステムの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2020/12/25 (金) 証券コード 4172
市場 JASDAQ スタンダード 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
東和ハイシステム(4172)
時価総額 4,986百万円(公募価格で計算)

東和ハイシステムのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/9 (水) ~ 12/15 (火)

仮条件 2,180円~2,300円 (抽選資金:21.8万円 ~ 23万円)
当選口数 4,600口
発行済株式数 2,168,000株 オファリングレシオ 21.2%
公募株数 200,000株 売出株数 200,000株
吸収金額 10.5億円 O.A分 60,000株
仮条件決定日 12/7 (月) 公募価格決定日 12/16 (水)
購入期間 12/17 (木) ~ 12/22 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

東和ハイシステムの公募価格と初値

仮条件 2,180円~2,300円
公募価格 2,300円 初値 5,300円
騰落率 130.43%  倍率  2.30倍
初値売り損益 300,000円(5,300円 - 2,300円)× 100株

東和ハイシステムの初値予想と予想利益

東和ハイシステムの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,180円 ~ 2,300円 ※抽選資金:21.8万円 ~ 23万円
上限は5.5%上ブレ↑

初値予想 2,650円 ~ 3,180円※12/7 修正
(1.2倍~1.4倍)
予想利益 3.5万円~8.8万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,180円あたり ※抽選資金:21.8万円あたり
初値予想 2,500円 ~ 3,000円 (1.1倍~1.4倍)
予想利益 3.2万円~8.2万円
送信中...

初値予想アンケート

東和ハイシステム(4172)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,180円)を基準価格としています。

有効回答:154   投票期限:2020/12/24 (木) 23:59まで
3倍以上(6,540円以上)
78票  51%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(5,450円以上~6,540円未満)
17票  11%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,360円以上~5,450円未満)
12票  8%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,270円以上~4,360円未満)
21票  14%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,616円以上~3,270円未満)
14票  9%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,180円以上~2,616円未満)
5票  3%
投票済み

公募割れ(2,180円未満)
7票  5%
投票済み

東和ハイシステムの主幹事と幹事証券

東和ハイシステムのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は野村證券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
89.57% 412,000株 412口
SBI証券 4.35% 20,000株 140口
SMBC日興証券 2.61% 12,000株 12口
みずほ証券 2.61% 12,000株 12口
楽天証券 0.87% 4,000株 40口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


東和ハイシステムの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年9月 2018年9月 2017年9月
売上高 1,906,425 2,041,405 2,024,569
経常利益 386,356 454,896 410,568
当期利益 237,420 303,311 330,102
純資産 2,442,156 2,245,600 2,000,822
配当金 500.00 500.00 500.00
EPS 120.64 178.24 2,964.54
BPS 1,240.93 1,141.06 24,042.35
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

東和ハイシステムの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
石井 滋久 代表取締役社長 53.11% 90日間
(有)エス・イー 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 35.79% 90日間
石井 恵美子 配偶者 3.90% 90日間
猪子 久美子 執行役員 2.32% 90日間
石井 滋雅 執行役員 1.59% 90日間
河野 圭哉 従業員 0.98% 90日間
東和ハイシステム社員持株会 0.79% 180日間
上山 政己 執行役員 0.49% 90日間
丹 賢史 0.37% 90日間
髙橋 睦治 監査役 0.18% 90日間

直近の類似IPOの上場結果

東和ハイシステムと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/12/24 グローバルインフォメーション
    初値売りによる損益:137,000円
    (騰落率:113.22%、倍率:2.13倍)
  • 2020/11/25 MIT HD
    初値売りによる損益:290,000円
    (騰落率:420.29%、倍率:5.20倍)
  • 2020/09/24 まぐまぐ
    初値売りによる損益:259,000円
    (騰落率:319.75%、倍率:4.20倍)
  • 2020/07/10 Speee
    初値売りによる損益:227,000円
    (騰落率:78.82%、倍率:1.79倍)
  • 2020/03/19 ゼネテック
    初値売りによる損益:-8,000円
    (騰落率:-4.71%、倍率:0.95倍)

IPOのポイント

事業系統図は次の通りで、顧客である歯科医院がリース会社と契約してリース料金を支払い、東和ハイシステムはリース会社より販売代金を受領しています。

事業系統図

設立は1978年の老舗企業。
業績を見ても爆発的に売上が伸びているわけではなく、安定的。

IPOとしての魅力は、勢いのあるベンチャー企業より薄いかもしれませんが、顧客をガッチリつかめる事業内容で個人的には好きです。

サービスエリアを関西、関東へと伸ばして事業拡大をしていく予定のようです。

営業拠点の拡大

上場により調達した資金の使途はこちら。

  1. 商品開発投資。
  2. 社内デジタル化推進。
  3. 既存商品・サービスの機能向上推進。

商品開発投資は、クラウドを活用した新商品・サービスの開発に充てるようです。

商品開発

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績は安定的。(決算情報
  • オファリングレシオが21.2%とやや低い。
  • 配当実績あり。年一回の配当金を予定。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 平均勤続年数が7.4年と長い。
  • やや地味な印象がある事業内容。
  • 同日に3社が上場。
  • 12月のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 提供エリアの拡大で業績拡大を狙う。

12.7追記。仮条件は2,180円 ~ 2,300円に決定。(想定価格2,180円より5.5%上ブレ↑
初値予想を2,650円 ~ 3,180円に修正。予想利益は3.5万円~8.8万円です。

懸念時高騰しては、現在マザーズ市場が軟調なので、上場日までこの状態が続くと初値にも悪影響がでそうです。(同社はジャスダック市場ですが)

目論見書の想定仮条件は2,180円。初値予想は2,500円 ~ 3,000円としました。
予想利益は3.2万円~8.2万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

12月はIPOの件数が年間の2割あり、同時上場が増え抽選資金も枯渇してきます。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できる楽天証券SMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券(姉妹サイトのみ)
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。