IPOの当選確率は?115回の当選実績から攻略法を紹介

IPOの抽選に参加し当選すると、大きな利益を得られる可能性が高い「IPO」

庶民のIPOを運営しているカブスルは、タイトル通り一般人(庶民)です。

IPOに115回当選し 1,640万円の利益を手に入れたIPO当選のコツと、過去のIPOの当選確率を紹介します。

こちらで紹介する「コツ&コツコツ」は、一般の方におすすめのIPO当選攻略法です。

IPO歴17年。実際に実践している方法を紹介

2005年からIPOに参加し、実際に数多くのIPO当選実績があるカブスルの当選攻略法です。

庶民のIPOで紹介しているIPOの当選確率を上げるコツは、IPO歴17年のカブスルが実際に知恵と工夫(コツ)で継続し(コツコツ)、当選回数を重ねています。

4コマ漫画1:IPOの当選確率を上げるコツ 4コマ漫画2:IPOの当選確率を上げるコツ 4コマ漫画3:IPOの当選確率を上げるコツ 4コマ漫画4:IPOの当選確率を上げるコツ

特別なことをやっているわけではなく、誰でもできるIPOの当選実績を上げるコツです。

ネット上の多くの記事は、ネットから拾って集めたものであり、間違っている情報も目にします。

IPOの当選確率を上げる10のコツ

IPO歴17年のカブスルがオススメする、IPOの当選確率を上げる10のコツです。

  1. 工夫と継続でIPOの当選を目指す!
  2. 一人一票の平等抽選で当選を狙う!
  3. IPOの抽選機会を増やす
  4. 複数の証券会社に口座開設し、IPOに参加しよう!
  5. 家族もIPOに参加すると当選確率は2倍以上に!
  6. 抽選資金不要の証券会社で運だめし!
  7. 中堅の穴場の証券会社からもIPO参加!
  8. IPO当選の道は継続と手間と我慢
  9. 補欠当選は意外と繰上当選のチャンスあり
  10. 貯めたIPOチャレンジポイントで確実に当選!

IPOの当選確率を上げる方法をひとつずつカンタンに紹介します。
詳しい紹介は参考記事のリンク先にて。

1. 工夫と継続でIPOの当選を目指す!

お金持ちと一般人では、IPOの当選を狙うアプローチが異なります。

  • 一般人(庶民)
    工夫(コツ)と継続(コツコツ)でIPOの当選を目指す!
  • お金持ち
    数千万円~億単位の資金力で一般人より有利。

庶民のIPOでは、一般の方を対象にしたIPOの当選実績を上げるコツを紹介しています。

  • IPOに当選する仕組みを知り、効率よく応募する
  • 抽選資金不要の証券会社も活用する
  • 当選するまで諦めない

一般人は、コツコツと抽選に申し込んでIPO当選を狙っていきましょう!

2. 一人一票の平等抽選で当選を狙う!

平等抽選でコツコツ応募し当たりました!

IPO株をもらえる方法は大きく分けて3つありますが、資金力が高くない一般人にオススメの方法が、一人一票の平等抽選を採用している証券会社からIPOに参加することです。

カブスルは115回 IPOに当選していますが、全当選数の67.8%は平等抽選の証券会社から当選しています。

資金力によって当選が左右されないので、一般人でも当選しやすいです。

3. IPOの抽選機会を増やす!

IPOの当選を目指すにはどうすればいいでしょう?

IPOの当選確率を上げるには、王道ですが、抽選機会を増やすことです!

つまり、どんどん抽選に参加しましょう!数打ちゃ当たる!

といっても、抽選機会を増やす方法を正しく理解していないと、抽選機会は増やせません。

参加数UP × 当選確率UPで当選機会を高めましょう。

4. 複数の証券会社に口座開設し、IPOに参加しよう!

幹事になりやすい証券会社は口座開設しておきましょう

IPOにより抽選に参加できる証券会社が違います。(幹事証券と言います)

複数の証券会社に口座があると、IPOへの参加機会が増えます。

IPO当選攻略の基本中の基本ですので、おすすめの証券会社を確認し、口座開設数を増やしましょう。


5. 家族もIPOに参加すると当選確率は2倍以上に!

今月は娘が当選しました。家族3人なので当選確率は3倍です

平等抽選は一人一票と資金力に左右されない抽選方法。
身内が1人参加すると当選確率は2倍に!

0歳のこどもも口座開設とIPOの参加が可能で、こどももIPOに参加すると当選確率は2倍に。

IPO参加者の中にはおじいちゃん、おばあちゃんも参加しているツワモノも。

6. 抽選資金不要の証券会社で運だめし!

抽選資金がなくてもIPOに参加できる証券会社ありますよ

IPOに参加できる証券会社の中には、抽選資金が不要でもIPOに参加できる証券会社があります。

つまり、証券会社への入金がゼロでも参加可能なので、気軽に参加できます!

年々増えており、あの大手の野村證券や松井証券なども対象で、資金力が足りない一般人は大助かりです。

7. 中堅の穴場の証券会社からもIPO参加!

中堅の証券会社は幹事数が多い割に参加者が少なくて狙い目です

知名度が大手より低くてもIPOの取扱数が多い中堅証券会社、ご存じでしょうか?

意外と知られておらず、IPO当選の穴場的存在です。

知られていないってことは、抽選のライバルも少ないんです!


8. IPO当選の道は継続と手間と我慢

初当選。明日になるのか2年後か

IPOは抽選に参加し、当選を待つ、いわば宝くじのようなものです。

カンタンには当たりませんが、宝くじと違いお金がかかりません!

抽選で落選しても、諦めずにコツコツ応募し続けましょう!

このページで紹介しているコツを実践できたら、あとは当選運のみです!

9. 補欠当選は意外と繰上当選のチャンスあり

IPO補欠当選

当選者が当選を辞退することにより、繰り上げ当選する補欠当選。

ダメもとで応募したら意外と繰上当選に!

カブスルは8回、繰り上げ当選したことがあります。
うち、一社はなんと200万円超えの利益になった超人気IPO!


10. 貯めたIPOチャレンジポイントで確実に当選!

コツコツ貯めれば誰にでも当選チャンス。年間80Pくらい貯まります

SBI証券は、抽選に落選するとIPOチャレンジポイントが付与されます。

ポイントを貯めて使用すると、上位使用者より順次、IPOが割当て(当選)する仕組みです。

当選できるポイントを貯めるまで数年かかりますが、IPOに必ず当選できる仕組み。
カブスル一家も3回、ポイント当選し大きな利益を得ています。


カブスルが実際に実践している、IPO当選のコツ(ノウハウ)です。

それぞれの、ページを見て頂ければ分かると思いますが、どれも 誰でもできるIPO当選のコツです。

IPOの当選確率は1%くらい

IPOの当選確率を上げる10のコツを実践している、カブスルのIPO当選確率は1%です。

実際にIPOに申し込んでいるカブスル一家の、2021年のIPOの申込回数と当選回数です。

参加者 申込回数 当選回数 当選確率
カブスル 829回 12回 1.44%
650回 6回 0.92%
こども 330回 1回 0.30%

一家全体だと、1,809回申し込んで19回の当選。
ってことで、当選確立は1.05%になります。

2022年は7月25日時点で、一家で494回申込み7回の当選。当選確率は1.41%です。
2020年のIPO当選確率は一家で0.94%。

カブスルの実際の当選確率を掲載しましたが、運によっては当選確率が2~3%になる人も、1%未満になる人もいらっしゃると思います。

IPO当選にまつわる参考記事

IPOの当選について、私が経験したことや感じたことです。

何かしらの参考になれば幸いです (  ̄∇ ̄)

参考までに

このほかにも、質問集のページにIPO当選の参考になる記事があるかと思います。

IPOは落選するのが当たり前。他人の当選は気にしない

本当に115回も当選しているの?資産はどのくらい?

カブスルに関して良く頂く質問です。

  • 運用資産はどのくらいあるの?
  • 本当にそんなに当選しているの?
  • 各証券会社にはどのくらい入金しているの?

2021年末で、株の保有も含めた一家の運用資産は3,056万円になります。
(うち、2017年から妻とこどもの運用資産の合計430万円をプラス)

最初から一千万円を超える資産があったわけではなく、株式投資の運用やIPOの当選で資産が増えました。

カブスルの運用資産

株式投資の運用による利益と、IPOによる利益額はこちら。

(2022.8.5時点)
株の利益 IPOの利益
846万円
(全体の34.0%)
1,640万円
(全体の66.0%)

IPOの当選だけで1,640万円も増えましたが、一番最初の運用資産は20万円です。

IPO用に2005年から運用資産を140万円まで増やし、株式投資の売買とIPOに参加していました。

このページで紹介しているIPO当選のコツをコツコツと実践し、IPOの当選回数と利益を伸ばしています。

資産家となぜか間違われることが多いですが、カブスルは一般的な庶民です。
また、資産家であればこの5~6倍は当選している自信があります。

カブスルのIPO当選に関する詳しい内容は、参考記事にも書いております。


よく質問を頂きますが、庶民のIPOで紹介している以外に、IPO当選に向けてやっていることはありません!

IPO当選のコツ(ノウハウ)はすべて、庶民のIPO内に書いております。

IPOは当選数より利益額。IPOによっては辞退するのも手

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券