全研本社(7371):IPO上場情報と初値予想

全研本社

全研本社は、IT事業と語学事業を展開している企業です。IT、語学、不動産が事業セグメント。

事業の系統図

ITセグメント(販売実績の71.5%)

クライアントの生産性向上、グローバル・インバウンドへの対応を推進。
ITセグメントで第44期の販売実績の71.5%を占めています。

  • コンテンツマーケティング事業
    クライアントの特徴や強みを明らかにするWEBの集客メディアを制作・運用。
    メディア制作費および運用費が主な収益。
    コンテンツマーケティング事業
  • メディア事業
    美容業界に特化した求人を紹介する「美プロ」や商材の需要・供給を仲介する「健康美容EXPO」などのメディアを運営。
    美プロ
  • AI事業
    AIを活用しクライアントがユーザーとの1to1コミュニケーションを可能とするチャットボット「sAI C hat」、ユーザーの入力した自然文(≒話し言葉)を適切に捉え最適な回答を提示する「sAI S earch」を主に提供。

語学セグメント(販売実績の19.8%)

グローバル・インバウンド(日本国内における国際化)に向けて事業展開を推進。

  • 法人向け語学研修事業
    企業向け講師派遣事業は、TOEIC対策講座やビジネス英語講座、海外赴任直前の集中講座など、実務に必要な語学力を身につけるカリキュラムや教材、サービスメニュー。
    学高校向けオンライン英会話事業は、ITソリューションを活用したマンツーマンのオンラインレッスンを提供。
  • 英会話スクール事業
    リンゲージ(Linguage)のブランド名で、社会人や学生を対象とした英会話スクールを運営。
  • 留学斡旋事業
    アメリカの大学への正規留学を主軸に、海外の大学の学位取得目的、海外の高校の卒業等を目的とする留学を主に斡旋。
  • 日本語教育事業
    2017年10月に新宿にリンゲージ日本語学校を開校。

不動産セグメント(販売実績の3.4%)

オフィス用ビル「全研プラザ」と「Zenken Plaza II」の賃貸。新宿駅から徒歩5分。


全研本社の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

全研本社の上場日

C
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2021/6/16 (水) 証券コード 7371
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
全研本社(7371)
時価総額
15,943百万円(公募価格で計算)
17,785百万円(初値で計算)

全研本社のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/5/31 (月) ~ 6/4 (金)

仮条件 1,290円~1,350円 (抽選資金:12.9万円 ~ 13.5万円)
当選口数 37,722口
発行済株式数 11,810,000株 オファリングレシオ 31.9%
公募株数 600,000株 売出株数 2,680,200株
吸収金額 50.9億円 O.A分 492,000株
仮条件決定日 5/28 (金) 公募価格決定日 6/7 (月)
購入期間 6/8 (火) ~ 6/11 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

全研本社の公募価格と初値

仮条件 1,290円~1,350円
公募価格 1,350円 初値 1,506円
騰落率 11.56%  倍率  1.12倍
初値売り損益 15,600円(1,506円 - 1,350円)× 100株

全研本社の初値予想と予想利益

全研本社の初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件

1,290円 ~ 1,350円 ※抽選資金:12.9万円 ~ 13.5万円
上限は4.7%上ブレ↑

初値予想 1,400円 ~ 1,490円※5/28 修正
(1.0倍~1.1倍)
予想利益 5,000円~1.4万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,290円あたり ※抽選資金:12.9万円あたり
初値予想 1,320円 ~ 1,410円 (1.0倍~1.1倍)
予想利益 3,000円~1.2万円
送信中...

初値予想アンケート

全研本社(7371)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,290円)を基準価格としています。

有効回答:453   投票期限:2021/6/15 (火) 23:59まで
3倍以上(3,870円以上)
142票  31%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,225円以上~3,870円未満)
19票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,580円以上~3,225円未満)
33票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,935円以上~2,580円未満)
86票  19%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,548円以上~1,935円未満)
96票  21%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,290円以上~1,548円未満)
35票  8%
投票済み

公募割れ(1,290円未満)
42票  9%
投票済み

全研本社の主幹事と幹事証券

全研本社のIPOを取り扱っている証券会社です。

全研本社の割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
88.70% 3,345,800株 3,345口
楽天証券 2.61% 98,400株 984口
SBI証券 2.61% 98,400株 590口
SMBC日興証券 2.61% 98,400株 98口
岡三証券 1.30% 49,200株 49口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1.30% 49,200株 49口
マネックス証券 0.87% 32,800株 328口

委託幹事であるauカブコム証券岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券


全研本社の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年6月 2019年6月 2018年6月
売上高 5,405,564 5,452,116 5,458,565
経常利益 680,556 580,541 290,386
当期利益 313,622 986,315 653,334
純資産 8,830,997 8,545,768 7,554,093
配当金 2.00 200.00
EPS 27.98 87.98 5,828.14
BPS 787.78 762.33 67,387.10
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年6月 2019年6月
売上高 5,827,437 6,410,990
経常利益 754,598 639,834
当期利益 377,223 1,012,630
純資産 8,982,478 8,633,649
EPS 33.65 90.33
BPS 801.29 770.17
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

全研本社の上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロックアップ
吉澤 信男 8,515,900株
69.15%
2,400,000株 180日間
林 順之亮 代表取締役社長 1,738,900株
14.12%
(350,000)
- 180日間
松島 征吾 取締役 340,300株
2.76%
(60,000)
- 180日間
本村 建 従業員 161,100株
1.31%
(49,000)
- 180日間
松尾 陽二 取締役 151,100株
1.23%
(39,000)
- 180日間
鷲谷 将樹 取締役 129,600株
1.05%
(37,500)
- 180日間
上奥 由和 取締役 126,100株
1.03%
(34,000)
- 180日間
岡野 健二 112,100株
0.91%
12,100株
保科 衛 監査役 112,100株
0.91%
- 180日間
横井 文一 従業員 112,100株
0.91%
12,100株
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

全研本社と市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2021/06/02 メイホーHD
    初値売りによる損益:255,000円
    (騰落率:122.60%、倍率:2.23倍)
  • 2021/03/25 ベビーカレンダー
    初値売りによる損益:520,000円
    (騰落率:123.81%、倍率:2.24倍)
  • 2021/03/19 T.S.I
    初値売りによる損益:200,000円
    (騰落率:100%、倍率:2.00倍)
  • 2021/03/16 ヒューマンクリエイションHD
    初値売りによる損益:138,500円
    (騰落率:65.33%、倍率:1.65倍)
  • 2020/12/29 オンデック
    初値売りによる損益:295,000円
    (騰落率:190.32%、倍率:2.90倍)

IPOのポイント

個人的な印象は、良い意味で普通。

IPOとしては成長性が期待され初値が上昇する傾向があります。
その点については弱く、またマザーズ市場にしては調達金額も大きいです。

事業セグメントは3つあり、ITセグメントが7割を占めています。

販売実績

コンテンツマーケティング事業は、クライアントが売りたい商品やサービスに関連するWebサイトを制作して、検索にひっかけ、クライアントのWebサイトへ誘導する仕組み。

まぁ、クライアントは運営初期しか気にしないのでいいと思いますが、こういうメディアって更新し続けないと検索順位は基本的には落ちていくんですよね。情報の鮮度を保てないと訪問者にとっても迷惑ですし。

なお、配当金は年一回を予定しているようです。(中間配当も定款で定めている)
成長力が高い企業は、配当金を出さず自社の成長資金へ使うことが多いですから、この点においても良い意味で普通の企業かなと思います。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT関連企業。
  • 業績は安定的。(決算情報
  • 年一回の配当金を予定。
  • 市場からの吸収金額が50.9億円と大きい。吸収金額による実績
  • オファリングレシオが31.9%と高い。オファリングレシオによる実績
  • 売出比率が81.7%と高い。
  • 成長をイメージしにくい事業内容。
  • 新株予約権に係る潜在株式数は1,106,000株で、発行済株式総数の9.9%に相当。
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い。
  • 株式市場がやや不安定。(調整あるかも)

5.28追記。仮条件が想定発行価格(1,290円)より4.7%の上振れ決定(1,290円 ~ 1,350円)したので、初値予想を1,400円 ~ 1,490円に修正しました。予想利益は5,000円~1.4万円です。

目論見書の想定仮条件は1,290円。初値予想は1,320円 ~ 1,410円としました。
予想利益は3,000円~1.2万円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルは、やや損失リスクもとって幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに59回当選しています。(全当選数の64.1%)

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ないので気軽に参加できる証券会社です。

さらに追加の委託幹事として、auカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。