IPOデータ(2020年)

2020年のIPOデータやランキングを掲載しています。

証券会社の口座開設やブックビルディングの参考にお役立てください。

IPOの上場実績(2020年)

表示している年を変更する : 

2020年のIPOの上場実績です。

IPO上場数
初値 > 公募価格
51社
31社(61%)
騰落率(倍率)
初値売りの損益[平均]
83.86% (1.84倍)
151,392円

初値売り利益額 TOP10(2020年)

2020年に上場したIPO(51社)の初値売りによる利益額 TOP10です。

表示している年を変更する : 

企業名
騰落率(倍率)
初値売りの損益
トヨクモ(4058)
9/24上場公募価格:2,000円、初値:9,020円
351% (4.51倍)
702,000円
アイキューブドシステムズ(4495)
7/15上場公募価格:3,120円、初値:9,430円
202.24% (3.02倍)
631,000円
グラフィコ(4930)
9/24上場公募価格:4,090円、初値:9,560円
133.74% (2.34倍)
547,000円
コマースOneHD(4496)
6/26上場公募価格:1,600円、初値:6,970円
335.63% (4.36倍)
537,000円
サイバーセキュリティクラウド(4493)
3/26上場公募価格:4,500円、初値:9,210円
104.67% (2.05倍)
471,000円
ティアンドエス(4055)
8/7上場公募価格:2,800円、初値:7,010円
150.36% (2.50倍)
421,000円
ニューラルポケット(4056)
8/20上場公募価格:900円、初値:5,100円
466.67% (5.67倍)
420,000円
フィーチャ(4052)
6/24上場公募価格:520円、初値:4,710円
805.77% (9.06倍)
419,000円
インターファクトリー(4057)
8/25上場公募価格:960円、初値:5,080円
429.17% (5.29倍)
412,000円
GMOフィナンシャルゲート(4051)
7/15上場公募価格:2,540円、初値:6,550円
157.87% (2.58倍)
401,000円

全てのIPO実績は上場実績一覧で閲覧できます。利益額や騰落率による並び替えも可能です。

初値売りについては、下記の記事を参考にしてください。

初値売りの利益額は?(2020年)

IPOの初値売りの利益額による実績データです。

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)です。

初値売りの利益 IPO数 騰落率

初値売りによる
平均損益

0円以下 20社全体の39% -11.94% -20,820円
1円以上~10万円未満 9社全体の18% 34.38% 55,356円
10万円以上~20万円未満 4社全体の8% 78.04% 139,500円
20万円以上~30万円未満 6社全体の12% 163.38% 241,533円
30万円以上~40万円未満 2社全体の4% 183.84% 335,500円
40万円以上~50万円未満 6社全体の12% 208.18% 424,000円
50万円以上~100万円未満 4社全体の8% 223.59% 604,250円

初値売りについては、下記の記事を参考にしてください。

主な証券会社の幹事数(2020年)

IPOの主幹事および引受幹事(委託含む)の取扱い実績です。

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPOは「51社」です。

証券会社 主幹事数 引受幹事数
委託含む
主幹事 + 引受幹事数
(委託含む)

初値売りによる
平均損益

平等抽選
マネックス証券
0社 28社 28社全体の55% 152,696円
主幹事が多い
SMBC日興証券
10社 19社 29社全体の57% 160,941円
2千円もらえる
SBI証券
7社 38社 45社全体の88% 153,489円
抽選資金不要
岡三オンライン証券
0社 18社 18社全体の35% 128,989円
抽選資金不要
ライブスター証券
0社 2社 2社全体の4% 7,000円
抽選資金不要
野村證券
12社 8社 20社全体の39% 127,620円
抽選資金不要
松井証券
0社 4社 4社全体の8% 310,000円
楽天証券 0社 16社 16社全体の31% 203,900円
1株から申込める
ネオモバ
0社 4社 4社全体の8% 160,225円
auカブコム証券 0社 10社 10社全体の20% 123,510円
岩井コスモ証券 0社 19社 19社全体の37% 201,074円
東海東京証券 0社 9社 9社全体の18% 87,556円
DMM.com証券 0社 4社 4社全体の8% 65,400円
GMOクリック証券 0社 1社 1社全体の2% 401,000円
みずほ証券 10社 22社 32社全体の63% 115,388円
大和証券 8社 19社 27社全体の53% 213,519円
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1社 9社 10社全体の20% 123,510円
丸三証券 0社 5社 5社全体の10% 170,560円
岡三証券 1社 17社 18社全体の35% 150,317円
エイチ・エス証券 0社 5社 5社全体の10% 109,180円
東洋証券 0社 10社 10社全体の20% 262,080円
エース証券 0社 18社 18社全体の35% 102,572円
重複申込不可
いちよし証券
4社 18社 22社全体の43% 221,595円
極東証券 0社 13社 13社全体の25% 174,238円
アイザワ証券 0社 6社 6社全体の12% 157,983円
水戸証券 0社 5社 5社全体の10% 177,600円
重複申込不可
むさし証券
0社 8社 8社全体の16% 98,663円

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


申込みに必要な抽選資金は?(2020年)

IPOの申し込みに必要な抽選資金がいくら必要かを資金別に表示しています。

証券会社によっては、抽選資金が必要ない証券会社もあります。

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)です。

抽選資金 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

10万円未満 14社全体の27% 8社(57%) 185.11% 143,193円
10万円~20万円 17社全体の33% 9社(53%) 52.32% 80,047円
20万円~30万円 15社全体の29% 11社(73%) 79.08% 189,100円
30万円~40万円 3社全体の6% 1社(33%) 46.52% 167,000円
40万円~50万円 2社全体の4% 2社(100%) 118.51% 509,000円

これまでの管理人の経験として、抽選資金が40万円あればIPO全体の約9割の抽選に参加出来ます。
30万円あれば8割、20万円あれば5割、10万円あれば1~2割の抽選に参加出来ます。

評価ごとの騰落率と損益は?(2020年)

IPOごとに管理人が五段階で「評価」をつけています。その評価ごとのIPO実績です。

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)です。

評価 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

評価「S」 5社全体の10% 5社(100%) 193.45% 413,200円
評価「A」 8社全体の16% 7社(88%) 183.23% 278,975円
評価「B」 17社全体の33% 13社(76%) 101.86% 160,218円
評価「C」 17社全体の33% 5社(29%) 22.36% 45,724円
評価「D」 4社全体の8% 1社(25%) -10.09% -19,450円

評価が高いほど予想利益や騰落率は高くなり、公募割れのリスクは小さくなります。
データが証明してますね(  ̄∇ ̄)

IPOで人気のあるホットワード(2020年)

IPOで人気のあるホットワードに関するデータです。

こちらで紹介しているキーワード(タグ)に関する業種は、IPOで特に人気化しやすいです。

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)のホットワード別データです。

ホットワード IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

AI(人工知能) 2社全体の4% 2社(100%) 590.85% 419,500円
SaaS 4社全体の8% 4社(100%) 244.32% 532,625円
テレワーク 2社全体の4% 2社(100%) 163.35% 361,000円
クラウド 2社全体の4% 2社(100%) 260.35% 666,500円
自動運転 1社全体の2% 1社(100%) 805.77% 419,000円
人手不足解消 1社全体の2% 1社(100%) 495.92% 243,000円
知名度抜群 2社全体の4% 1社(50%) 69.71% 61,000円
サブスクリプション 1社全体の2% 1社(100%) 104.67% 471,000円
再上場 1社全体の2% 0社(0%) -4.55% -10,000円

業種データ(2020年)

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)の業種別データです。

業種 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

水産・農林業 1社全体の2% 0社(0%) -4.55% -10,000円
建設業 3社全体の6% 0社(0%) -22.36% -45,833円
食料品 1社全体の2% 1社(100%) 9.47% 18,000円
化学 2社全体の4% 2社(100%) 83.52% 291,500円
医薬品 1社全体の2% 1社(100%) 110% 132,000円
ガラス・土石製品 1社全体の2% 0社(0%) -7.55% -7,100円
鉄鋼 1社全体の2% 0社(0%) -25% -24,000円
機械 1社全体の2% 0社(0%) -14.58% -35,000円
電気機器 1社全体の2% 1社(100%) 270.37% 365,000円
輸送用機器 1社全体の2% 0社(0%) -7.91% -7,200円
倉庫・運輸関連業 1社全体の2% 1社(100%) 110.61% 54,200円
情報・通信業 17社全体の33% 15社(88%) 166.86% 319,788円
卸売業 2社全体の4% 1社(50%) 85.05% 122,900円
小売業 1社全体の2% 0社(0%) -24.98% -58,200円
サービス業 17社全体の33% 9社(53%) 40.49% 68,565円

AI(人工知能)やクラウド、ビッグデータなどを取り扱うIT関連業が「情報・通信業」に分類されており、人気化しやすいです。

上場市場データ(2020年)

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)の「上場市場別」実績です。

市場 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

東証マザーズ 34社全体の67% 24社(71%) 107.97% 186,921円
JASDAQスタンダード 8社全体の16% 6社(75%) 87.35% 194,350円
東証一部 3社全体の6% 0社(0%) -10.80% -15,333円
東証二部 5社全体の10% 1社(20%) -6.50% -9,620円
名証セントレックス 1社全体の2% 0社(0%) -25.33% -95,000円

東証マザーズ、JASDAQスタンダードに上場するIPOは新興企業やベンチャー企業が多く、人気化しやすいです。

東証マザーズの吸収金額による実績は?(2020年)

2020年に東証マザーズに上場したIPO(34社)の、吸収金額別の実績です。

吸収金額が小さいほど騰落率は大きくなり、吸収金額が大きいほど騰落率が小さくなるのがデータでお分かりいただけると思います。

表示している年を変更する : 

吸収金額 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

1億円~5億円未満 5社全体の10% 5社(100%) 176.25% 254,860円
5億円~10億円未満 9社全体の18% 6社(67%) 165.13% 278,144円
10億円~15億円未満 7社全体の14% 6社(86%) 136.85% 285,429円
15億円~20億円未満 3社全体の6% 0社(0%) -5.78% -8,267円
20億円~30億円未満 5社全体の10% 4社(80%) 35.02% 57,220円
30億円~50億円未満 3社全体の6% 1社(33%) 4.85% 7,300円
50億円~100億円未満 2社全体の4% 2社(100%) 60.63% 148,250円

東証マザーズ市場で吸収金額が大きいIPOは、公募割れ(損失)のリスクも大きくなります。

オファリングレシオ別上場企業数(2020年)

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)の「オファリングレシオ別上場企業」データです。

オファリング
レシオ
IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

10%未満 6社全体の12% 5社(83%) 172.35% 314,833円
10%~20%未満 12社全体の24% 10社(83%) 160.95% 276,300円
20%~30%未満 16社全体の31% 9社(56%) 36.13% 68,200円
30%~40%未満 13社全体の25% 6社(46%) 58.30% 99,338円
40%~50%未満 1社全体の2% 1社(100%) 58.55% 161,000円
50%以上 3社全体の6% 0社(0%) -5.03% -9,067円

オファリングレシオの数値は低いほど、需給の関係でIPOでは人気があります。

月別の上場企業数(2020年)

表示している年を変更する : 

2020年に上場を果たしたIPO(51社)の「月別上場企業」データです。

例年、3月と12月はIPOが多くなります。

IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

2月 3社全体の6% 3社(100%) 64.24% 109,000円
3月 24社全体の47% 6社(25%) 10.55% 19,713円
4月 1社全体の2% 0社(0%) -7.91% -7,200円
6月 6社全体の12% 6社(100%) 250.15% 340,200円
7月 7社全体の14% 7社(100%) 146.28% 278,557円
8月 4社全体の8% 4社(100%) 236.35% 346,250円
9月 6社全体の12% 5社(83%) 111.74% 258,667円

IPOが多い月は資金不要の証券会社を利用したり、資金を上手に活用しましょう。

4コマ漫画:IPOデータ1コマ目 4コマ漫画:IPOデータ2コマ目 4コマ漫画:IPOデータ3コマ目 4コマ漫画:IPOデータ4コマ目

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。