IPO 各種データ

2017年 および 各年の「IPOの各種データ」を掲載しております。

各データは、証券会社の口座開設や今後のIPOのブックビルディングの参加の有無の参考になるかと思います。

  • 主な引受幹事証券」・・・引受幹事数が多い ⇒ 口座開設しておきたい証券会社!
  • IPOの市場注目度」・・・騰落率をチェック ⇒ 「S」クラスはブックビルディングに積極参加!

過去のデータも掲載しておりますので、合わせてご利用下さい。

2017年 IPO 各種データ

選択されている年 : 

IPO上場
総企業数
初値 > 公募価格 騰落率(倍率) 初値で売却した際の利益[合計]
49社 45社
(92%)
117.43%
(2.17倍)
10,466,100円

IPO「初値売りによる利益額 TOP10」(2017年)

2017年に上場を果たしたIPO(49社)の「初値売りによる利益額 TOP10」です。

企業名 騰落率(倍率)

初値で売却した際の利益

ユーザーローカル
3/30 公募価格:2,940円、初値:12,500円
325.17%(4.25倍) 956,000円
ビーブレイクシステムズ
6/15 公募価格:1,670円、初値:7,700円
361.08%(4.61倍) 603,000円
テモナ
4/6 公募価格:2,550円、初値:8,050円
215.69%(3.16倍) 550,000円
シャノン
1/27 公募価格:1,500円、初値:6,310円
320.67%(4.21倍) 481,000円
UUUM
8/30 公募価格:2,050円、初値:6,700円
226.83%(3.27倍) 465,000円
ディーエムソリューションズ
6/20 公募価格:2,500円、初値:7,100円
184%(2.84倍) 460,000円
ティーケーピー
3/27 公募価格:6,060円、初値:10,560円
74.26%(1.74倍) 450,000円
ウォンテッドリー
9/14 公募価格:1,000円、初値:5,010円
401%(5.01倍) 401,000円
アセンテック
4/25 公募価格:2,000円、初値:5,950円
197.50%(2.98倍) 395,000円
ユニフォームネクスト
7/19 公募価格:2,800円、初値:6,640円
137.14%(2.37倍) 384,000円

全ての上場実績による並び替えや、騰落率による並び替え等は「IPO 実績一覧」にてご利用 可能です。

IPO「主な証券会社」別データ(2017年)

2017年に上場を果たしたIPOは「49社」です。
主なIPOの「主幹事」及び「引受幹事証券(委託含む)」の取扱い実績です。

証券会社 主幹事数 引受幹事数
(委託含む)
主幹事 + 引受幹事数
(委託含む)

初値売りによる
利益の合計金額

マネックス証券 0社 26社 26社(全体の53%) 4,922,000円
SMBC日興証券 3社 37社 40社(全体の82%) 7,779,900円
SBI証券 6社 39社 45社(全体の92%) 9,904,100円
カブドットコム証券 0社 12社 12社(全体の24%) 1,737,500円
岩井コスモ証券 0社 22社 22社(全体の45%) 4,770,300円
岡三オンライン証券 0社 2社 2社(全体の4%) 727,000円
東海東京証券 2社 5社 7社(全体の14%) 1,030,900円
ライブスター証券 0社 3社 3社(全体の6%) 348,000円
松井証券 0社 8社 8社(全体の16%) 1,094,900円
楽天証券 0社 4社 4社(全体の8%) 972,900円
丸三証券 0社 7社 7社(全体の14%) 854,000円
東洋証券 1社 8社 9社(全体の18%) 1,872,400円
みずほ証券 6社 26社 32社(全体の65%) 7,228,300円
野村證券 17社 5社 22社(全体の45%) 3,761,700円
大和証券 8社 12社 20社(全体の41%) 4,726,900円

IPOにおすすめの証券会社 ・・・ IPO応募におすすめの証券会社の紹介です。

IPO 当選攻略法 ・・・ IPOの当選を目指すコツを紹介しています。

管理人のIPO当選実績 ・・・ 管理人一家の当選実績です。

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」と「現金2,000円」が頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。お得なこの機会に口座開設を是非どうぞ (  ̄∇ ̄)

主幹事や引受幹事証券になる機会も多い証券会社で、IPO当選狙いには必須の証券会社です。
管理人も各証券会社にてIPOの当選実績があります。)

IPO「市場注目度」別データ(2017年)

2017年に上場を果たしたIPO(49社)の「市場注目度別」の実績です。

市場注目度 上場会社数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
利益の合計金額

市場注目度「S」 18社 18社 (100%) 200.71% 6,603,500円
市場注目度「A」 9社 9社 (100%) 130.95% 2,262,900円
市場注目度「B」 7社 7社 (100%) 92.50% 790,900円
市場注目度「C」 8社 7社 (88%) 38.16% 714,800円
市場注目度「D」 7社 4社 (57%) 8.06% 94,000円

基本的には市場注目度が高いほど 公募割れのリスクは小さくなります。データが証明してますね(  ̄∇ ̄)

IPO「上場市場」別データ(2017年)

2017年に上場を果たしたIPO(49社)の「上場市場別」実績です。

市場 上場会社数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
利益の合計金額

東証マザーズ 29社 29社 (100%) 153.12% 8,224,800円
JASDAQ スタンダード 10社 10社 (100%) 104.15% 1,759,100円
東証一部 4社 1社 (25%) -1.79% -15,600円
東証二部 4社 3社 (75%) 29.93% 178,100円
札幌アンビシャス 2社 2社 (100%) 82.61% 319,700円

IPO「業種」別データ(2017年)

2017年に上場を果たしたIPO(49社)の業種別データです。

業種 上場会社数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
利益の合計金額

建設業 1社 1社 (100%) 4% 5,000円
化学 1社 0社 (0%) -3.87% -2,900円
医薬品 1社 1社 (100%) 26.49% 4,900円
電気機器 2社 2社 (100%) 105.25% 296,800円
その他製品 1社 1社 (100%) 43.97% 32,100円
電気・ガス業 1社 1社 (100%) 50% 37,500円
倉庫・運輸関連業 1社 1社 (100%) 220.80% 276,000円
情報・通信 16社 15社 (94%) 150.99% 4,742,500円
卸売業 3社 3社 (100%) 147.89% 772,000円
小売業 7社 5社 (71%) 79.77% 1,186,200円
不動産業 2社 2社 (100%) 60.26% 558,000円
サービス業 13社 13社 (100%) 123.99% 2,558,000円