サイバーセキュリティクラウド(4493):IPO上場情報

サイバーセキュリティクラウド

サイバーセキュリティクラウドは、AI技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発・提供を行っている企業です。

企業理念

主要サービス「攻撃遮断くん」は、顧客に対し提供するサービスの対価を、使用した期間に応じて受領するサブスクリプション(月額課金)型モデルです。(2018年12月期の売上比率は94.9%)

  • Webアプリケーションに対するサイバー攻撃を検知・遮断・可視化する、クラウド型のセキュリティ・サービス。
  • リアルタイムでサイバー攻撃を可視化し、攻撃元IPや攻撃種別などを管理画面で把握。
  • 目には見えないサイバー攻撃をヴィジュアル化することで、より適切な状況把握と情報共有が可能。

サブスクリプションは、サービス提供側は安定的な収益を見込め、サービス利用者側も継続したサービス提供をうけられるWin-Winの課金モデルです。

攻撃遮断くん

AWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」は、AWSの提供するAWS WAFを利用する顧客に対して、「攻撃遮断くん」で培ったWebアプリケーションに対する攻撃パターンをAIによって学習し、AWS WAFのルールを自動運用するサービスです。
AWS WAFの持つ複数のルールから最適なルールをAIが設定し、ルールの運用を自動化。

ビッグデータとAIの活用

AWS(Amazon Web Services)は、Webサービスを通じてアクセスできるよう整備されたクラウドコンピューティングサービスで、多くの大手企業が利用しています。

WAF(ワフ)は、Webサイトを運営している人にとってはおなじみのセキュリティ機能です。

設立は2010年8月。
従業員数は2020年1月末で31名、平均年齢は33.3歳、平均勤続年数は2年、平均年間給与は615.2万円。


サイバーセキュリティクラウドの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

サイバーセキュリティクラウドの上場日

S
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2020/3/26 (木) 証券コード 4493
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
サイバーセキュリティクラウド(4493)

サイバーセキュリティクラウドのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/10 (火) ~ 3/16 (月)

仮条件 4,240円~4,500円 (抽選資金:42.4万円 ~ 45万円)
当選口数 700口
発行済株式数 2,305,000株 オファリング・レシオ 3%
公募株数 70,000株 売出株数 0株
吸収金額 3.1億円 O.A分 0株
仮条件決定日 3/6 (金) 公募価格決定日 3/17 (火)
購入期間 3/18 (水) ~ 3/24 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

サイバーセキュリティクラウドの公募価格と初値

仮条件 4,240円~4,500円
公募価格 4,500円 初値 9,210円
騰落率 104.67%  倍率  2.05倍
初値売り損益 471,000円(9,210円 - 4,500円)× 100株

サイバーセキュリティクラウドの初値予想と予想利益

サイバーセキュリティクラウドの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

4,240円 ~ 4,500円 ※抽選資金:42.4万円 ~ 45万円
上限は12.2%上ブレ↑

初値予想 6,800円 ~ 9,000円※3/6 修正
予想利益 23万円~45万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 4,010円あたり ※抽選資金:40.1万円あたり
初値予想 6,000円 ~ 8,000円
予想利益 19.9万円~39.9万円
送信中...

初値予想アンケート

サイバーセキュリティクラウド(4493)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(4,010円)を基準価格としています。

有効回答:477   投票期限:2020/3/25 (水) 23:59まで
12,030円以上(3倍以上)
332票  70%
投票済み

10,025円以上~12,030円未満(2.5倍以上~3倍未満)
36票  8%
投票済み

8,020円以上~10,025円未満(2倍以上~2.5倍未満)
29票  6%
投票済み

6,015円以上~8,020円未満(1.5倍以上~2倍未満)
30票  6%
投票済み

4,812円以上~6,015円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
13票  3%
投票済み

4,010円以上~4,812円未満(1倍以上~1.2倍未満)
8票  2%
投票済み

4,010円未満(公募割れ)
29票  6%
投票済み

サイバーセキュリティクラウドの主幹事と幹事証券

サイバーセキュリティクラウドのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
85.00% 59,500株 416口
大和証券 6.00% 4,200株 10口
みずほ証券 2.00% 1,400株 1口
楽天証券 1.00% 700株 7口
SMBC日興証券 1.00% 700株 0口
岩井コスモ証券 1.00% 700株 0口
岡三証券 1.00% 700株 0口
エース証券 1.00% 700株 0口
香川証券 1.00% 700株 0口
あかつき証券 1.00% 700株 0口

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


サイバーセキュリティクラウドの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年12月 2017年12月 2016年12月
売上高 488,838 246,957 66,720
経常利益 -27,525 -46,840 -40,207
当期利益 -27,794 -52,256 -40,328
純資産 56,339 84,133 -58,609
配当金
EPS -12.44 -25.03 -19,342.09
BPS 25.21 37.64 -28,110.03
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

サイバーセキュリティクラウドの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
Vector Group International Limited 16.48% 90日間
(株)オークファン 14.33% 90日間
GMCM Venture Capital Partners I Inc 13.21% 90日間 / 1.5倍
西江 肇司 9.38% 90日間
武永 修一 6.37% 90日間
大野 暉 5.21% 180日間
海老根 智仁 4.17% 90日間
B Dash Fund 3号投資事業有限責任組合 3.74% 90日間 / 1.5倍
(株)AMBITION 2.88% 90日間
S173(株) 2.54% 90日間

直近の類似IPOの上場結果

サイバーセキュリティクラウドと同じホットワードがついたIPOの上場結果です。

直近の「サブスクリプション」がついたIPOのIPO結果です。

  • 2018/08/22 チームスピリット
    初値売りによる損益:121,700円
    (騰落率:101.42%、倍率:2.01倍)
  • 2018/04/04 ビープラッツ
    初値売りによる損益:780,000円
    (騰落率:354.55%、倍率:4.55倍)

サイバーセキュリティクラウドと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/03/10 ビザスク
    初値売りによる損益:-19,000円
    (騰落率:-12.67%、倍率:0.87倍)
  • 2019/12/25 AI inside
    初値売りによる損益:900,000円
    (騰落率:250%、倍率:3.50倍)
  • 2019/12/20 スペースマーケット
    初値売りによる損益:71,600円
    (騰落率:121.36%、倍率:2.21倍)
  • 2019/12/18 JTOWER
    初値売りによる損益:102,000円
    (騰落率:63.75%、倍率:1.64倍)
  • 2019/12/18 ユナイトアンドグロウ
    初値売りによる損益:193,500円
    (騰落率:152.36%、倍率:2.52倍)

IPOのポイント

サイバーセキュリティクラウドのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

近年、インターネット技術やAI技術の進化によりWebシステムへのサイバー攻撃の手口が加速度的に高度化しており、AIを悪用したより複雑な攻撃や、未知のサイバー攻撃が今後増加していくことも予想されています。

サイバー攻撃

これらの脅威に対して同社のサービスの活躍が期待されます。

ワクワクするような目論見書をみて、さすがSBI証券と思いました。

IT系のIPOを上場させるのは、SBI証券が一番上手だと思います!(投資家心理を掴んでる)

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が最も高い「S」に設定しました。

3.6追記。仮条件が想定発行価格(4,010円)より上振れ決定(4,240円 ~ 4,500円)したので、初値予想を6,800円 ~ 9,000円に修正。予想利益は23万円~45万円です。

目論見書の想定仮条件は4,010円。初値予想は6,000円 ~ 8,000円としました。
予想利益は19.9万円~39.9万円になります。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

現在、SBI証券現金2,000円がもらえる口座開設タイアップ中です♪

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券や、幹事数が増えてきた楽天証券もおすすめです。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。