フーディソン(7114):IPO上場情報と初値予想

フーディソン

フーディソンは、生鮮流通プラットフォーム提供事業を行っている企業です。

飲食店向けの食品Eコマースサービス「魚ポチ」を中心としたBtoB向けECを中心に3サービスを展開。

事業内容

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


フーディソンの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2022/12/16 (金) 証券コード 7114
市場 東証グロース 業種 卸売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス フーディソン(7114)
時価総額
10,025百万円(仮条件の上限で計算)

フーディソンのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/12/1 (木) ~ 12/7 (水)

仮条件 2,210円~2,300円 (抽選資金:22.1万円 ~ 23万円)
当選口数 12,268口
発行済株式数 4,358,940株 オファリングレシオ 28.1%
公募株数 680,000株 売出株数 386,800株
吸収金額 27.1億円~28.2億円 O.A分 160,000株
仮条件決定日 11/30 (水) 公開価格決定日 12/8 (木)
購入期間 12/9 (金) ~ 12/14 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

フーディソンの公開価格と初値

仮条件 2,210円~2,300円
公開価格 12/8 (木)に決定 初値 (初値予想)2,550円 ~ 3,000円※11/30 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)25,000円~70,000円※11/30 修正

フーディソンの初値予想と予想利益

フーディソンの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 2,210円 ~ 2,300円 ※抽選資金:22.1万円 ~ 23万円
上限は4.1%上ブレ↑
初値予想 2,550円 ~ 3,000円※11/30 修正
(1.1倍~1.3倍)
予想利益 2.5万円~7万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,210円あたり ※抽選資金:22.1万円あたり
初値予想 2,430円 ~ 2,830円 (1.1倍~1.3倍)
予想利益 2.2万円~6.2万円
送信中...

初値予想アンケート

フーディソン(7114)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

仮条件の上限(2,300円)を基準価格に修正しています。

有効回答:83   投票期限:2022/12/15 (木) 23:59まで
3倍以上(6,900円以上)
29票  35%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(5,750円以上~6,900円未満)
2票  2%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,600円以上~5,750円未満)
5票  6%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,450円以上~4,600円未満)
8票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,760円以上~3,450円未満)
17票  20%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,300円以上~2,760円未満)
11票  13%
投票済み

公募割れ(2,300円未満)
11票  13%
投票済み

フーディソンの主幹事と幹事証券

フーディソンのIPOを取り扱っている証券会社です。

フーディソンの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SMBC日興証券
91.34% 1,120,600株 1,120口
SBI証券 3.69% 45,300株 271口
みずほ証券 1.74% 21,300株 21口
大和証券 1.30% 16,000株 16口
楽天証券 0.60% 7,400株 74口
岡三証券 0.60% 7,400株 7口
松井証券 0.36% 4,400株 30口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 0.36% 4,400株 4口

CONNECTのネット抽選分は、1口あたりが想定されます。大和証券の約1%

委託幹事である岡三オンラインauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


フーディソンの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年3月 2021年3月 2020年3月
売上高 3,572,359 2,929,308 2,870,765
経常利益 -8,334 -58,924 -11,155
当期利益 -12,909 -64,572 -13,130
純資産 389,443 402,352 466,925
配当金
EPS -3.51 -17.55 -3.58
BPS -343.78 -340.27 -322.72
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年3月 2021年3月
売上高 3,592,211 2,955,671
経常利益 -8,197 -58,610
当期利益 -12,802 -64,430
純資産 389,337 402,140
EPS -3.48 -17.51
BPS -343.81 -340.33
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

フーディソンの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
山本 徹 代表取締役 2,077,647
50.65%
30,000 180日
株式会社リープラジャパン 840,000
20.48%
200,000 180日
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 VC 294,000
7.17%
98,000 90日/
1.5倍
SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合 VC 120,000
2.93%
- 90日/
1.5倍
株式会社ミロク情報サービス 117,648
2.87%
- 180日
内藤 直樹 取締役 92,100
2.25%
(92,100)
- 180日
谷村 格 取締役 64,000
1.56%
(32,000)
- 180日
三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合 VC 58,823
1.43%
- 90日/
1.5倍
電通デジタル投資事業有限責任組合 VC 58,822
1.43%
58,800 90日/
1.5倍
伊藤 貴彦 執行役員 47,000
1.15%
(47,000)
- 180日
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

フーディソンと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロースまたは東証マザーズ」かつ「業種:卸売業」の直近のIPO結果です。

  • 2020/06/24 コパ・コーポレーション
    初値売り損益:253,000円
    騰落率:126.50%、倍率:2.27倍
  • 2020/03/16 ミクリード
    初値売り損益:-7,200円
    騰落率:-8.09%、倍率:0.92倍
  • 2019/12/18 BuySell Technologies
    初値売り損益:179,000円
    騰落率:92.75%、倍率:1.93倍
  • 2018/03/22 SOU
    初値売り損益:80,000円
    騰落率:24.24%、倍率:1.24倍
  • 2017/04/25 アセンテック
    初値売り損益:395,000円
    騰落率:197.50%、倍率:2.98倍

IPOのポイント

「生鮮流通に新しい循環を」というビジョンを掲げ、食産業にて生鮮流通プラットフォーム事業を展開。
資料によると、生産から末端消費までの間で価格が3倍以上 上がるらしい。(農林水産省:食品流通段階別価格形成調査)

多段階構造によるコスト増

同社では生鮮流通におけるノウハウやデータを創業時より蓄積。
この強みを最大限活かし、食産業のあらゆる事業者の情報をデータベース化し活用することで、生産性と効率性の上昇を可能に。

今後の成長戦略として、売上高の過半を占めるBtoBコマースでは「ITおよび物流インフラストラクチャーへの投資」「商品基盤の拡充」「CRM強化」により、アクティブユーザー数及びARPUの拡大を目指すようです。

成長戦略

参入障壁が高そうな事業内容で、個人的には良さそうだなぁと思っています。
BtoBコマースサービスのアクティブユーザー数も伸びており、上場によりさらに加速するかも。

競争優位性

ちなみに目論見書をみると、食品分野のEコマース化率は3.8%。
一方、生活家電等のEコマースは30%を超えており、予測として食品Eコマース市場も伸びていくだろうと書かれています。

しかし、目論見書が見やすいし分かりやすい。そして奇麗。やる気が感じられます(  ̄∇ ̄)

仮条件で価格が下がると参加しやすくなりそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がり。赤字続きだが今期、通期で黒字化か?(2Q時点で黒字)
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。競合の参入障壁も高そう
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待
  • オファリングレシオが28.1%とやや高いオファリングレシオによる実績
  • 市場からの吸収金額が28.2億円とやや大きい吸収金額による実績
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり
  • 同日に3社が上場
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多い。
  • コロナ禍において影響をうける事業内容

11.30追記。仮条件が想定発行価格(2,210円)より4.1%の上振れ決定(2,210円 ~ 2,300円)したので、初値予想を2,550円 ~ 3,000円に修正。予想利益は2.5万円~7万円です。

目論見書の想定仮条件は2,210円。初値予想は2,430円 ~ 2,830円としました。
予想利益は2.2万円~6.2万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは18回 IPOに当選。

松井証券岡三オンラインはブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

大和証券が主幹事となっていますので、委託幹事としてCONNECTが決まりました。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは2回当選)

そのほかに口座開設数が多いSBI証券楽天証券auカブコム証券でも参加可能です。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

フーディソンは、生鮮流通プラットフォーム提供事業を行っている企業です。
グループは同社と関係会社で構成。

飲食店向けの食品Eコマースサービス「魚ポチ」を中心としたBtoB向けECを中心に3サービスを展開。
売上高の66.3%は魚ポチのBtoBコマースサービス。

事業内容 事業系統図

同社グループは東京都中央卸売市場の商品調達力や物流機能と独自のEコマースシステムを接続。
これにより鮮度の高い生鮮食品を多種に渡って商品提供することが可能に。

シームレスなプラットフォーム

大田市場と豊洲市場にそれぞれ仲卸営業許可と買参権を有すると共に、全国70ヶ所以上の取引産地あり。

生鮮卸売市 場へのアクセスと強力な産 地ネットワーク

生鮮流通のDXを進める中で、特化型ソフトウェアの独自開発と卸売市場参入の許認可を取得することで、2つの参入障壁を乗り越え、強固な事業基盤を形成。

生鮮流通 DXの高い参入障壁

設立は2013年4月。
同社の従業員数は2022年9月末で102名、平均年齢は36.1歳、平均勤続年数は3.6年、平均年間給与は439.3万円。

フーディソンの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。