サークレイス(5029):IPO上場情報

サークレイス

サークレイスは、「Salesforce」を中心としたクラウド先端技術を用いた導入支援や自社サービスの展開を行っている企業です。

コンサルティングサービス、プラットフォームサービスの2つのサービスを提供。

事業内容

コンサルティングサービス

デジタルコンサルティングサービスとして、デジタル技術を活用したビジネス設計、クラウドによるシステム開発を行っています。
クラウド活用による攻めのIT投資領域に特化したコンサルティング、システム開発サービスを提供。

プラットフォームサービス

デジタル化ツールの運用実務支援を行い(カスタマーサクセス)、顧客のデジタル人材を育成し(エデュケーション)、デジタルツールの提供を行うこと(DX)で、高付加価値で顧客満足度の高いサービスを提供。

株式会社パソナグループの持分法適用会社。

設立は2012年11月。
従業員数は2022年1月末で234名、平均年齢は38.9歳、平均勤続年数は3.3年、平均年間給与は578.4万円。


サークレイスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

サークレイスの上場日

B
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2022/4/12 (火) 証券コード 5029
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス サークレイス(5029)
時価総額
2,952百万円(公開価格で計算)
9,512百万円(初値で計算)

サークレイスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/3/28 (月) ~ 4/1 (金)

仮条件 680円~720円 (抽選資金:6.8万円 ~ 7.2万円)
当選口数 8,625口
発行済株式数 4,100,000株 オファリングレシオ 21%
公募株数 750,000株 売出株数 0株
吸収金額 6.2億円 O.A分 112,500株
仮条件決定日 3/24 (木) 公開価格決定日 4/4 (月)
購入期間 4/5 (火) ~ 4/8 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

サークレイスの公開価格と初値

仮条件 680円~720円
公開価格 720円 初値 2,320円
騰落率 222.22%  倍率  3.22倍
初値売り損益 160,000円(2,320円 - 720円)× 100株

サークレイスの初値予想と予想利益

サークレイスの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 680円 ~ 720円 ※抽選資金:6.8万円 ~ 7.2万円
上限は1.4%上ブレ↑
初値予想 820円 ~ 1,020円※3/24 修正
(1.1倍~1.4倍)
予想利益 1万円~3万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 710円あたり ※抽選資金:7.1万円あたり
初値予想 800円 ~ 980円 (1.1倍~1.4倍)
予想利益 9,000円~2.7万円
送信中...

初値予想アンケート

サークレイス(5029)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(720円)を基準価格に修正しています。

有効回答:304   投票期限:2022/4/11 (月) 23:59まで
3倍以上(2,160円以上)
142票  47%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,800円以上~2,160円未満)
42票  14%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,440円以上~1,800円未満)
41票  13%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,080円以上~1,440円未満)
35票  12%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(864円以上~1,080円未満)
22票  7%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(720円以上~864円未満)
7票  2%
投票済み

公募割れ(720円未満)
15票  5%
投票済み

サークレイスの主幹事と幹事証券

サークレイスのIPOを取り扱っている証券会社です。

サークレイスの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
大和証券
91.65% 790,500株 790口
SMBC日興証券 2.09% 18,000株 18口
野村證券 2.09% 18,000株 18口
みずほ証券 2.09% 18,000株 18口
楽天証券 0.52% 4,500株 45口
松井証券 0.52% 4,500株 31口
SBI証券 0.52% 4,500株 27口
いちよし証券 0.52% 4,500株 0口

CONNECTのネット抽選分は、79口あたりが想定されます。大和証券の約1%

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


サークレイスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年3月 2020年3月 2019年3月
売上高 1,813,213 1,756,429 1,609,308
経常利益 -29,338 -122,248 144,049
当期利益 -63,183 -92,670 149,753
純資産 44,910 105,916 150,587
配当金
EPS -18.86 -28.62 116,994.78
BPS 12.76 31.62 117,646.38
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

サークレイスの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 比率 ロック
アップ
株式会社パソナグループ 1,440,000 39.74% 180日
TQUILA LIMITED 1,390,000 38.36% 180日
salesforce.com, inc. 320,000 8.83% 180日
佐藤 司 取締役 125,000 3.45% 180日
佐藤 潤 代表取締役社長 125,000
(50,000)
3.45% 180日
工藤 正通 取締役 36,000
(36,000)
0.99% 180日
増田 剛 従業員 36,000
(36,000)
0.99%
木部 勝 従業員 28,000
(28,000)
0.77%
ポール 与那嶺 取締役 5,000
(5,000)
0.14%
庄司 哲也 取締役 5,000
(5,000)
0.14%
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。

直近の類似IPOの上場結果

サークレイスと同じホットワードのIPOの上場結果です。

直近の「DX支援」がついたIPOのIPO結果です。

サークレイスと市場と業種が同じIPOの上場結果。

直近の「市場:グロースまたは東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

IPOのポイント

SalesforceプラットフォームやAnaplanなど、同社取り扱いのクラウド製品に関する導入・運用・保守・定着化を支援。

Salesforceとは、顧客関係管理ソリューションを中心としたクラウドコンピューティング・サービス。
ココ最近のIPOでよく耳にしますが、世界15万社以上、国内導入は5,000社。

8年以上の実績を持ち、保守だけでなく、「業務課題解決に注力したサービス」を提供。

プラットフォームサービスの特長

主要販売先はこちら。

主要販売先

DXサービスに先行投資していることもあり、営業利益にバラツキがあるのがやや気になりますが、IPOとしては事業内容は人気があり、需給面でも軽いので初値は上昇しやすいです。
あとは・・・上場時の相場環境ですよね。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がり。DXサービスの先行投資で経常利益はややブレている。
  • IPOで人気のある「DX支援」事業。(データ
  • 購入単価が低いIPOが好調。抽選資金による実績
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • オファリングレシオが21%とやや低い。オファリングレシオによる実績
  • 市場からの吸収金額が6.2億円と小さい。吸収金額による実績
  • 需給が絞られており初値が上昇しやすい。
  • 上場市場の東証マザーズ(グロース)市場が軟調。(投資資金が抜けている)

3.24追記。仮条件が想定発行価格(710円)より1.4%の上振れ決定(680円 ~ 720円)したので、初値予想を820円 ~ 1,020円に修正しました。予想利益は1万円~3万円です。

目論見書の想定仮条件は710円。初値予想は800円 ~ 980円としました。
予想利益は9,000円~2.7万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに51回当選しています。(全当選数の52.0%)

また、松井証券野村證券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

特に松井証券は、IPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(4割目標)

追加の委託幹事として、CONNECTが決まりました。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは2回当選)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。