HOUSEI(5035):IPO上場情報と初値予想

HOUSEI

HOUSEIグループは、同社と連結子会社2社の計3社で構成。下記の事業を展開。

  • メディア事業
    新聞社や出版社をはじめとするメディア業界向け情報システム開発・運用・保守事業
  • プロフェッショナルサービス事業
    製造業・金融業等の各種事業者向けの情報システム開発・運用・保守事業
  • プロダクト推進事業
    自社開発の情報システム・ソフトウエア・クラウドサービスを提供する事業
  • 越境EC事業
    中国の消費者向けに日本製品を販売し、そのためのクラウドサービスを提供 する事業

現代表取締役社長の管祥紅が、商業印刷システムや新聞・出版社向けトータルシステムを手掛ける中国・北京北大方正集団公司の日本マーケット開拓を目的に東京都品川区西五反田において設立。

同社の設立は1996年3月。
従業員数は2022年5月末で157名、平均年齢は41.4歳、平均勤続年数は8年、平均年間給与は602.8万円。


HOUSEIのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

HOUSEIの上場日

B
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割安

上場日 2022/7/28 (木) 証券コード 5035
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス HOUSEI(5035)
時価総額
2,701百万円(公開価格で計算)
3,917百万円(初値で計算)

HOUSEIのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/7/11 (月) ~ 7/15 (金)

仮条件 380円~400円 (抽選資金:3.8万円 ~ 4万円)
当選口数 20,849口
発行済株式数 6,754,000株 オファリングレシオ 30.8%
公募株数 850,000株 売出株数 963,000株
吸収金額 8.3億円 O.A分 271,900株
仮条件決定日 7/7 (木) 公開価格決定日 7/19 (火)
購入期間 7/20 (水) ~ 7/25 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

HOUSEIの公開価格と初値

仮条件 380円~400円
公開価格 400円 初値 580円
騰落率 45.00%  倍率  1.45倍
初値売り損益 18,000円(580円 - 400円)× 100株

HOUSEIの初値予想と予想利益

HOUSEIの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 380円 ~ 400円 ※抽選資金:3.8万円 ~ 4万円
上限は4.8%下ブレ↓
初値予想 480円 ~ 630円
(1.2倍~1.6倍)
予想利益 8,000円~2.3万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 420円あたり ※抽選資金:4.2万円あたり
初値予想 480円 ~ 630円 (1.1倍~1.5倍)
予想利益 6,000円~2.1万円
送信中...

初値予想アンケート

HOUSEI(5035)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(400円)を基準価格に修正しています。

有効回答:360   投票期限:2022/7/27 (水) 23:59まで
3倍以上(1,200円以上)
188票  52%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,000円以上~1,200円未満)
18票  5%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(800円以上~1,000円未満)
25票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(600円以上~800円未満)
58票  16%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(480円以上~600円未満)
21票  6%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(400円以上~480円未満)
30票  8%
投票済み

公募割れ(400円未満)
20票  6%
投票済み

HOUSEIの主幹事と幹事証券

HOUSEIのIPOを取り扱っている証券会社です。

HOUSEIの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
みずほ証券
88.71% 1,849,500株 1,849口
SBI証券 8.70% 181,300株 1,087口
楽天証券 0.87% 18,100株 181口
マネックス証券 0.43% 9,000株 90口
松井証券 0.43% 9,000株 63口
いちよし証券 0.43% 9,000株 0口
あかつき証券 0.43% 9,000株 0口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


HOUSEIの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年12月 2020年12月 2019年12月
売上高 3,909,220 3,351,004 3,013,305
経常利益 227,752 270,708 202,804
当期利益 211,891 188,003 24,305
純資産 2,112,222 1,900,331 1,712,328
配当金
EPS 35.89 31.84 4.12
BPS 357.76 321.87 290.03
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年12月 2020年12月
売上高 4,102,113 3,399,769
経常利益 284,829 270,229
当期利益 271,442 219,665
純資産 2,354,362 1,942,380
EPS 45.98 37.21
BPS 398.77 328.99
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

HOUSEIの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
佰瑞祥鴻(香港)有限公司 2,347,000
38.28%
350,000 180日
KSK合同会社 2,315,500
37.76%
500,000 180日
EPSホールディングス株式会社 900,000
14.68%
- 180日
メディカル・データ・ビジョン 株式会社 187,500
3.06%
- 180日
篠崎 弘美 118,800
1.94%
(5,800)
113,000
石 自力 取締役 30,500
0.50%
(30,500)
-
芦野 雄一 14,300
0.23%
(1,300)
-
胡 奎 執行役員 9,800
0.16%
(9,800)
-
古市 健 執行役員 7,300
0.12%
(4,300)
-
羽入 友則 取締役 6,500
0.11%
(6,500)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

HOUSEIと市場と業種が同じIPOの上場結果。

直近の「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2022/06/28 ヌーラボ初値売り損益:-4,500円
    (騰落率:-4.50%、倍率:0.96倍)
  • 2022/06/08 ANYCOLOR初値売り損益:328,000円
    (騰落率:214.38%、倍率:3.14倍)
  • 2022/05/31 トリプルアイズ初値売り損益:132,000円
    (騰落率:150%、倍率:2.50倍)
  • 2022/04/27 モイ初値売り損益:43,200円
    (騰落率:91.91%、倍率:1.92倍)
  • 2022/04/12 サークレイス初値売り損益:160,000円
    (騰落率:222.22%、倍率:3.22倍)

IPOのポイント

新聞社を中心としたメディア業界向けシステムの構築で培った、システム間の連携や画像処理などの知識・経験に強みがあり、また中国・武漢のオフショア開発拠点にて優秀なIT技術者を多数擁し、高品質なシステムを低コストで提供することが可能。

紙媒体メディアの発行部数の減少を背景に、競合であった大手システム開発会社がこの領域に注力しなくなってきている状況。
同社は組版システム事業から撤退する事業者を当社グループに組み込むことや、いわゆる残存者利益を享受。

ただし、紙媒体のメディア業界は中長期的に縮小していくことは把握しており、紙媒体メディア業界向けの事業に代わる新規事業を確立していくことが急務と考えているよう。

情報システム事業の単一セグメントだったようですが、越境EC事業の量的重要性が増加したことから、第27期連結会計年度より報告セグメントを「情報システム事業」と「越境EC事業」に変更。

販売実績

主な販売先は聖教新聞社。

うーん。評価と初値予想が難しいIPO。

ただ、前期実績によるPERは9.1倍と「情報・通信業」で考えると割安かなと思います。
割安性と業績、吸収金額で考えると買われそうですが、事業の将来性が掴みづらく、低めの評価にしておきたいと思います。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • 業績は安定的(決算情報
  • 2022年12月期の業績予想(前期比)は、売上高4,475百万円(+9.1%)、営業利益377百万円(+85.9%)
  • 想定価格と前期実績によるPERは9.1倍と、情報・通信業のくくりではかなり割安
  • 市場からの吸収金額が8.7億円と小さい吸収金額による実績
  • 専門性が高い事業内容で競合は撤退
  • 成長をイメージしにくい事業分野。新規事業の立ち上げが急務
  • オファリングレシオが30.8%とやや高いオファリングレシオによる実績
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調(そもそもグロースっぽくないけど)
  • 配当実績なし
  • 上場の意義がわからない(感じ取れない)。調達資金は研究開発費用と人件費に利用
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い

目論見書の想定仮条件は420円。初値予想は480円 ~ 630円としました。
予想利益は6,000円~2.1万円です。

IPOには参加しますが、成長性に疑問ありで配当金もなく、長期では持ちづらい。
ただし、想定価格は安すぎくらいの価格で設定しているので、そこくらいが魅力かなと思います。仮条件が引き上げられれば、評価と予想利益は下げるかもしれません。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに47回当選しています。(全当選数の41.6%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。