当選IPOの売り方は?IPOの初値売りがおすすめ

IPOが当選した場合、どのタイミングでIPOを売却すればいいの?と悩まれるかもしれません。

IPO初心者におすすめの売り方は、初値でIPOを売却する「IPOの初値売り」です。

4コマ漫画:初値売りがおすすめ1 4コマ漫画:初値売りがおすすめ2 4コマ漫画:初値売りがおすすめ3 4コマ漫画:初値売りがおすすめ4

管理人も実践している方法で、当選IPOの約9割はこの方法で売却しています。

初値売りとは?

まず、各用語を確認していきましょう。

  • 公募価格
    IPOが上場する前に、株式の購入希望者に販売する価格。
    IPOの抽選に当選すると、公募価格で購入することができます。
  • 初値
    IPOが上場した際に、株式市場ではじめてついた価格。

初値売りとは、当選したIPOを初値で売ることです。

当選IPOの王道的な売り方で、IPO初心者にもおすすめです。

初値売りのメリットとデメリットを確認していきましょう。

初値売りのメリット

IPOは上場後に売買が解禁され注文が殺到するので、株価は上場後に乱高下しやすいです。

上場後にはじめについた株価(初値)よりも、買い注文が集まり株価が高くなってくれれば万々歳ですが、逆に売り注文が集まり、株価が初値よりも下がる場合があります。

どちらに株価が値動きするのかは、決定した初値の株価や、相場の状況次第なので誰にも予想できません。

そこで・・・

上場後の株価の乱高下を気にしない「初値売り」がおすすめです。

ワンポイント

IPOの初値売りのメリットは二点です。

  1. 売り注文のタイミングがラク
  2. 株価の動向を気にしないで良い

詳しく初値売りのメリットを見ていきましょう。

1. 売り注文のタイミングがラク

IPOの初値売りは、売り注文のタイミングが決まっているのでラクです。

  • 初値売りをする場合。
    • 初値で売るのが決まっている。
      精神的にも作業的にもラク。
  • 初値売りをしない場合
    • 激しい株価の値動きを見る必要がある。
      精神的にキツイ。
    • 売るタイミングを見極める必要がある。
      作業的にキツイ。

初値売りをしない場合、自分で売るタイミングを見計らって売る必要があります。
上場後の株価の激しい乱高下を見て株価の流れを確認するんですが、中々大変です。

わたしも経験ありますが、株価がめまぐるしく動くと どのタイミングで売っていいのか?が分からなくなります。迷ったあげく適当に売り注文を出すか、または 売り注文を出せない事態に陥ります。

参考までに

チョット心理学的な話ですが、人間には「損失回避バイアス(認知のゆがみ)」というものがあります。

利益を得た喜びと、損失の悲しみを比べると損失のほうが大きく印象に残るというものです。

仮に当選IPOが下記のような株価の流れになった場合、ガッカリ感が強くなります。

  1. 公募価格 1,000円で100株 購入。
  2. 初値は1,500円に。初値で売却しない。
  3. 株価は800円~1,700円を乱高下。次第に900円~1,400円の値動きに。
  4. たまらず、1,400円で売却。
  5. (1,400円-1,000円)×100株 = 4万円の利益に。

結果だけみれば4万円の利益を得ているのでOKなんですが、初値で1,500円がついたのをみています。

初値で売っていれば5万円の利益があったわけなので、損をしたという気持ちが残ってしまいます。(実際は損していません)

当選IPOは初値売りをする!と選択すれば、株価の激しい値動きを見る必要も、売りタイミングをはかる必要もありません。

精神的にも作業的にもラクなので、当サイトでは当選IPOの初値売りをおすすめしています。

2. 株価の動向を気にしないで良い

当選IPOの株価が上下に乱高下する様子を見てるのは、精神的によくありません(笑)

もちろん、株価が上がってくれれば嬉しくて安心できますが、逆に株価が下がっていると落ち着いて見ていられず変な汗がでてきます。(経験談)

また、上記で説明しましたが人間には「損失回避バイアス(認知のゆがみ)」があります。

人は欲張りなもので、一度見てしまった株価が下がると損をした気持ちが強くなってしまいます。

当選IPOの公募価格が1,000円、初値が1,500円だった場合。

  • 終値が1,800円に。
    うれしい。ラッキー!
  • 終値が1,300円に。
    初値で売っておけば良かった!!!悔しいぃぃぃ!!!!!

と、下がった時の方が精神的なストレスがデカいです(汗)

初値売りを選択すれば「売るタイミングがルール化」されていますので、自分の売りタイミングで後悔することがありません。

当選IPOの公募価格が1,000円。初値が1,200円で高値が1,300円だった場合。

  • 初値 1,200円で売った場合。
    2万円の利益だ。嬉しい!
    株価は初値より上がったけどルールだから仕方ない。(納得)
  • 乱高下のさなか1,200円で売った場合。
    2万円の利益か・・・。
    上手くやれば、あと1万円 利益がでたかもしれないなぁ。(後悔)

同じ利益を得ているのに、初値売りでは喜びを感じ、取引中に売った場合は後悔が残っています。

そこで、決め打ちをして当選IPOは「初値売りをする」と決めておいた方が精神的にもラクになります。

管理人の私も、基本的に当選IPOは初値売りをしています。
ただし、当選IPOに魅力があり長期保有したい場合や、株式市場が活況な場合などは様子を見て売却するときもあります。(管理人の当選実績とブログ

初値売りのデメリット

特にありませんが、初値後に株価が上昇した場合「儲けそこなった!」と思うことくらいかと思います。

ただし、メリットで書いたように初値形成後はどちらに株価が転ぶかは分かりません。

人気IPOの場合は、基本的に利益がでます。
あとは その利益がどこまで大きくなるか?だけだと思います。

店頭で割当をもらった場合は注意

店頭型で担当者からIPOを割当してもらっている方より情報を頂きました。
初値売りを嫌う担当者(証券会社)の場合、初値売りをすると割当をもらいづらくなる場合があるようです。

割当とは、IPOを購入する権利をもらうことです。抽選での当選と一緒です。
店頭の担当者から割当をもらえるのは上位顧客になります。

株式の売買は自由。
IPOの売りどきも自由。

上記の情報は本当かどうか分かりませんが、参考までに公開させていただきました。

補足として、ネットによる機械抽選(平等抽選)は、システムによりランダムで当選者を選んでいます。
初値売りをしたからといって次回以降に当選しづらくなることはありません。

初値売りのやり方は?

上場日の初値がつく前に「成行」で「売り注文」を出します。

初値がついたと同時に売り注文が成立し、当選IPOが売却されます。

上場日当日の取引開始前(9時前)に、成行売り注文を入れるのが確実です。

売り注文を出せるタイミングは証券会社により異なります。
ほとんどの証券会社は、当日の市場が始まる前(数時間前から)になります。

市場が始まるのは9時です。つまり、6時や7時から注文が出せます。
一部、前日から売り注文を出せる証券会社もあります。

嬉しい悲鳴!初日に初値がつかなかった場合は再注文を

成行注文の有効期間は「当日」になります。

人気があるIPOの場合、買い注文が集まり上場日に初値がつかなかいことがあります。

成行き注文は翌営業日になると、売り注文が取り消されています。
よって、翌営業日にあらためて成行の売り注文を出す必要があります。

少し手間ですが株価が上がってるということですので、うれしい手間となります(  ̄∇ ̄)

各証券会社で初値売りする方法

各証券会社で初値売りをする方法を、キャプチャ画面つきで紹介しています。

各証券会社で初値売りをする方法です。

とりあえず管理人の当選実績が多い証券会社の初値売りを紹介しておりますが、ご要望があれば他の証券会社も用意したいと思います。
(ただし、IPOが当選するか持ち株がないと売り注文ができず、画面が撮れません)


次項からは補足として、IPOで利用される専門用語について紹介します。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに67回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。