IPOの当選口数ってなに?

当選口数ってなに?

Q 質問

赤字で当選口数と掲載されていますが、当選口数の意味がわかりません。
例)100株につきの表示なのか、公募株数との関係等 教えてください。

A 回答

当サイトで使用している「当選口数」ですが、当サイト独自の表記となっております。

当選口数とは?

当選口数ですが、下記の計算式になっております。

  • 公募株数 + 売出株数 = IPOの公開株式数
  • IPOの公開株式数 ÷ 単元株(単位) = 当選口数

当選口数が100口で、みな 1口ずつ当選すれば100人に当選します。

単元株(単位)は以前はバラバラでした

現在は100株単位に統一されましたが、2018年9月以前は1株単位や1,000株単位の株式(IPO)がありました。

IPOで公開される株式数で当選口数を表示すると分かりづらいので当サイトでは「当選する口数」として表示させて頂いております。

参考までに

  • (例1)はてな
  • 単元株:100株
  • 公募株数(370,000株) + 売出株数(385,000株) = IPOの公開株数(755,000株)
  • IPOの公開株数(755,000株) ÷ 100株 = 当選口数(7,550口)
  • (例2)ガンホー・オンライン
  • 単元株:1株
  • 公募株数(300株) + 売出株数(700株) = IPOの公開株数(1,000株)
  • IPOの公開株数(1,000株) ÷ 1株 = 当選口数(1,000口)
  • (例3)東日本ガス
  • 単元株:1,000株
  • 公募株数(1,000,000株) + 売出株数(0株) = IPOの公開株数(1,000,000株)
  • IPOの公開株数(1,000,000株) ÷ 1,000株 = 当選口数(1,000口)

各証券会社の当選口数は?

当サイトで紹介している当選口数は全体の当選口数になります。

各証券会社の当選口数(割当数)は IPOの申し込み時点では分かりません

上場から数か月後に「日本証券業協会」が各証券会社の当選口数(割当数)を発表しますので、その際に判明します。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに60回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。