当選口数ってなに?

当選口数と掲載されていますが、当選口数の意味がわかりません。

庶民のIPO独自の表記です。

IPO情報に掲載している「当選口数」は、庶民のIPO独自の表記となっております。

当選口数とは?

当選口数ですが、下記の計算式になっております。

  • 公募株数 + 売出株数(OA含む) = IPOの公開株式数
  • IPOの公開株式数 ÷ 単元株(単位) = 当選口数

当選口数が100口で、みな 1口ずつ当選すれば100人に当選します。

証券会社によって呼び方が違う

証券会社やサービスにより、当選人数を表す単位が違うことがあります。

  • 当選口数
    庶民のIPOや、SBI証券で採用している呼び方。
  • 当選本数
    宝クジのような呼び方。
  • 当選枚数
    先物取引の呼び方?

呼び方はそれぞれ違いますが、表現したい内容は一緒です。

ちなみに、当選人数という表記は間違っています。
1人に200株以上 IPOが当選する場合もあります。

単元株(単位)は以前はバラバラ

現在は100株単位に統一されましたが、2018年9月以前は1株単位や1,000株単位の株式(IPO)がありました。

IPOで公開される株式数で当選口数を表示すると分かりづらいので庶民のIPOでは「当選する口数」として表示させて頂いております。

参考までに

  • (例1)はてな
  • 単元株:100株
  • 公募株数(370,000株) + 売出株数(385,000株) = IPOの公開株数(755,000株)
  • IPOの公開株数(755,000株) ÷ 100株 = 当選口数(7,550口)
  • (例2)ガンホー・オンライン
  • 単元株:1株
  • 公募株数(300株) + 売出株数(700株) = IPOの公開株数(1,000株)
  • IPOの公開株数(1,000株) ÷ 1株 = 当選口数(1,000口)
  • (例3)東日本ガス
  • 単元株:1,000株
  • 公募株数(1,000,000株) + 売出株数(0株) = IPOの公開株数(1,000,000株)
  • IPOの公開株数(1,000,000株) ÷ 1,000株 = 当選口数(1,000口)

各証券会社の当選口数は?

庶民のIPOで紹介している当選口数は全体の当選口数になります。

各証券会社の当選口数(割当数)は、IPOの申し込み時点では分かりません

上場から約3ヵ月後に「日本証券業協会」が各証券会社の当選口数(割当数)を発表します。

正確な各証券会社の当選数はその報告書を見れば分かります。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。