IPOで利益を得るには?

IPOで利益を得る仕組みです。

まずは既に上場を果たしたIPOである「IPO 上場実績一覧」をご覧下さい。

初値売りによる利益

前項「IPOの流れ」に続いて また、新しい言葉が出てきましたのでそちらを先に説明させて頂きたいと思います。

初値とは?

「初値」とは、IPOが上場し株式市場で初めてついた株価のことです。

IPOが上場する前の株価は「公募価格(公開価格)」になります。

IPOのブックビルディングに参加し、見事 当選した場合 公募価格でIPOを購入出来ます。
初値が公募価格よりも高ければ利益になり、初値が公募価格よりも低ければ損失になります。

初値で売却した際の利益とは?

IPOを公募価格で購入し、初値で売却した際の利益です。
※こちらの利益には手数料や税金等は入っておりません。

計算式は、( 初値 - 公募価格 ) × 単元株数 となっております。

上記の「エムケイシステム」の場合、( 15,120円 - 3,500円 ) × 100株 = 116万2千円の利益となります。

騰落率とは?

「騰落率(とうらくりつ)」は、公募価格に対して初値がいくら上がったのか?を数値化しています。

計算式は、{( 初値 - 公募価格 )÷ 公募価格 }× 100(%) となります。
当サイトでは初心者にも分かりやすいよう馴染みの深い「倍率」でも表示しています (  ̄∇ ̄)

私たちがIPOで利益を得る仕組み

私たちがIPOで利益を得る仕組みです。


姉妹サイト「みーちゃんの株主優待」より

上記のイラストとこれまでの説明でお分かり頂けましたでしょうか?

IPOで利益を得るには、ブックビルディングに参加し、当選を果たす!のが王道です。

とは言え、IPOは利益を狙う参加者も多い為、簡単には当たりません。

IPOは宝クジのようなものですが、ブックビルディングに参加する際に、抽選資金を用意する必要はありますが、手数料は全くかかりませんので、外れてもリスクはありません

管理人はIPOにこれまで 16回当選を果たし、約300万円近い利益を得ています。(当選実績
IPOに当選するコツ・攻略法を下記にて紹介していますので、参考にしてみて下さい。

次項では気になる「IPOのデメリット」について説明していきたいと思います。


サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ