IPOで利益を得るには?

IPOで利益を得る仕組みです。

まずは既に上場を果たしたIPOである「IPO 上場実績一覧」をご覧下さい。
当サイトではIPOの初値売りを行った際に得られた利益を掲載しています。

初値売りによる利益

前項「IPOの流れ」に続いて また、新しい言葉が出てきましたので そちらを先に説明します。

初値とは?

「初値」とは、IPOが上場し株式市場で初めてついた株価のことです。

IPOが上場する前の株価は「公募価格(公開価格)」になります。

IPOのブックビルディングに参加し、見事 当選した場合 公募価格でIPOを購入出来ます。
初値が公募価格よりも高ければ利益になり、初値が公募価格よりも低ければ損失になります。

初値で売却した際の利益とは?

IPOを公募価格で購入し、初値で売却した際の利益です。
※こちらの利益には手数料や税金等は入っておりません。

計算式は ( 初値 - 公募価格 ) × 単元株数 となっております。

上記の「エムケイシステム」の場合、( 15,120円 - 3,500円 ) × 100株 = 116万2千円の利益となります。

騰落率とは?

「騰落率(とうらくりつ)」は、公募価格に対して初値がいくら上がったのか?を数値化しています。

計算式は、{( 初値 - 公募価格 )÷ 公募価格 }× 100(%) となります。
当サイトでは初心者にも分かりやすいよう馴染みの深い「倍率」でも表示しています (  ̄∇ ̄)

私たちがIPOで利益を得る仕組み

私たちがIPOで利益を得る仕組みです。


姉妹サイト「みーちゃんの株主優待」より

IPOで当選を目指そう!

IPOで利益を得るには、ブックビルディングに参加し、当選を果たす!のが王道です。

とは言え、IPOは人気が高く 参加者も多い為、簡単には当たりません。

管理人は IPOに43回当選を果たし約430万円の利益を得ています。(当選実績
IPOに当選するコツ・攻略法を下記にて紹介していますので、参考にしてみて下さい。

IPOは宝クジのようなものですが、参加する際に手数料は全くかかりません
つまり、IPOは抽選に外れても損失を出すリスクはありません。※宝くじではいくら損したやら・・・

「運だめし」でIPOに参加すると「IPOの魅力」で紹介した大きな利益を得られるかもしれません。
※宝くじは買わなきゃ当たらないのと同様に、IPOもブックビルディングに参加しなければ当選しません!

次項では「IPOのデメリット」について説明したいと思います。