家族もIPOに参加すると抽選機会が増え当選確率が増えます!

家族にもIPOを勧めて当選機会を増やす!

前項で、IPOにおいて「1人1票の公平抽選」を採用している証券会社がある事を説明させて頂きました。

お気づきの方もいらっしゃったと思いますが、1人1票(一口座)という事は・・・

2人では「2票」、3人では「3票」の「抽選権」が得られるということです!

家族にもIPOを勧めて一家で当選確率を上げよう!

IPOの抽選チャンスを増やすのに、一番カンタンなのは「家族にも参加」してもらう事です。

身内も口座開設

上記の図のように、本人(1人)だけの場合、抽選権は1つしか与えられません。

妻や父母もIPOに参加すると、抽選権は人数分 増えます。

イメージとしては、スーパー等で行う「お一人様 一点限り」の商品のようなものです。
1人で並べば1つしか買えませんが、2人いれば2つ買う事ができます(笑)

IPOは1人の場合 抽選権は1つしかありませんが、2人でIPOの抽選に参加すれば 2つの抽選権を得られ、一家としての当選確率は2倍になります。

家族の誰かがIPOに当選すれば、一家の利益は増えます。

私も妻と父にIPOを勧めてIPOに参加してもらっています。
どちらもIPOに当選を果たし、利益を得て喜んでいます(  ̄∇ ̄)
※父とは生計をともにしておりませんので、管理人一家の当選実績には含めておりませんが。

名義貸しはNG

協力といっても、名前だけ借りて取引を他の人が行う「名義貸し」はダメです。

  • 父の口座を勝手に開設して取引する
  • 妻に口座開設の了解を得たが、取引は別の人が行う

「借名取引」といい、各証券会社で固く禁止されています。

管理人も、IPOを妻や身内に勧めて、本人にIPOの応募をしてもらってます。

リスクが限りなく低いことを説明しよう!

ご家族にもIPOに参加してもらう為には下記の事を説明してみましょう!

まずはご自身がIPOに参加してみると、ご家族にも説明しやすくなると思います。

おそらく、ご家族が反対される理由は「面倒!」や「損するかも!!」といった理由かと思います。

そういった「不安を一つずつ説明」することにより、協力してくれるかと思います。

参考までに

ちなみに、管理人は自信を持ってIPOを家族や身内はもちろん、親族や知人にも紹介しています。

リスクが高いものであれば、こんなに周りには お勧めしません!
むしろ、IPOに当選して利益が出たと感謝されております。

IPOのメリットやデメリットを説明する際は、手前味噌ですが このサイトを見せるのが手っ取り早いかと思います(笑)

学生や赤ちゃんもIPOに参加できます

一部の証券会社では「学生」や「赤ちゃん」でも口座を開設 できます。

取引は「親権者の責任」において行いますので、こちらは名義貸しになりません。

SBI証券」の未成年口座で人気IPOのGA technologies にお子さん2人で計600株の当選をされた方がいらっしゃいました!

上場日に初値売りをし100株あたり32万7千円の利益に。
600株の合計だと約196万円のとても大きな利益となっています!

将来の教育資金に回し、また次のIPO当選に向けて応募されるそうです!

管理人も未成年口座でのIPO当選を目指しています。

こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。