IPOに家族が参加すると当選確率は2倍、3倍に!

IPOでは、「1人1票の平等抽選」を採用している証券会社が多いです。

1人1票ということは・・・

2人では「2票」、3人では「3票」の「抽選機会」があるということです!

家族にもIPOに参加してもらうと、当選確率はアップします!

4コマ漫画:家族参加で当選確率アップ1コマ目 4コマ漫画:家族参加で当選確率アップ2コマ目 4コマ漫画:家族参加で当選確率アップ3コマ目 4コマ漫画:家族参加で当選確率アップ4コマ目

家族にもIPOを勧めて一家で当選確率を上げよう!

IPOの抽選チャンスを増やすのに、一番カンタンなのは「家族にも参加」してもらう事です。

身内も口座開設

上記の図のように、本人(1人)だけの場合、抽選権は1つしか与えられません。

妻や父母もIPOに参加すると、抽選権は人数分 増えます。

イメージとしては、スーパー等で行う「お一人様 一点限り」の商品のようなものです。
1人で並べば1つしか買えませんが、2人いれば2つ買う事ができます(笑)

IPOに一家で当選

IPOは1人の場合 抽選権は1つしかありませんが、2人でIPOの抽選に参加すれば 2つの抽選権を得られ、一家としての当選確率は2倍になります。

家族の誰かがIPOに当選すれば、一家の利益は増えます。

カブスルも一家3名でIPOに申し込んでいます。

当選者 当選回数 利益
カブスル
2005年1月~
60回 1,182万円

2013年9月~
34回 391万円
子ども
2016年2月~
3回 28万円

リスクが限りなく低いことを説明しよう!

ご家族にもIPOに参加してもらう為には下記の事を説明してみましょう!

まずはご自身がIPOに参加してみると、ご家族にも説明しやすくなると思います。

おそらく、ご家族が反対されるのは、「面倒!」や「損するかも!!」といった理由かと思います。

そういった不安を取り除く説明をすることにより、協力してくれるかと思います。

参考までに

ちなみに、カブスルは自信を持ってIPOを紹介しています。
(家族や身内はもちろん、親族や知人にも)

リスクが高いものであれば、こんなに周りには お勧めしません!
IPOに当選して利益が出たと、感謝されております。

IPOのメリットやデメリットを説明する際は、手前味噌ですが このサイトを見せるのが手っ取り早いかと思います(笑)

学生や赤ちゃんもIPOに参加できます

未成年口座で当選

一部の証券会社では「学生」や「赤ちゃん」でも口座を開設 できます。

カブスルも赤ちゃんが産まれた際に、未成年口座を開設しIPOに当選しました。

2020年に未成年口座でモダリスに300株当選。
28万9,010円の利益に。(IPO当選実績

未成年口座を開設できる証券会社や、口座開設の方法などは下記の参考記事で紹介しています。

姉妹サイト「カブスル」でも未成年口座について説明していますので、ご参考までに。

名義貸しはNG

協力といっても、名前だけ借りて取引を他の人が行う「名義貸し」はダメです。

  • 父の口座を勝手に開設して取引する
  • 妻に口座開設の了解を得たが、取引は別の人が行う

「借名取引」といい、各証券会社で固く禁止されています。

カブスルも、IPOを妻や身内に勧めて、本人にIPOの応募をしてもらってます。

未成年口座の取引は「親権者の責任」において行いますので、名義貸しになりません。

夫婦間、親子間の資金の移動は贈与税の対象になる可能性も

夫婦間、親子間といえども、投資目的で銀行の預金などを移動させると「贈与税」の対象になる可能性があります。(年間110万円が目安)

カブスルの場合、夫婦の預金は別々。

子供のIPOの資金は「贈与契約書」を作成し、年間100万円を上限に3回 贈与しました。
贈与以降、銀行口座間のお金の移動は一切ありません。

大きな金額を移動させるときなどは、贈与税にご注意下さい。

参考までに、税理士監修の外部記事とカブスルが利用した贈与契約書もリンクしておきます。


現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券