シキノハイテック(6614):IPO上場情報

シキノハイテック

シキノハイテックは、半導体検査装置の開発・製造LSIの設計およびIPコアの開発カメラモジュールおよび画像処理システムの開発・製造を行っている企業です。

製品紹介
  • 電子システム事業
    • 1,776,724(千円)(売上高の39.2%)
    半導体製造工場で使用される検査関連機器および装置を扱っています。
    半導体検査業務は顧客企業の製品に必要な工程であり、特に車載向けの顧客製品では、同工程は重要な検査工程。
    同社は半導体検査工程のうち、主に車載用半導体部品に検査実施が要求されるバーンイン装置とバーンインボードおよび周辺機器や治具の開発・製造を行っています。
  • マイクロエレクトロニクス事業
    • 1,842,809(千円)(売上高の40.7%)
    半導体のLSI設計(アナログ・デジタル)およびIPコアの開発。
    アナログ系では、回路設計、レイアウト設計、特性評価から、テスト部門との連携によるLSIテストプログラム作成までの一貫設計体制を構築。
    デジタル系では、画像処理および高速I/Fをメインに設計。
  • 製品開発事業
    • 912,106千円(売上高の20.1%)
    画像技術を活用した産業用組込カメラ、画像処理カメラの開発・製造およびシステムの開発。
    カメラを中心としたソフト開発を行っており、組み込みカメラシステム分野での技術力が強み。

売上高の集計期間は2019年4月1日~2020年3月31日。

設立は1975年1月。
従業員数は2020年12月末で340名、平均年齢は43.1歳、平均勤続年数は13.5年、平均年間給与は492.3万円。


シキノハイテックのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

シキノハイテックの上場日

B
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:高い
  • 当選口数:多い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2021/3/24 (水) 証券コード 6614
市場 JASDAQ スタンダード 業種 電気機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス シキノハイテック(6614)
時価総額
1,618百万円(公開価格で計算)
5,067百万円(初値で計算)

シキノハイテックのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/3/8 (月) ~ 3/12 (金)

仮条件 360円~390円 (抽選資金:3.6万円 ~ 3.9万円)
当選口数 14,070口
発行済株式数 4,150,000株 オファリングレシオ 33.9%
公募株数 1,150,000株 売出株数 80,000株
吸収金額 5.4億円 O.A分 177,000株
仮条件決定日 3/4 (木) 公開価格決定日 3/15 (月)
購入期間 3/16 (火) ~ 3/19 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

シキノハイテックの公開価格と初値

仮条件 360円~390円
公開価格 390円 初値 1,221円
騰落率 213.08%  倍率  3.13倍
初値売り損益 83,100円(1,221円 - 390円)× 100株

シキノハイテックの初値予想と予想利益

シキノハイテックの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 360円 ~ 390円 ※抽選資金:3.6万円 ~ 3.9万円
初値予想 500円 ~ 610円
(1.3倍~1.6倍)
予想利益 1.1万円~2.2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 390円あたり ※抽選資金:3.9万円あたり
初値予想 500円 ~ 610円 (1.3倍~1.6倍)
予想利益 1.1万円~2.2万円
送信中...

初値予想アンケート

シキノハイテック(6614)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(390円)を基準価格としています。

有効回答:414   投票期限:2021/3/23 (火) 23:59まで
3倍以上(1,170円以上)
268票  65%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(975円以上~1,170円未満)
22票  5%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(780円以上~975円未満)
35票  8%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(585円以上~780円未満)
41票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(468円以上~585円未満)
16票  4%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(390円以上~468円未満)
11票  3%
投票済み

公募割れ(390円未満)
21票  5%
投票済み

シキノハイテックの主幹事と幹事証券

シキノハイテックのIPOを取り扱っている証券会社です。

シキノハイテックの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
みずほ証券
91.28% 1,284,300株 1,284口
野村證券 3.93% 55,300株 55口
大和証券 2.18% 30,700株 76口
SMBC日興証券 1.31% 18,400株 18口
SBI証券 1.04% 14,700株 88口
マネックス証券 0.26% 3,600株 36口

CONNECTのネット抽選分は、3口あたりが想定されます。大和証券の約1%

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


シキノハイテックの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年3月 2019年3月 2018年3月
売上高 4,531,640 4,678,140 5,272,427
経常利益 235,270 169,821 402,444
当期利益 113,914 120,833 527,730
純資産 677,300 557,565 454,007
配当金
EPS 37.97 40.28 1,872.29
BPS 225.77 185.86 1,513.36
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

シキノハイテックの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
塚田 隆 代表取締役会長 398,000株
12.76%
- 180日間
シキノハイテック従業員持株会 337,000株
10.80%
- 180日間
浜田 満広 代表取締役社長 213,000株
6.83%
- 180日間
名古屋中小企業投資育成(株) VC 205,000株
6.57%
- 180日間
ほくほくキャピタル(株) VC 143,000株
4.58%
- 180日間
岸 和彦 取締役 142,000株
4.55%
- 180日間
宮本 和子 140,000株
4.49%
- 180日間
志貴野メッキ(株) 139,000株
4.46%
70,000株 180日間
広田 文男 取締役 111,000株
3.56%
- 180日間
宮本 幸男 取締役 110,000株
3.53%
- 180日間
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

シキノハイテックと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:電気機器」のIPO結果です。

  • 2020/06/29 エブレン初値売り損益:365,000円
    (騰落率:270.37%、倍率:3.70倍)
  • 2017/12/13 ヴィスコ・テクノロジーズ初値売り損益:1,008,000円
    (騰落率:204.88%、倍率:3.05倍)
  • 2017/03/28 ズーム初値売り損益:75,800円
    (騰落率:49.87%、倍率:1.50倍)
  • 2014/04/08 トレックス・セミコンダクター初値売り損益:-52,000円
    (騰落率:-10.40%、倍率:0.90倍)
  • 2011/06/29 SEMITEC初値売り損益:-4,000円
    (騰落率:-3.20%、倍率:0.97倍)

IPOのポイント

公開価格が低く、半導体関連ということで、今年一発目の上場となったテックベンチャーのQDレーザを思い浮かべる方が多いかもしれません。QDレーザは独自技術&社会的意義が高い事業内容で、人気化しました。(初値は2.3倍の797円)

QDレーザ(6613) シキノハイテック(6614)
事業内容 半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアおよびそれらの応用製品の開発・製造・販売。 半導体検査装置の開発・製造LSIの設計及びIPコアの開発カメラモジュールおよび画像処理システムの開発・製造。
創業 2006年4月 1975年1月
時価総額 27,563百万円(初値) 1,618百万円(想定価格)
公開価格 340円 390円あたり
初値 797円
(騰落率134%)
-
吸収金額 53億円 5.4億円あたり
オファリングレシオ 45.0% 33.9%

同社については創業1975年の老舗企業。
事業内容は全く違うんですが、株は買い注文が集まれば価格が上昇するという単純なもの。

市場で人気のある半導体関連で買われる可能性がありますし、単価が低いので個人も参加しやすいです。

主な販売先はデンソーとソニーLSIデザインです。

主な販売先

大きな特徴がないIPOですが、公募割れのリスクも低いIPOとなりそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 購入単価が低い(約4万円)IPOが好調。抽選資金による実績
  • オファリングレシオが33.9%と高い。
  • 業績が微妙。今期は減益の見通し。
  • 半導体関連で買われる可能性あり。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多いが、ロックアップあり。また、社名的にすぐに売りそうにない気がする。
  • 昭和50年(1975年)から続く老舗企業。
  • QDレーザの株価の推移動向が影響しそう。

目論見書の想定仮条件は390円。初値予想は500円 ~ 610円としました。
予想利益は1.1万円~2.2万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに59回当選しています。(全当選数の66.3%)

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

余裕があれば、委託幹事となった楽天証券も、おすすめです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。