IPOの用語

IPOで使われる様々な専門用語の解説です。
IPOの人気に関係のある用語も合わせて紹介しています。

IPOの用語

他のページにて詳しく説明している用語です。

IPOに関係のある用語 一覧

NISAとは?

2014年から始まった「少額投資非課税制度」です。
株式投資や投資信託の売却益や配当金の利益がNISA口座で運用することで「非課税」となります。

IPOをNISA口座で購入する事により、大きな利益にかかってくる税金を非課税にする事も出来ます。

IoTとは?

IoTとは「Internet of Things(インターネット・オブ・シングス)」の略で「モノのインターネット化」と呼ばれており、「モノ」のデータを「インターネット」を介して、情報収集し効率的な運用や改善に活かす仕組みです。

IoT活用の例

  • スマートフォンを使って、野外から屋内の家電を遠隔操作
  • 介護事業ではドアノブやトイレ等にIoTを活用し、異変を感じると連絡先へ自動へ通知するシステム

IoT関連のサービスは成長分野としてIPOでも人気のある業種です。

O2Oとは?

「O2O」はOnline to Offlineの略で「オンラインからオフラインへ」。
「インターネット(オンライン)による活動を実店舗(オフライン)へと活かすこと」です。

例として、ホームページ上で配布されているクーポン券を実店舗で利用するのもO2Oとなります。

O2O関連のサービスは成長分野としてIPOでも人気のある業種です。

←前項 IPOのまとめ IPOの質問集 次項→

サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ