アジアクエスト(4261):IPO上場情報と初値予想

アジアクエスト

アジアクエストは、企業のDXを支援している企業です。グループは同社および海外子会社2社により構成。

IoT/AIソリューション、Webシステム/モバイルアプリ開発、クラウド/インフラ基盤構築・運用等を提供。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


アジアクエストの上場日

C
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや高い

上場日 2021/12/27 (月) 証券コード 4261
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス アジアクエスト(4261)
時価総額
3,402百万円(仮条件の上限で計算)

アジアクエストのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/12/9 (木) ~ 12/15 (水)

仮条件 2,370円~2,430円 (抽選資金:23.7万円 ~ 24.3万円)
当選口数 4,370口
発行済株式数 1,400,000株 オファリングレシオ 31.2%
公募株数 230,000株 売出株数 150,000株
吸収金額 10.3億円~10.6億円 O.A分 57,000株
仮条件決定日 12/7 (火) 公開価格決定日 12/16 (木)
購入期間 12/17 (金) ~ 12/22 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

アジアクエストの公開価格と初値

仮条件 2,370円~2,430円
公開価格 12/16 (木)に決定 初値 (初値予想)2,370円 ~ 2,500円※12/7 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-6,000円~7,000円※12/7 修正

アジアクエストの初値予想と予想利益

アジアクエストの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 2,370円 ~ 2,430円 ※抽選資金:23.7万円 ~ 24.3万円
上限は2.5%上ブレ↑
初値予想 2,370円 ~ 2,500円※12/7 修正
(1.0倍~1.0倍)
予想利益 -6,000円~7,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,370円あたり ※抽選資金:23.7万円あたり
初値予想 2,300円 ~ 2,440円 (1.0倍~1.0倍)
予想利益 -7,000円~7,000円
送信中...

初値予想アンケート

アジアクエスト(4261)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,370円)を基準価格としています。

有効回答:47   投票期限:2021/12/26 (日) 23:59まで
3倍以上(7,110円以上)
18票  38%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(5,925円以上~7,110円未満)
4票  9%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,740円以上~5,925円未満)
5票  11%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,555円以上~4,740円未満)
4票  9%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,844円以上~3,555円未満)
7票  15%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,370円以上~2,844円未満)
7票  15%
投票済み

公募割れ(2,370円未満)
2票  4%
投票済み

アジアクエストの主幹事と幹事証券

アジアクエストのIPOを取り扱っている証券会社です。

アジアクエストの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
みずほ証券
88.70% 387,600株 387口
いちよし証券 4.35% 19,000株 1口
マネックス証券 0.87% 3,800株 38口
楽天証券 0.87% 3,800株 38口
松井証券 0.87% 3,800株 26口
SBI証券 0.87% 3,800株 22口
岩井コスモ証券 0.87% 3,800株 3口
東洋証券 0.87% 3,800株 3口
極東証券 0.87% 3,800株 0口
あかつき証券 0.87% 3,800株 0口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


アジアクエストの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月 2018年12月
売上高 1,664,980 1,440,789 1,068,585
経常利益 83,552 -271 -38,411
当期利益 50,880 -24,632 -52,186
純資産 184,038 133,158 157,790
配当金
EPS 43.49 -21.05 -4,460.39
BPS 157.30 113.81 13,486.41
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月
売上高 1,800,960 1,563,783
経常利益 100,598 18,699
当期利益 62,861 -4,270
純資産 196,076 136,293
EPS 53.73 -3.65
BPS 167.59 116.49
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

アジアクエストの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
桃井 純 代表取締役 528,300株
41.73%
- 180日間
JHDアセットマネジメント株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 400,000株
31.60%
- 180日間
スターティアホールディングス株式会社 260,000株
20.54%
(30,000)
150,000株 180日間
西野 伸一郎 取締役 24,000株
1.90%
(24,000)
-
岩崎 友樹 取締役 14,000株
1.11%
(14,000)
-
西日本電信電話株式会社 11,700株
0.92%
- 180日間
屋野 祐 従業員 4,000株
0.32%
(4,000)
-
外谷 悠一郎 取締役 4,000株
0.32%
(4,000)
-
小畠 芳紀 従業員 4,000株
0.32%
(4,000)
-
伊藤 晶子 従業員 4,000株
0.32%
(4,000)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

アジアクエストと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2021/11/30 ボードルア初値売り損益:75,000円
    (騰落率:37.50%、倍率:1.38倍)
  • 2021/11/24 サイエンスアーツ初値売り損益:283,500円
    (騰落率:165.79%、倍率:2.66倍)
  • 2021/11/05 Photosynth初値売り損益:-9,000円
    (騰落率:-6%、倍率:0.94倍)
  • 2021/10/26 CINC初値売り損益:87,000円
    (騰落率:28.25%、倍率:1.28倍)
  • 2021/10/07 ワンキャリア初値売り損益:41,000円
    (騰落率:19.62%、倍率:1.20倍)

IPOのポイント

うーん。特に特徴がないIT企業に見えます。
(WebサイトにはIoTやRPAなどいろいろ書かれていますが)

特徴的なのは、インドネシアとマレーシアの海外拠点があることでしょうか。

インドネシアとマレーシアの海外拠点

主要顧客はクラウドサーカス株式会社。

2020年12月期で計算したPERは54.5%。IT企業のPERだとこんなものでしょうか。

参考までに

通常時なら評価「B」でしたが、12月のIPOが多いことを考慮し、一段下の公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • IPOで人気のあるIT関連企業。
  • 2021年12月期の業績予想(前期比)は、売上高2,209百万円(+22.7%)、営業利益274百万円(+181%)
  • 例年、最初と最後のIPOは盛り上がる。
  • 業績がやや不安定。(上下のブレがある)
  • オファリングレシオが31.2%とやや高い。オファリングレシオによる実績
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。

12.7追記。仮条件が想定発行価格(2,370円)より2.5%の上振れ決定(2,370円 ~ 2,430円)したので、初値予想を2,370円 ~ 2,500円に修正しました。予想利益は-6,000円~7,000円です。

目論見書の想定仮条件は2,370円。初値予想は2,300円 ~ 2,440円としました。
予想利益は-7,000円~7,000円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

上場日の相場環境により、利益にも損失にもなりそうなIPO。

カブスルは相場の動向をみて、ブックビルディングに参加するか決めようと思います。

VCが多く入っている他社は、売り圧力の懸念がありますがやはり事業内容に魅力があるのかなぁと思ってしまいました。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

アジアクエストは、企業のDXを支援している企業です。グループは同社および海外子会社2社により構成。

IoT/AIソリューション、Webシステム/モバイルアプリ開発、クラウド/インフラ基盤構築・運用等を提供。

IoT/AIソリューション

人やモノの位置・環境情報をセンサーで取得し、可視化するIoTプラットフォーム「beaconnect plus」の提供。

  • オフィス向け:業務効率化やコンプライアンス強化、スペースの有効活用等
  • 工場・倉庫向け:工場・倉庫内の現状把握・分析、 作業工程の改善、生産性向上
  • 学校・福祉向け:子どもや高齢者等見守り対象の位置・健康情報を遠隔地で確認

Webシステム/モバイルアプリ開発

ECサイト、CMS、会員システム、キャンペーンシステム、予約システムなど多様な種類のサイト構築。

クラウド/インフラ基盤構築・運用

オンプレミス環境で運用されていた既存システムのクラウド環境への移行作業や、新システムを構築する際のクラウド環境の構築作業等のクラウドインテグレーションを提供。

顧客企業に対し、AWS、Azure、Google Cloud等のクラウド基盤の設計・構築・運用までをトータルに支援。

設立は2012年4月。
従業員数は2021年10月末で239名、平均年齢は31.6歳、平均勤続年数は3.1年、平均年間給与は492.4万円。

アジアクエストの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。