IPOの「応募機会」を増やして「当選チャンス」を増やす!

福引

IPOの当選を目指すのに一番大事な事は・・・

IPOのブックビルディング(抽選)に参加する事です。


営業担当者から割当をもらわない限り、抽選に参加せずにIPOを手に入れることはありません。
その割当を頂けるのは営業担当者の上客であるお得意様からです。

IPOの抽選機会を増やせば増やす程、IPOの当選確率も上がります

IPOの応募機会を増やす方法は2通り

IPOの応募機会を増やす方法は大きく分けて「2通り」あります。

それぞれ、各ページにて詳しく説明させて頂きます。

どちらの方法も、IPOへの応募機会を増やす方法ですので、結果的にIPOの当選確率も高まります

応募しなければ当選しない!

宝くじ同様、IPOも抽選に応募しなければ当選しません

宝くじ

ただし、宝くじとの大きな違いは、宝くじは「くじを購入」するのに対して、IPOの抽選は「抽選資金(購入資金)を用意」するだけです。(当選して欲しければ購入)

宝くじは外れると購入した分 損をしますが、IPOは抽選に外れれば抽選資金は戻ってきます


余談ですが、管理人は宝くじを買い続けており、エクセルで収支を管理しておりました。
損失が10万円を超えたあたりから買う気力が失せるので収支をつけなくなりました・・・(´;ω;`)ウゥゥ

「IPOは抽選資金を用意すれば、無料で参加出来る 宝くじ のようなもの」

と、解釈すると このサイトで説明している「IPOで利益を得る仕組み」を理解するには良いかもしれません。

もちろん、本来のIPOの解釈は違いますよ。
IPOの詳しい仕組みは「IPOとは?」でご確認下さい。

私が「IPOに当選して利益を得られた」と話をすると「いいな~。やってみたいな~」と言われる事がよくあります。
一通りの説明をして、後日 「IPOの抽選をやってみた?」と聞いても、始めていない人が多いです。

やらない理由を聞くと、「面倒」だったり「よく分からない」からだと言われます。

気持ちは分からなくもないですが、こんなお得なIPOの抽選に参加しないのは非常にもったいない!です。
身内は積極的に取り組み、利益が出て喜んでいます。

次項ではIPOの応募機会を増やす「幹事証券会社をチェックして応募する!」をご説明します。