「マネックス証券」の紹介

マネックス証券

マネックス証券」は、主要ネット証券の一つです。

取引手数料が業界最安値水準の手数料でありながら、リスク管理に便利な自動売買ツールも充実しています。

また、メールで問合せした時の対応も良いので、個人的に初心者におすすめ出来る証券会社です。


利用者が投票する「オリコン 証券会社ランキング(2015年)」にて下記の評価となっています。

  • 総合満足度 No3
  • 分析ツール No1
  • 提供情報 No1
  • 資金管理 No2
  • 取扱商品 No3
  • サイトの使いやすさ No3
  • 取引ツールの利便性 No4
  • 取引手数料・コスト No4
  • 口座開設の容易さ No5
  • システムの安定性 No5

管理人は「マネックス証券」でIPOに15回 当選しています。
IPOの当選回数が一番多い証券会社になります。(管理人のIPO当選実績

マネックス証券の基本情報

マネックス証券」は、リスク管理や自動売買に便利な注文方法が多彩な証券会社です。

最初に発注した注文が約定したら、自動的に次の注文を発注する「連続注文」や、注文時に その銘柄の反対売買注文を予約設定出来る「リバース注文」など独自の注文方法も利用可能です。

売買の取引手数料も業界最安値クラスです。
問合せ時のサポート体制も良く、管理人もメインで利用している証券会社です。

取引毎手数料コース:成行注文の場合。(税抜価格 / 2016.1.28時点)
~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 300万円
100円 180円 450円 1,000円 3,000円

マネックス証券のIPO抽選方法

マネックス証券」は、IPOの引受幹事数も多く、IPOの抽選方式に「完全公平抽選」を採用していますので、一口応募しても100口応募しても当選確率は一緒です。

つまり、投資資金量に左右されず「運」があれば当選します。

管理人は「マネックス証券」でIPOに15回 当選しています。
IPOの当選回数が一番多い証券会社になります。(管理人のIPO当選実績

マネックス証券のIPO実績

「マネックス証券」の過去3年間のIPO実績です。
主幹事は少ないですが、引受幹事数はネット証券の中でも非常に多いです。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

大きな利益を出したIPO「比較.com」など、ネット系の企業の主幹事になる事もあります。

IPO当選狙いにはマネックス証券の口座開設は必須!

IPOの当選を目指すには「引受幹事数」を務める回数が多い「マネックス証券」の口座開設は必須です。

IPOの配布数量(当選数)が全て「1口座1票の完全公平抽選」になり、庶民でも当選チャンスがあります。

利益が非課税になる「NISA口座」にてIPOの抽選が出来るのも「マネックス証券」の魅力の一つです。

マネックス証券