ネット銀行で抽選資金を移動させよう

みなさん、IPOのブックビルディングの抽選資金が足りなくなった事ってないでしょうか?

私は株式投資をはじめた当初は 全体での投資資金が140万円しかなかったので、IPOの抽選に回せる資金が足りなくなる事が多々ありました。

マネックス証券」に抽選資金があるのに、「SBI証券」に抽選資金がなく、引受幹事証券になっている「Y株」のブックビルディングに参加出来ない!・・・なんて事もしょっちゅうありました。

そこで、証券会社間の抽選資金を行き来するようにした所、IPOに応募できる機会が増えました。

ネット銀行を利用すると入出金の手数料が無料に

各証券会社の入出金の手数料が無料になる共通点を見てみると、

  • 入金・・・ネット銀行からの入金(即時入金)が無料
  • 出金・・・登録された金融機関(銀行等)への出金(振込み)が無料

となっている証券会社が多いです。

ネット銀行に関する詳しい説明は姉妹サイトの説明をご覧ください。

そこで、管理人もネット銀行の一つである「ジャパンネット銀行」に口座開設をし、「ジャパンネット銀行」と「各証券会社」間で入出金をして抽選資金を移動させていました。

- IPOの抽選資金の移動例 -

  • マネックス証券」で「IPO Y会社」のブックビルディング(抽選期間:3/1~3/8)に参加
  • マネックス証券」から「ジャパンネット銀行」へ出金(手数料 無料)
  • 「ジャパンネット銀行」から「SBI証券」へ入金(手数料 無料)
  • SBI証券」で「IPO Z会社」のブックビルディング(抽選期間:3/15~3/22)に参加

ジャパンネット銀行の入出金で手数料が無料になる証券会社

ジャパンネット銀行」の入出金で手数料が無料になる証券会社とその方法一覧です。

2015.1.10 時点
証券会社名 入金手数料が
無料になる入金方法
出金手数料が
無料になる出金方法
マネックス証券
  • 「即時入金サービス」を利用
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)
SBI証券
  • 「即時入金サービス」を利用
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)
松井証券
  • 「ネットリンク入金サービス」を利用
  • 出金先金融機関への翌営業日以降の出金
楽天証券
  • 「リアルタイム入金」を利用で無料
  • 振込みによる出金で無料
SMBC日興証券
  • 振込金額(入金)が3,000円以上の場合 無料
  • 振込金額(出金)が3,000円以上の場合 無料
岡三オンライン証券
  • 即時入金の場合は無料
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)
東海東京証券
  • 「振込専用口座サービス」への銀行振込
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)
GMOクリック証券
  • 「即時入金サービス」を利用
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)
丸三証券
  • 「即時入金サービス」を利用
  • インターネット上の出金指示
安藤証券
  • 「クイック入金サービス」を利用
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)
むさし証券
  • 「ネットバンク入金」を利用
  • 登録金融機関口座への出金(銀行振込)

上記の表の条件は変わっている場合等もありますので、公式サイトにて最新の情報をお確かめください。


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ