エスネットワークス(5867):IPO上場情報


エスネットワークスは、財務・会計分野を中心とした実務実行支援型コンサルティングサービスの提供を行っている企業です。グループは同社と連結子会社7社で構成。

変革フェーズにある企業に対してCFO機能をワンストップで提供。常駐型の実務実行支援。
経営課題の可視化を起点に、解決策の立案、実行というサイクルを通じて、顧客企業が自走可能な仕組の構築を支援。

事業内容

経営支援コンサルティング

国内外のM&AやIPO等で成長フェーズの転換期を迎えている企業をターゲットとして、経営状況の可視化やオペレーションの仕組化等を通じて企業の中長期的な企業価値向上に向けた支援。

具体的には、予実管理体制構築支援、KPI管理体制構築支援、決算早期化支援、原価計算制度構築支援、事業計画策定支援を始めとした計数系の業務から人事制度構築支援、システム導入支援等、いわゆるCFO領域全般におけるコンサルティングを提供。

経営支援コンサルティングは、グループの連結売上高の約6割を占めています。

再生支援コンサルティング

再生フェーズの企業に対して事業が再び軌道に乗るための支援。

具体的には、財務DD、事業DD、再生計画策定支援及び顧問業務として計画実行のモニタリングのみならず、再成長のステージに乗った企業を中心に、経営支援コンサルティングにて提供。

海外進出支援コンサルティング

顧客企業が今後経済成長の見込まれる東南アジアへ進出するにあたり、意思決定サポートから、現地での必要手続き、営業開始後の会計・税務・労務業務のセットアップから記帳代行、給与計算など、現地法人設立及び運営を円滑に遂行するためのサポートを全面的に行っています。

設立は1999年10月
同社の従業員数は144名、平均年齢は33.8歳、平均勤続年数は4.4年、平均年間給与は858.4万円。連結の従業員数は233名(2023年10月末)


エスネットワークスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、エスネットワークスの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

エスネットワークスの上場日

A
  • オファリングレシオ:低い
  • 売出多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2023/12/19(火) 証券コード 5867
市場 東証グロース 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス エスネットワークス(5867)
時価総額
22.3億円(公開価格で計算)
59.6億円(初値で計算)

エスネットワークスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2023/12/4 (月) ~ 12/8 (金)

仮条件 650円~730円 (抽選資金:6.5万円 ~ 7.3万円)
当選口数 4,025口
発行済株式数 3,048,100株 オファリングレシオ 13.2%
公募株数 50,000株 売出株数 300,000株
吸収金額 2.9億円 O.A分 52,500株
仮条件決定日 11/30 (木) 公開価格決定日 12/11 (月)
購入期間 12/12 (火) ~ 12/15 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

エスネットワークスの公開価格と初値

仮条件 650円~730円
公開価格 730円 初値 1,956円
騰落率 167.95%  倍率  2.68倍
初値売り損益 122,600円(1,956円 - 730円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

エスネットワークスの初値予想と予想利益

エスネットワークスの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 650円 ~ 730円 ※抽選資金:6.5万円 ~ 7.3万円
上限は4.3%上ブレ↑
初値予想 1,100円 ~ 1,460円※11/30 修正
(1.5倍~2.0倍)
予想利益 3.7万円~7.3万円

想定価格と初値予想

想定価格 700円あたり ※抽選資金:7万円あたり
初値予想 1,050円 ~ 1,400円 (1.5倍~2.0倍)
予想利益 3.5万円~7万円
送信中...

初値予想アンケート

エスネットワークス(5867)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(730円)を基準価格に修正しています。

有効回答:449   投票期限:2023/12/18 (月) 23:59まで
3倍以上(2,190円以上)
310票  69%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,825円以上~2,190円未満)
37票  8%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,460円以上~1,825円未満)
28票  6%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,095円以上~1,460円未満)
30票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(876円以上~1,095円未満)
16票  4%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(730円以上~876円未満)
15票  3%
投票済み

公募割れ(730円未満)
13票  3%
投票済み

エスネットワークスの主幹事と幹事証券

エスネットワークスのIPOを取り扱っている証券会社です。

エスネットワークスの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SBI証券
91.30% 367,500株 2,205口
SMBC日興証券 2.61% 10,500株 10口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2.61% 10,500株 10口
みずほ証券 1.74% 7,000株 7口
楽天証券 0.87% 3,500株 35口
アイザワ証券 0.87% 3,500株 3口

委託幹事であるauカブコム証券DMM.com証券SBIネオトレード証券は、委託数が公表されていません。

楽天証券の抽選倍率は、3,432倍でした。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


エスネットワークスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年12月 2021年12月 2020年12月
売上高 2,231,889 1,985,175 1,902,114
経常利益 232,123 134,621 -133,804
当期利益 114,804 249,218 -50,107
純資産 1,160,249 1,128,424 946,710
配当金 39.00 39.00 43.00
EPS 39.63 89.35 -17.92
BPS 392.89 388.65 340.72
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年12月 2021年12月
売上高 2,649,914 2,334,022
経常利益 235,228 164,349
当期利益 143,149 122,645
純資産 1,259,083 1,192,356
EPS 49.41 43.97
BPS 411.16 400.78
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

エスネットワークスのPERとPBR

公開価格(730円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2021年12月
(実績/連結)
16.6倍 1.82倍 43.97 400.78
2022年12月
(実績/連結)
14.77倍 1.78倍 49.41 411.16

エスネットワークスの配当金と配当利回り

公開価格(730円)と配当金で算出した配当利回りです。

決算月 1株あたり
の配当金
配当利回り 配当性向
2021年12月
(実績)
39円 5.34% 43.65%
2022年12月
(実績)
39円 5.34% 98.41%

上位株主とロックアップ情報

エスネットワークスの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
株式会社58 1,050,000
31.43%
- 180日
株式会社須原屋 516,100
15.45%
- 180日
佐藤 英志 224,879
6.73%
193,600 180日
須原 伸太郎 184,651
5.53%
106,400 180日
エスネットワークスグループ社員持株会 167,970
5.03%
- 180日
セキュア・ベース株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 163,600
4.90%
- 180日
宮部 賢一 取締役 157,600
4.72%
(7,500)
- 180日
高畠 義紀 代表取締役 120,000
3.59%
(120,000)
- 6ヶ月
パーソルキャリア株式会社 100,000
2.99%
- 180日
宇野 康秀 80,000
2.39%
- 180日
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
  • 180日のロックアップ期間は、2024年6月15日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

エスネットワークスと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:サービス業」の直近のIPO結果です。

エスネットワークスのIPO分析

2022年の国内におけるビジネスコンサルティング市場の規模は前年比11.2%増の6,430億円。
同社の提供する経営支援コンサルティング及び再生支援コンサルティングに係るCFO領域のサービスは、「財務/経理コンサルティング」「業務改善コンサルティング」「組織/変革コンサルティング」の市場に区別され前年比11.6%増の4,303億円に。

ターゲット市場の成長ポテンシャル

経営支援コンサルティングの提供先は、プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)が重要な割合を占めており、PE市場におけるPEファンドによる投資件数は、2018年の65件から2022年の146件と増加傾向に。

経営支援コンサルティングは景気の悪化に伴う企業投資やIPOの減少等により、業績に影響を受ける可能性あり。
一方で、同社の再生支援コンサルティングは景気の悪化によりニーズが高まるとのこと。

どっちに景気が動いても、それに対応したコンサルティングサービスがあるのは面白いですね。ただ、経営支援コンサルティングが連結売上高の約6割を占めているようなので、好景気でIPO数が増えるほうが良さそう。

コロナ禍にあった2020年12月期は経常損失に。
あの頃はIPOが18社も中止となり、しばらくIPOはないのかと思いました・・・(その後、16社が再承認でIPOへ)

配当金は、連結株主資本配当率(DOE)10%を配当金額決定の際の指標として採用しているよう。

DOEは株主資本(元手)に対して、どれだけの配当金を出すかの指標です。
ちなみに配当性向は当期純利益が基準となり、業績に左右されます。

事業内容にIPO支援、M&A支援とあり、個人的には興味津々です。
IPOの内容的にも需給が絞られており、初値が跳ねやすいIPOになりそうです。

公募株が最低数の5万株というところと、上位株主による売出株数がやや気になりますが、初値に関しては割れそうにないかなぁと思います。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

人気が高い
  • 業績はややブレがあるものの安定的(決算情報
  • 需給が絞られており初値が上昇しやすい
  • オファリングレシオが13.2%と低いIPOデータ
  • 市場からの吸収金額が2.9億円と非常に小さいIPOデータ
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • 売出比率が85.7%と高い
  • 仮条件の上限価格と前期実績(連結)によるPERは14.7倍。PBRは1.78倍(PERとPBR
  • 配当実績あり。DOE10%が目安

11.30追記。仮条件が650円 ~ 730円に決定。(想定価格は700円。上限価格で4.3%の上振れに)
初値予想を1,100円 ~ 1,460円に修正し、予想利益を3.7万円~7.3万円としました。

目論見書の想定仮条件は700円。初値予想は1,050円 ~ 1,400円としました。
予想利益は3.5万円~7万円です。

公募割れリスクは低いと思われるIPO。
カブスルは積極的に幹事証券から参加して当選を狙います!

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは30回 IPOに当選しています。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに55回当選しています(全当選数の39.0%)

SBIネオトレード証券みずほ証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選後に購入資金を入金すれば良いので気軽に参加できます。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事となっていますので、委託幹事としてauカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

ブックビルディングの参加スタンスは、Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

エスネットワークスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、エスネットワークスの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。