メルカリ[4385]:IPO上場情報と初値予想

IPO「メルカリ」(4385)

メルカリ

メルカリ」は スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリを主事業として展開している企業です。

グループのミッションは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことです。

  • メルカリ
    スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ。簡単なプロセスで3分以内に出品。
  • メルカリ カウル
    本・CD・DVD等に特化。バーコードスキャンでかんたん出品。
  • メルカリ メゾンズ
    ブランド品に特化。誰でもかんたんに撮影・値付け・商品情報入力。

「メルカリ」はスマートフォンに特化した個人間取引(CtoC)のためのマーケットプレイスであり、誰でもスマートフォン上で簡単・手軽に中古品を売買できます。

  • 出品者:不要品に新たな価値を与える楽しさ
  • 購入者:掘り出し物に出会える「宝探し」体験

「メルカリ」は、出品者と購入者の双方にとって楽しく、夢中になれるユーザ体験を提供しています。

「メルカリ」では、スマートフォンから誰でも簡単に商品を出品・購入することができます。
また、配送業者やコンビニとの提携により、簡便かつ手頃な価格の配送オプションを提供しています。

5/7より、ヤマト運輸と提携をし、出品者の宛名を知らせずに品物を送れるサービスを行っています。
メルカリ上で取得したバーコードをレジに持って行くだけなので発送も非常にラクになっています。

更に、出品者・購入者共に個人が中心であるため、誰でも手軽に不要品を販売してお金に換える楽しみや、ユニークな中古品を探す「宝探し」感覚での買物を体験することができます。

「メルカリ」の国内累計ダウンロード数は平成30年3月末に7,100万件に達し、前連結会計年度末比で1,550万件の増加となりました。月間利用者数は1,000万人に達しています。

従来型の店舗における中古品売買は、来店に時間を要する、取り扱い商品が限定的である、買取業者が仲介するため売手と買手の双方にとって価格が不透明である等の課題がありました。

また、インターネットオークションを利用した中古品売買も、出品が煩雑で難しい、入札プロセスに時間がかかるといった課題がありました。

ユーザーとしては 店頭買取などよりも高値で売却出来、安値で購入できる点も魅力です。

グループはメルカリと連結子会社である株式会社ソウゾウ、Mercari, Inc.(米国)、Mercari Europe Ltd(英国)、Merpay Ltd(英国)、株式会社メルペイの6社で構成。

設立は平成25年2月です。
従業員数は平成30年3月末で652名、平均年齢は30.3歳、平均勤続年数は1.3年、平均年間給与は501.9万円です。

参考までに

昨年から上場の予定がありましたが、当初の予定より半年遅れての上場となりました。
上場により海外事業の開拓を加速させるようです。

東証マザーズとしては13年ぶりの規模の大きさのIPOになります。
上場時の時価総額は最大で4,000億円となる見込みでミクシィの時価総額を超えます。

当選口数が多く複数当選も見込めるIPOになりそうです。

上場の時期は遅れましたが、AIによる偽ブランド品の検知システムを導入し、不正出品を監視するサポートスタッフを1年前に比べて7割増やしたりと、不正利用者の対策は強化されています。


IPO「メルカリ」の上場日

A
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:高い
  • 当選口数:多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/6/19 (火) 証券コード 4385
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
メルカリ(4385)

IPO「メルカリ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/6/4 (月) ~ 6/8 (金)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 2,700円~3,000円 (抽選資金:27万円 ~ 30万円)
当選口数 407,143口
公募株数 18,159,500株 売出株数 22,554,800株
吸収金額 1,306.6億円 O.A分 2,840,500株
備考

最終的な内訳は公募総数の範囲内で、需要状況等を勘案の上、公開価格決定日(2018年6月11日)に決定する予定です。

  • 公募については国内募集株式数4,288,700株及び海外募集株式数13,870,800株を目処に行われる予定。
  • 売出しについては国内募集株式数14,648,200株及び海外募集株式数7,906,600株を目処に行われる予定。

つまり、国内の当選口数は約19万口になりそうです。

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「メルカリ」の公募価格と初値

公募価格 3,000円 初値 5,000円
騰落率 66.67%  倍率  1.67倍
初値売りでの損益 200,000円(5,000円 - 3,000円)× 100株

メルカリの「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「メルカリ」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。(予想利益は各上限で計算)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「メルカリ」の主幹事証券と引受幹事証券

「メルカリ」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が多く複数当選も見込めそうですので積極的に応募していきましょう。

野村證券」は IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、複数当選の為にも参加しておきたいところです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と現金4千円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「メルカリ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年6月 2016年6月 2017年6月
売上高 4,237 12,256 21,254
経常利益 -1,099 3,262 4,469
当期利益 -1,104 3,011 -6,990
純資産 1,607 13,061 6,071
配当金
EPS -110.00 27.56 -60.90
BPS -235.59 5.16 -55.74
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年6月 2017年6月
売上高 12,256 22,071
経常利益 -97 -2,779
当期利益 -348 -4,207
純資産 8,395 4,416
EPS -3.18 -36.65
BPS -35.49 -70.15
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「メルカリ」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/05/31 ラクスル
    初値売りによる損益:14,500円
    (騰落率:9.67%、倍率:1.10倍)
  • 2018/04/20 HEROZ
    初値売りによる損益:4,450,000円
    (騰落率:988.89%、倍率:10.89倍)
  • 2018/04/04 ビープラッツ
    初値売りによる損益:780,000円
    (騰落率:354.55%、倍率:4.55倍)
  • 2018/03/23 ファイバーゲート
    初値売りによる損益:133,800円
    (騰落率:127.43%、倍率:2.27倍)
  • 2018/02/23 Mマート
    初値売りによる損益:414,000円
    (騰落率:333.87%、倍率:4.34倍)

IPOのポイントby メルカリ

上場前

IPOが承認されたことでメルカリの概要が見えてきました。

売上高はアプリの利用者数の増加と共に伸びていますが、17年7月~18年3月期の最終損益は34億円の赤字となっています。
これは、米国などの海外事業の広告宣伝費(先行投資)が かさんでいる事や引き抜きによる人材投資によるものだと思われます。

ただし、メルカリの今後の成長性や海外展開による事業の伸びを考慮すると、期待の方が先行しそうなIPOになると思います。

参考までに

企業価値が10億ドル(約1,100億円)を超えるスタートアップ企業(新しいビジネスモデルで成長を目指す企業)を「ユニコーン」と呼びます。

日本では現在 上記の二社しかユニコーン企業がありません。

当選しました!

管理人は主幹事の「大和証券」で100株のみ当選を果たしました!(2回目の当選)(ブログ

当選は嬉しいですが、当選口数が多く複数当選を目指していたので やや残念な結果となりました。

ただし、2018年のIPO当選は5社目(800株)の当選と大変好調です!

メルカリの抽選倍率は、個人投資家50倍、機関投資家20倍、海外投資家20倍。
2016年のLINEの抽選倍率が20倍~25倍ですので、そちらを上回る抽選倍率でした。

ワンポイント

2018.6.13 追記。
想定の初値予想は「4,500円 ~ 5,000円」に上方修正されました。
予想上限にて売却できた場合、20万円の利益となっています。

2018.6.4 追記。市場注目度は 高い「A」となりました。

仮条件は想定より上振れして「2,700円 ~ 3,000円」。想定の初値予想は「4,000円 ~ 4,500円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると15万円の利益になりそうです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

100株あたり20万円の利益が予想されていますので、200株当選すれば40万円・・・300株当選すれば60万円とかなり大きい利益が見込めそうです。

メルカリのIPOにおすすめの証券会社

当選口数も国内で約19万口と非常に多く複数当選も狙えるIPOになります!

管理人は下記の3社だけでIPOに41回当選しています。(全当選数の約77%)
主幹事証券と合わせて当選を狙いたいところです。

1. 完全公平抽選「マネックス証券」

マネックス証券

管理人のメイン証券会社であるマネックス証券は、IPOの抽選が完全公平抽選になります。

マネックス証券」は、IPOの引受幹事数も多く、資金量に関係がない完全公平抽選ですので、100株の応募でOKです。


管理人は「マネックス証券」で IPOに15回 当選しています。
私自身のIPO当選回数が一番多い証券会社です。(IPO当選実績

2. 大手証券会社の一角「SMBC日興証券」

SMBC日興証券

1人1票の「公平抽選」で庶民でも当選確率が期待できるSMBC日興証券が引受幹事証券として選ばれています。

SMBC日興証券は、資金量に関係ない完全公平抽選ですので、100株の応募でOKです。


管理人は「SMBC日興証券」で IPOに16回 当選しています。
奥様が最近 SMBC日興証券でIPOに当選しまくっています。(IPO当選実績

3. 複数当選も可能「SBI証券」

SBI証券

SBI証券」は、上記二社と違い 抽選に応募する口数が多ければ多い程当選確率が上がる「口数比例方式」を採用しています。
※買えば買う程 高額当選の確率が上がる宝くじのようなものです。

また、「SBI証券」ではIPOの複数当選も可能となっており、メルカリのように当選口数が多いIPOでは複数当選に期待が持てます。


さらに!
IPOの抽選に残念ながら外れてしまった場合、次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

管理人は「SBI証券」で IPOに10回 当選をしています。(IPO当選実績

SBI証券」は本人確認書類をアップロードすることにより、最短で翌営業日からの取引が可能です!口座開設がまだの方はお早めにどうぞ!

上場後

2018.7.3 追記。
初値売りをせず保有しておりましたが、相場全体の雲行きが怪しくなってきましたので利益確定を行いました。(ブログ

IPO「メルカリ」に関するつぶやき

送信中...

「庶民のIPO」目安箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問は「IPO質問集」をご確認の上 「お問合せフォーム」からご連絡下さい。

頂いた ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「メルカリ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

11/30(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

12/31(月)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ