ライトワークス(4267):IPO上場情報と初値予想

ライトワークス

ライトワークスは、人財管理プラットフォーム提供サービスおよび、同プラットフォームを 活用したオンライン英会話サービスを行っている企業です。グループは同社と連結子会社2社で構成。

eラーニングからスタートした同社グループの事業は、現在HCMのクラウドサービスへと発展。

事業内容

HCMプラットフォーム提供サービス

業向け及び教育分野向けにヒューマン・キャピタル・マネジメント(HCM)のソリューションをクラウドサービスで提供することで、「学習する組織」の実現を支援。

インターネットを活用して人材開発(学習管理、スキル管理、キャリア管理)を行う際に求められるプラットフォーム(IT基盤)としてCAREERSHIPを提供。

CAREERSHIP
(Webサイトより)

主な顧客ターゲットは、売上高1,000億円以上の大企業ですが、売上規模がそれよりも小さい中堅企業への導入も進んでいます。

HCMクラウドを活用したオンライン英会話サービス

学習塾向けに提供する学習管理プラットフォームを有効活用できるコンテンツとして、OLECOのブランドでオンライン英会話をクラウドで提供。

教材はコラボレーションをしている株式会社学研プラスなどが提供。
講師はフィリピンの複数の拠点で採用されたフィリピン人を起用しており、現在約600名が稼働。

設立は1995年11月。
同社の従業員数は2021年11月末で102名、平均年齢は36.1歳、平均勤続年数は3.9年、平均年間給与は523.5万円。


ライトワークスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ライトワークスの上場日

B
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 調達金額:小さい

上場日 2022/2/9 (水) 証券コード 4267
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ライトワークス(4267)
時価総額
5,100百万円(想定価格で計算)

ライトワークスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/1/21 (金) ~ 1/27 (木)

仮条件 1/19 (水)に決定
当選口数 3,680口
発行済株式数 2,428,800株 オファリングレシオ 15.1%
公募株数 160,000株 売出株数 160,000株
吸収金額 7.7億円あたり O.A分 48,000株
仮条件決定日 1/19 (水) 公開価格決定日 1/28 (金)
購入期間 1/31 (月) ~ 2/3 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ライトワークスの初値予想と予想利益

ライトワークスの初値予想と予想利益です。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,100円あたり ※抽選資金:21万円あたり
初値予想 2,310円 ~ 2,800円 (1.1倍~1.3倍)
予想利益 2.1万円~7万円
送信中...

初値予想アンケート

ライトワークス(4267)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,100円)を基準価格としています。

有効回答:109   投票期限:2022/2/8 (火) 23:59まで
3倍以上(6,300円以上)
20票  18%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(5,250円以上~6,300円未満)
6票  6%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,200円以上~5,250円未満)
16票  15%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,150円以上~4,200円未満)
29票  27%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,520円以上~3,150円未満)
18票  17%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,100円以上~2,520円未満)
8票  7%
投票済み

公募割れ(2,100円未満)
12票  11%
投票済み

ライトワークスの主幹事と幹事証券

ライトワークスのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ライトワークスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年1月 2020年1月 2019年1月
売上高 996,821 849,117 811,464
経常利益 13,555 42,888 40,813
当期利益 8,924 4,441 37,399
純資産 237,554 241,423 251,435
配当金 2,000.00 5,000.00
EPS 3.84 1.87 12,592.58
BPS 104.70 101.61 84,658.32
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年1月 2020年1月
売上高 1,757,789 1,217,500
経常利益 25,928 -87,073
当期利益 18,035 -25,716
純資産 240,630 234,649
EPS 7.76 -10.82
BPS 105.60 98.40
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ライトワークスの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
株式会社エプシモーヴェ 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 1,207,200株
53.21%
- 180日間
江口 夏郎 代表取締役 360,000株
15.87%
160,000株 180日間
小迫 宏行 取締役 166,400株
7.33%
- 180日間
ライトワークス従業員持株会 104,800株
4.62%
-
松林 洋太 96,000株
4.23%
- 180日間
小野寺 浩 従業員 60,800株
2.68%
- 90日間/1.5倍
山本 和隆 取締役 48,000株
2.12%
- 180日間
齊藤 心吾 従業員 48,000株
2.12%
- 90日間/1.5倍
武田 淳 24,000株
1.06%
-
山口 俊夫 監査役 24,000株
1.06%
-
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ライトワークスと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2021/12/29 Institution for a Global Society初値売り損益:28,200円
    (騰落率:16.40%、倍率:1.16倍)
  • 2021/12/27 アジアクエスト初値売り損益:317,000円
    (騰落率:130.45%、倍率:2.30倍)
  • 2021/12/27 セキュア初値売り損益:123,500円
    (騰落率:130%、倍率:2.30倍)
  • 2021/12/24 サスメド初値売り損益:9,000円
    (騰落率:6.38%、倍率:1.06倍)
  • 2021/12/24 ニフティライフスタイル初値売り損益:-20,000円
    (騰落率:-10%、倍率:0.90倍)

IPOのポイント

オンライン英会話というと、競合としては2014年に上場したレアジョブでしょうか。

レアジョブ(6096)のチャートをみてみると、コロナ禍で株価は伸びたものの、その後、下落を続けています。

他にもオンライン学習系はコロナ禍で株価を上げていたと思います。
(2020年7月に上場したKIYOラーニング(7353)など。こちらも株価は下落中)

事業内容は悪くないと思うんですが、マザーズ市場は絶賛下落中。類似事業も下落中。

東証マザーズ2年チャート
東証マザーズ 2年チャート/byマネックス証券

IPOの需給的には絞られており、初値は上昇しやいです。

同社の登録業種は「情報・通信業」。
てっきりサービス業なのかなぁと思いましたが、経営課題にも「IT技術者の人材確保」が挙げられておりました。
(同社の平均年間給与は523.5万円。これじゃぁ優秀な技術者は来ない気も)

事業内容とIPOの内容を考慮すると、個人的には初値は良い初値をつけそうな気がします。

ただ、気がかりのなのは相場環境。上場市場のマザーズ市場はかなり弱く推移しています。
上場日の2月までには改善していると個人的には思いますが、初値は相場環境に影響されそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 大手企業への導入実績あり。
  • 市場からの吸収金額が7.7億円と小さい。吸収金額による実績
  • オファリングレシオが15.1%と低い。オファリングレシオによる実績
  • 業績が微妙。(上下のブレがある)
  • 上場市場の東証マザーズ市場が軟調。(投資資金が抜けている)
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い。

目論見書の想定仮条件は2,100円。初値予想は2,310円 ~ 2,800円としました。
予想利益は2.1万円~7万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに66回当選しています。(全当選数の62.3%)

岡三証券のネット取引サービス岡三オンラインは、抽選時に資金が必要ないので気軽に参加できます。

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。