IPOは抽選資金不要の証券会社で気軽に参加しよう

資金不要の証券会社

IPOに参加するのに、抽選資金を必要としない証券会社の紹介です。

抽選資金が必要ないので、証券会社に入金する必要もありません

口座開設だけでIPOに参加できるので、初心者でも気軽に申し込めます。


IPOの抽選資金不要はメリットだらけ。デメリットなし

IPOの資金不要の証券会社には、メリットしかありません

わたしは2005年からIPOをはじめていますが、資金が足りなくて困ったことが多々あります。

抽選資金が足りない
  1. IPOに申込みたいけど、抽選資金が足りなかった。
    資金不要であれば、そもそも抽選資金が必要ありません
  2. Aの証券会社やBの証券会社に入金しないといけない!
    資金不要であれば、口座に入金する必要がありません
  3. 3月や12月のIPOラッシュで資金が枯渇した。
    資金不要なので、枯渇(0円)しても応募できます
  4. IPOの申し込みが50万円と高すぎて申込めない。
    資金不要なので、申し込みは可能!当選したら資金を用意
  5. 身内や知人に勧めたいけど、資金を用意してもらう必要があるなぁ。
    資金不要なので、必要なのは証券会社の口座開設のみ
4コマ漫画1 4コマ漫画2 4コマ漫画3 4コマ漫画4

カブスルの当選実績

たまに、「本当に口座に入金しなくていいんですか?」とご質問をいただきますが、本当です。

カブスルも入金していないですが、実際にIPOに当選しています。

証券会社 当選IPO 利益
松井証券 2022年4月 
フルハシEPO
5.9万円
野村證券 2021年9月 
ユミルリンク
14.1万円
野村證券 2021年4月 
セルム
4.4万円
野村證券 2020年7月 
日本情報クリエイト
9.1万円
野村證券 2019年12月 
カクヤス
2.6万円
松井証券 2019年12月 
ランサーズ
1.1万円
野村證券 2019年6月 
Sansan
2.9万円
野村證券 2018年7月 
MTG
18.8万円
野村證券 2018年7月 
MTG
12.5万円
野村證券 2017年12月 
ジーニー
13.2万円

ちなみに入金していませんから、株取引もしていません。

Twitterでも同様の当選報告をみかけますので安心してください。

IPOの資金不要の証券会社は9社

IPOの抽選資金が不要の証券会社は9社です。※2023年1月時点

口座開設だけで、IPOの抽選に参加できます。

証券会社名 備考

狙い目
松井証券
松井証券

最短3日で取引可!

ネット分は平等抽選を採用。

2022年は55社の幹事に(全体の60%)

幹事数が増えている理由として、VCへの出資を通じて上場検討企業との接点を拡大。
今後は引受参入率50%を目指していることが、決算報告資料に書かれています。

IPOの当選機会(抽選機会)を増やすためには口座開設しておきたい証券会社。

カブスルはIPOに2回当選

5千円のキャッシュバックがもらえるお得なタイアップ企画中!


おすすめ
野村證券
野村證券

最短で当日に取引可!

言わずと知れた大手証券会社。
主幹事になる機会が多い

2022年は11社の主幹事に(全体の12%)
引受幹事は27社で、合計38社の幹事数に(全体の42%)

大手証券ながら、抽選資金不要でIPOのブックビルディングに参加できます。

カブスルはIPOに10回当選

穴場
岡三オンライン
岡三オンライン

過去の取引実績に応じて抽選対象者が3ステージに分けられます。
各ステージ内で公平に抽選。

2022年は38社の幹事に(全体の42%)

年々、IPOの取扱数が増え存在感が増してきました。

現金3,500円がもらえるお得なタイアップ企画中!

穴場
SBIネオトレード証券
SBIネオトレード証券

最短3日で取引可!

個人にまわる全体の10%は、平等抽選を採用

IPOのイメージが薄く、かなりの穴場。

2021年よりSBIホールディングスの完全子会社となり、幹事数も増加。
2022年は21社の幹事に(全体の23%)

みずほ証券
みずほ証券

ネット取引のダイレクトコースは、平等抽選を採用
個人配分予定の10%が回ってきます。

2022年の幹事数は47社で、全体の52%と多いです。

DMM.com証券
DMM.com証券

2019年にIPOの委託販売をはじめた証券会社。

取り扱い実績(幹事数)は、2022年は10社。

抽選は平等抽選を採用。

エイチ・エス証券 抽選は平等抽選を採用
アイザワ証券 抽選は平等抽選を採用。ネットから申込できない場合あり
むさし証券 重複申し込みがNG。カブスルは参加したことなし

抽選資金不要の証券会社のうち、特に3社は、幹事数が約4割と多いので、当選を目指すには口座開設しておきたい証券会社です。

  • 松井証券
    2022年のIPOの取扱数が55社(全体の60%)
    幹事証券なので割当数もしっかり。
  • 岡三オンライン
    2022年のIPOの取扱数が38社(全体の42%)
    2022年1月に岡三証券と経営統合。
  • 野村證券
    2022年のIPOの取扱数が38社(全体の42%)
    うち、当選数が多い主幹事は28社と多い。

資金不要でもIPOの取扱数は多い

抽選資金が不要だからといって、IPOの取扱数が少ないわけではありません。

特に、松井証券岡三オンラインは幹事数が多いです。

IPO当選を目指すなら口座開設しておきたい証券会社です。

★2022年のIPO幹事数
証券会社 幹事 幹事数 初値売り
利益の平均額
松井証券 引受幹事 55社
全体の60%
75,298円
岡三オンライン 委託幹事 38社
全体の42%
72,889円
野村證券 主幹事
引受幹事
38社
全体の42%
58,797円
SBIネオトレード証券 委託幹事 21社
全体の23%
65,376円

松井証券はIPOの幹事獲得にチカラをいれており、幹事数が全体の60%と多くなっています。

岡三オンラインも幹事数が多く、全体の42%の幹事数となっています。

SBIネオトレード証券は、SBIホールディングスの完全子会社となり、2021年から取扱数が増加。

当選したらスグに入金しよう!

ブックビルディングの抽選時に口座に入金しておく必要がありませんが、当選した場合、購入資金は後から入金する必要があります。購入資金とは、当選したIPO株を購入する資金です。

当選から購入までの期間は、約5日間と短いです。
また IPOや証券会社により、さらに購入期間が短い場合があります。

IPOに当選した場合は、「すぐに入金」し「当選IPOを購入」しましょう!

大事なことなので もう一度言いますが、入金だけでは当選IPOを購入していません。
忘れずに、当選IPOの購入をしましょう~

カブスルも資金不要の証券会社に口座開設していますが、口座に入金していません。
当選または補欠当選した場合、急いで購入資金を入金し、購入しています。

もちろん、当選前に抽選資金を入金しても良いですが、当選確率は変わりません。
よって、他の証券会社の抽選資金に回した方が、当選確率は上がると思います。

即時入金できるネット銀行がおすすめ

ネット銀行とは

各証券会社には「即時入金」というサービスが用意されています。

その名の通り、スグに入金(当日)できるサービスで、ネット銀行から入出金します。

カブスルはPayPay銀行住信SBIネット銀行を利用しています。
どちらも普段の生活においても便利なネット銀行です。


年々、資金不要の証券会社は増えています。

IPOの資金が不要の証券会社は、IPO参加者にとって資金負担が少なく、気軽にIPOに応募できます。


現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券