IPOとは?株をやったことがない初心者にも人気の理由

IPOとは、企業が上場し市場に株式を公開することです。

上場すると、これまで非公開だった株を投資家が購入できるようになります。

企業は株を買われることで、事業資金を調達できます。
最近、IPOを行ったみなさんもご存知の会社はコチラ。

上場日 会社名 上場前
の価格
(公募)
上場後
の価格
(初値)
初値売り
損益
2018年
12月
ソフトバンク 15万円 14.6万円 -3,700円
2018年
6月
メルカリ 30万円 50万円 +20万円
2016年
7月
LINE 33万円 49万円 +16万円

これらの有名企業も、事業資金を調達するために上場(IPO)しています。

IPOによって公開される株を、IPO株と呼びます。

IPO株を上場前に購入し、上場後に売却することで、売買の差額による値上がり益が期待できます。

株初心者でもカンタンに参加できる、人気のIPOについて紹介します。

4コマ漫画:IPOとは?1 4コマ漫画:IPOとは?2 4コマ漫画:IPOとは?3 4コマ漫画:IPOとは?4

IPO株は上場前に買って上場後に売るだけで利益になる

4コマ漫画:IPOの魅力1

IPO株は上場前に購入すると、上場後に値上がり益を得やすいです。

何故なら、IPO株はIPOディスカウントという調整が加わり、適正価格よりも低い価格に決まります。

上場日に株式が公開されると、上場後 最初の価格である「初値」がつきます。
この初値は上場前の「公募価格」より上昇するケースが多いです。

参考までに

2018年に上場したメルカリの場合。

  • 上場前の公募価格は30万円。
  • 上場時の初値価格は50万円。

初値で売ると、50万円-30万円= 20万円の利益に。

上場する企業の期待感(将来性)が高ければ高いほど、初値が上昇し利益額も高くなります。

IPO株で利益を得るには上場前に購入し、上場後に売る。
これだけです。

手軽に利益を見込めることから、株をやったことがない初心者にも人気があります。

2018年のIPOの平均利益は、245,771円です。
2019年の平均利益は、10月18日までの時点で158,142円です。

IPOはまるで宝くじ!上場前のIPO株は抽選で手に入れる

IPOは、上場前に買って上場後に売るだけで利益になりやすいので、非常に人気があります。

しかし、上場前の株はすべての人が買えるわけではありません。
公開される株式数がIPOごとに決まっていますので、抽選に参加する必要があります。

IPOを購入するまでの流れ

IPOを購入するまでの流れ

全体的な流れの図です。ココではそれぞれの用語を覚える必要はありません。
ざっくりと流れを確認しましょう。詳しく参考記事で説明しています。

IPO株は人気があるので、抽選で当選すると購入できます。

運まかせの抽選により、利益を得やすいので宝くじのようだと表現しています。

IPOの魅力は大きな利益と小さい損失リスク

IPOの恩恵を最大限に受けているわたし。(14年間で1,172万円の利益)

その魅力を語ると非常に長くなりますので、手短にし別ページで詳しく紹介します。

IPOの魅力は主に4つです。

  1. 購入金額の「数倍の利益」を得やすい。
  2. 「入金ゼロ」でもIPOに参加できる
  3. 株投資が未経験でも「参加がカンタン」
  4. 損失を出す「リスクが低い」

1.購入金額の数倍の利益を得やすい

IPOは、将来性が高いベンチャー企業も数多く上場します。

特にAI(人工知能)やビッグデータなど、これからの生活に関わってくる事業のIPOは人気があります。
2018年に上場したAI関連の上場結果です。

IPO 倍率 初値売りの利益
HEROZ
公募価格 4,500円、
初値 49,000円
10.9倍 445万円
RPA HD
公募価格 3,570円、
初値 14,280円
4.0倍 107万円
Kudan
公募価格 3,720円、
初値 14,000円
3.8倍 102万円

AI関連は特に人気がありますが、それ以外の事業でもIPO株の初値は公募価格の数倍になっています。

初値が公募価格の倍以上になった件数。(2018年)
2倍以上:29社、3倍以上:5社、4倍以上:4社、5倍以上:2社。

2.入金ゼロでもIPOに参加できる

4コマ漫画2

IPOの抽選は証券会社によっては、口座の入金がゼロでも参加できます。

抽選資金が必要ないので、気軽にIPOに参加することが出来ます。

抽選で当選し購入する場合は資金が必要です。


ただし、IPOは抽選資金を用意した方が抽選に応募できる証券会社が増えます。(当選確率が上がる)

  • 10万円あれば、全体の1割のIPOに参加できる。
  • 20万円あれば、全体の5~6割のIPOに参加できる。
  • 30万円あれば、全体の8~9割のIPOに参加できる。

もし、銀行に預金を寝かせたままであれば、IPOにチャレンジしてみるのをオススメします。

銀行の預金金利は0.001%と超低金利時代。
10万円を1年間あずけた場合、増える預金金利はわずか10円です。

3.株投資が未経験でも参加がカンタン

4コマ漫画:証券会社の口座の違い1

株式投資が未経験の初心者でもカンタンに参加できるよう、証券会社の口座開設の方法やIPOの申込法、当選した場合の売り方などを紹介しています。

身内や知人にもIPOを勧め、庶民のIPOを見てもらっていますが、分かりやすいと好評です。


4.損失を出すリスクが低い

IPO株も株式投資の一種なので、損失を出すリスクがあります。

4コマ漫画:IPOのリスク2
  1. 不人気IPOの公募割れによる損失
    評価を見て損失回避!
  2. 上場後の荒い値動きによる損失リスク
    上場後に買わない!

どのIPOに参加するのか?が大事になりますが、IPO歴14年のカブスルが「S」「A」「B」「C」「D」の五段階で評価しています。

IPOの評価

評価「S」がもっとも期待が高く、大きな利益が見込めるIPOになります。

一番低い評価の「D」は損失のリスクが高いので、参加しないようにしましょう。

IPO株を購入する流れ

わたしたちがIPO株の抽選に参加し購入するには、証券会社の口座開設が必要になります。

ブックビルディングに参加するには、幹事証券とよばれる証券会社から参加できます。
事前に口座開設しておきましょう。

  1. 証券会社に口座を開設する。
  2. IPOのブックビルディングに参加する。
  3. 当選したらIPO株を購入する。
  4. 上場日に初値で売却する(おすすめ)

IPOの意味

IPOについて、初心者にも分かりやすく馴染みのある言葉で説明させて頂きました。

本来の意味をカブドットコム証券から引用させていただきます。

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。

新規公開株(IPO)とは

Initial Public Offeringの頭文字をとって、IPOと呼んでいます。

わたしたちに馴染み深い言葉に置き換えると、「上場」になります。


次項ではIPOの魅力について、詳しく紹介します。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。