IPOとは?

「IPO」「アイ ピー オー」と読み、日本語に訳すと「新規公開」という意味になります。

「IPO」をローマ字読みで「イポ」と呼んでしまいがちですが、正しくは「アイ ピー オー」になります。
「Initial Public Offering」の頭文字をとったものです。

これまで株式を公開していなかった企業が「新規」に「株式を公開する事」を「IPO」と言います。

IPOを馴染みのある言葉に置き換えて説明すると、

「企業が新たに証券市場にて上場を果たすこと」です。

何故、企業はIPOを行うのか?

企業は上場する「メリットとデメリット」を考慮してIPOを行います。

上場の主なメリットは、

企業
  1. 株式市場から「資金が調達」しやすくなる
  2. 上場企業として会社の「信用度が上がる」
  3. 新規に株式を公開する事で「知名度が上がる」

ことなどが挙げられます。

上場によるメリット

1. 株式市場から「資金が調達」しやすくなる

IPOにて新たに株を発行する事により、事業資金を調達しやすくなります。
調達した資金は、事業拡大や設備投資、サービスの拡充などに利用されます。

2. 上場企業として会社の「信用度が上がる」

また、上場を果たす企業は、それぞれの市場により 厳しい上場審査があります。
その審査基準をクリアしている企業として「会社の信用度・信頼度」もアップします。

3. 新規に株式を公開する事で「知名度が上がる」

また 上場により、世間に知られる企業も少なくはなく、企業としての知名度が上がり、自社商品や自社サービスを広く世に広めることが出来ます。

上場によるデメリット

企業が上場を果たす際にはデメリットもあります。

  • 決算内容の開示、監査法人へ支払うコストの増加
  • 市場で株式を取得され、買収される恐れがある
  • 株主総会の案内の発送など事務作業の増加
  • 株主の意向を反映させる経営が必要

以上のデメリットを考慮して知名度は高いが上場を果たしていない企業もあります。佐川急便など

IPOの魅力とは?

次項「IPOの魅力」で、大きな利益を得られる可能性のあるIPOの魅力について説明致します。


サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ