ラキール(4074):IPO上場情報と初値予想

ラキール

ラキールは、企業向けシステムの開発・保守およびクラウド型アプリケーション開発・運用基盤「LaKeel DX」とその関連製品の開発・販売などを行っている企業です。

LaKeel DXは、アプリケーション開発を効率的に行うための環境。(環境とは開発用の作業環境のこと)
2019年5月にリリースした製品で、今後同社グループが最も注力していくサービス

プロダクトサービスで提供しているソリューション構成

LaKeel DXを活用することで、ユーザー企業はサーバーやネットワーク機器を準備することなく、アマゾン、マイクロソフト、グーグルなどの大手クラウド事業者が提供するクラウドプラットフォーム上で、アプリケーションの開発・運用を行うことができます。

現在の主力サービスはプロフェッショナルサービスで、主に大手建設会社、大手不動産会社、大手金融機関向けの基幹システムを対象に、システム開発サービス、システム保守サービスを展開。

事業モデル

グループは同社と連結子会社3社で構成。

連結子会社

従業員数は2021年5月末で399名、平均年齢は35.5歳、平均年間給与は561.6万円。


ラキールの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ラキールの上場日

A
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い

上場日 2021/7/16 (金) 証券コード 4074
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ラキール(4074)
時価総額
9,397百万円(想定価格で計算)

ラキールのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/6/30 (水) ~ 7/6 (火)

仮条件 6/28 (月)に決定
当選口数 14,490口
発行済株式数 7,228,500株 オファリングレシオ 20%
公募株数 840,000株 売出株数 420,000株
吸収金額 18.8億円あたり O.A分 189,000株
仮条件決定日 6/28 (月) 公募価格決定日 7/7 (水)
購入期間 7/8 (木) ~ 7/13 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ラキールの初値予想と予想利益

ラキールの初値予想と予想利益です。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,300円あたり ※抽選資金:13万円あたり
初値予想 2,080円 ~ 2,600円 (1.6倍~2.0倍)
予想利益 7.8万円~13万円
送信中...

初値予想アンケート

ラキール(4074)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,300円)を基準価格としています。

有効回答:88   投票期限:2021/7/15 (木) 23:59まで
3倍以上(3,900円以上)
35票  40%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,250円以上~3,900円未満)
9票  10%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,600円以上~3,250円未満)
18票  20%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,950円以上~2,600円未満)
12票  14%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,560円以上~1,950円未満)
11票  13%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,300円以上~1,560円未満)
1票  1%
投票済み

公募割れ(1,300円未満)
2票  2%
投票済み

ラキールの主幹事と幹事証券

ラキールのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券


ラキールの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月 2018年12月
売上高 4,980,442 5,015,782 3,717,921
経常利益 238,956 154,693 143,884
当期利益 136,704 56,078 136,184
純資産 1,071,666 856,566 799,887
配当金
EPS 21.98 9.06 2,415.18
BPS 167.66 138.28 12,921.63
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月
売上高 5,331,307 5,665,680
経常利益 243,105 182,075
当期利益 139,620 86,309
純資産 1,129,889 909,345
EPS 22.45 13.94
BPS 173.87 143.80
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ラキールの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロックアップ
久保 努 代表取締役社長 3,400,000株
46.24%
- 90日間
KST有限責任事業組合 VC 1,100,000株
14.96%
420,000株 90日間
ラキール従業員持株会 724,100株
9.85%
- 180日間
合同会社シングル・マインド 400,000株
5.44%
(400,000)
-
平間 恒浩 取締役 392,500株
5.34%
(92,500)
- 90日間
株式会社Kコーポレーション 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 245,600株
3.34%
- 90日間
西村 浩 取締役 192,500株
2.62%
(42,500)
- 90日間
川上 嘉章 取締役 147,800株
2.01%
(18,500)
- 90日間
雄谷 淳 取締役 128,900株
1.75%
(13,500)
- 90日間
川西 幹 100,000株
1.36%
(100,000)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ラキールと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2021/06/10 ワンダープラネット
    初値売りによる損益:155,500円
    (騰落率:60.74%、倍率:1.61倍)
  • 2021/04/22 ビジョナル
    初値売りによる損益:215,000円
    (騰落率:43%、倍率:1.43倍)
  • 2021/04/15 サイバートラスト
    初値売りによる損益:524,000円
    (騰落率:315.66%、倍率:4.16倍)
  • 2021/03/30 スパイダープラス
    初値売りによる損益:56,200円
    (騰落率:48.45%、倍率:1.48倍)
  • 2021/03/30 Appier GP
    初値売りによる損益:43,000円
    (騰落率:26.88%、倍率:1.27倍)

IPOのポイント

LaKeel DXは2019年5月にリリースした製品で開発・販売の歴史が浅く、現時点では主力の製品サービスではありませんが、今後同社グループが最も注力していくサービス。

LaKeel DXの導入数は順調に推移。

ユーザー数

顧客企業の満足度向上に取り組んでおり、解約率は減少して推移しているようです。

解約率
  • カスタマーチャーンレート
    顧客数ベースのチャーンレート。解約した顧客数で算出。
  • レベニューチャーンレート
    収益ベースのチャーンレート。解約やダウングレードによって生じた損失金額で算出。

現在の主力事業であるプロフェッショナルサービスは、システム開発及びシステム保守を提供するモデル。

  • フロービジネス
    新規顧客向けのシステム開発。
  • リカーリング型レベニューモデル
    既存顧客向けのシステム開発案件および保守案件。(安定収益)
収益モデル

プロフェッショナルサービスで安定的に稼いで、LaKeel DXで将来性に繋げるということで、個人的には魅力あります。

上場により調達した資金の使途は、主にLaKeel製品の開発費、業容拡大のための技術系人材の採用・育成費、当社グループのブランド認知向上及び顧客基盤拡大のための広告宣伝費用、借入金の返済等に充当する予定。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで非常に人気のある「DX支援」事業。
  • 業績は安定的。LaKeel DXの伸びにも期待。(決算情報
  • 2021年12月期の業績予想(前期比)は、売上高5,809百万円(+9%)、営業利益402百万円(+58.6%)、経常利益346百万円(+42.7%)。
  • オファリングレシオが20%とやや低い。オファリングレシオによる実績
  • 購入単価が低いIPOが好調。抽選資金による実績
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 市場からの吸収金額が18.8億円とやや大きい。吸収金額による実績
  • 新株予約権に係る潜在株式数は965,000株で、発行済株式総数の15.1%に相当。
  • 連結子会社がやや気になる。

目論見書の想定仮条件は1,300円。初値予想は2,080円 ~ 2,600円としました。
予想利益は7.8万円~13万円です。

公募割れリスクは低いと思われます。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事としてLINE証券が決まりました。
2021年5月末からIPOの取り扱いを発表したばかり。いまならライバルが少なく、IPO当選の狙い目になります。

余裕があれば、幹事数が増えてきた楽天証券岩井コスモ証券も、おすすめです。

追加の委託幹事として、auカブコム証券も決まりました。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。