アララ(4015):IPO上場情報と初値予想

アララ

アララ(arara)は、SaaS型のBtoBtoCビジネスを展開している企業です。

顧客との契約が継続する限りにおいて、安定的な収益を獲得できるリカーリングビジネスを展開。
(月額・年額の定額利用料金収入に加え、従量課金による利用料金収入)

事業セグメントと売上高構成比

売上高の44%を占める「メッセージングサービス事業」と、同じく11.4%を占める「データセキュリティサービス事業」を、同社では安定成長事業と位置付けています。

  • キャッシュレスサービス事業(高成長事業)
    ハウス電子マネーやポイントのソリューションサービスを提供。
    地域密着のスーパーマーケットなどが顧客。
    キャッシュレスサービス事業の概念
  • メッセージングサービス事業(安定成長事業)
    自社サービス等で一時に大量にメール配信を行う顧客を対象に、メッセージ伝達に欠かせない機能を備えたサービスを提供。
    航空会社、金融機関、eコマースサイト、地方公共団体などが顧客。
    メール配信利用用途
  • データセキュリティサービス事業(安定成長事業)
    個人情報を大量に取り扱う顧客向けに個人情報管理ソリューション「P-Pointer File Security」を提供。
    金融機関、情報通信事業者などが顧客。
  • その他の事業(ARサービス)
    ARアプリケーションの提供やARコンテンツ制作。

メッセージングサービス事業の月次解約率は、平均約0.9%で推移しており、目標の1%未満を下回っています。1取引先あたりの平均月次売上高は約20万円。

設立は2006年8月。旧社名はレピカ。
従業員数は2020年8月末で84名、平均年齢は33.3歳、平均勤続年数は3.8年、平均年間給与は559.3万円。


アララの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

アララの上場日

A
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2020/11/19 (木) 証券コード 4015
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
アララ(4015)
時価総額 8,483百万円(想定価格で計算)

アララのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/11/4 (水) ~ 11/10 (火)

仮条件 11/2 (月)に決定
当選口数 9,120口
発行済株式数 6,125,400株 オファリングレシオ 14.8%
公募株数 381,100株 売出株数 412,000株
吸収金額 12.6億円あたり O.A分 118,900株
仮条件決定日 11/2 (月) 公募価格決定日 11/11 (水)
購入期間 11/12 (木) ~ 11/17 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

アララの初値予想と予想利益

アララの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,385円あたり ※抽選資金:13.9万円あたり
初値予想 2,360円 ~ 3,000円
予想利益 9.75万円~16.15万円
送信中...

初値予想アンケート

アララ(4015)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,385円)を基準価格としています。

有効回答:265   投票期限:2020/11/18 (水) 23:59まで
3倍以上(4,155円以上)
198票  75%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,463円以上~4,155円未満)
31票  12%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,770円以上~3,463円未満)
13票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,078円以上~2,770円未満)
8票  3%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,662円以上~2,078円未満)
4票  2%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,385円以上~1,662円未満)
5票  2%
投票済み

公募割れ(1,385円未満)
6票  2%
投票済み

アララの主幹事と幹事証券

アララのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の平等抽選で、資金力にかかわらず当選が期待できるSMBC日興証券です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


アララの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年8月 2018年8月 2017年8月
売上高 1,042,777 1,027,878 1,143,734
経常利益 111,841 13,177 -62,893
当期利益 114,791 -113,337 -81,384
純資産 276,658 161,867 275,205
配当金
EPS 20.19 -19.94 -1,433.53
BPS 48.66 28.47 4,840.64
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

アララの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
岩井 陽介 28.73% 90日間
Livio(株) 6.10% 90日間 / 1.5倍
ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合 5.67% 90日間 / 1.5倍
大和ベンチャー1号投資事業有限責任組合 5.67% 90日間 / 1.5倍
(株)デンソーウェーブ 5.67% 90日間 / 1.5倍
EEIクリーンテック投資事業有限責任組合 5.67% 90日間 / 1.5倍
IWAI GROUP PTE.LTD. 3.83% 90日間
寺田倉庫(株) 3.83% 90日間 / 1.5倍
井上 浩毅 3.64% 90日間
ビットキャッシュ(株) 3.10%

直近の類似IPOの上場結果

アララと同じホットワードのIPOの上場結果です。

SaaS」がついたIPOの上場結果。

  • 2020/09/28 rakumo
    初値売りによる損益:255,000円
    (騰落率:204%、倍率:3.04倍)
  • 2020/09/24 トヨクモ
    初値売りによる損益:702,000円
    (騰落率:351%、倍率:4.51倍)
  • 2020/07/15 アイキューブドシステムズ
    初値売りによる損益:631,000円
    (騰落率:202.24%、倍率:3.02倍)
  • 2020/06/26 コマースOneHD
    初値売りによる損益:537,000円
    (騰落率:335.63%、倍率:4.36倍)
  • 2020/06/24 ロコガイド
    初値売りによる損益:260,500円
    (騰落率:130.25%、倍率:2.30倍)

アララと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/10/13 日通システム
    初値売りによる損益:250,000円
    (騰落率:83.33%、倍率:1.83倍)
  • 2020/09/30 アクシス
    初値売りによる損益:463,000円
    (騰落率:432.71%、倍率:5.33倍)
  • 2020/09/29 ヘッドウォータース
    初値売りによる損益:2,616,000円
    (騰落率:1,090%、倍率:11.90倍)
  • 2020/09/28 rakumo
    初値売りによる損益:255,000円
    (騰落率:204%、倍率:3.04倍)
  • 2020/09/24 トヨクモ
    初値売りによる損益:702,000円
    (騰落率:351%、倍率:4.51倍)

IPOのポイント

キャッシュレスサービス事業の「point+plus」は、自社専用の電子マネーを発行可能。

導入企業

ポイントや再来店を促す各種キャンペーン機能を装備。
カードを使った会員管理、ポイント管理、メール配信など、顧客のニーズに合わせた利用が可能。

主な活用例

同社は、キャッシュレスサービス事業とメッセージングサービス事業で売上高の84.7%を占めています。

2020年8月期の月次解約率。

  • キャッシュレスサービス事業の月次解約率は、0.25%。(目標は1%未満)
  • メッセージングサービス事業の月次解約率は、約0.9%。(目標は1%未満)
  • データセキュリティサービス事業の月次解約率は、約1%。

上場により調達した資金の使途はこちら。

  1. サーバ保守・運用等に関わる業務委託費用。
  2. 「キャッシュレスサービス事業」及び「メッセージングサービス事業」におけるシステム投資。
  3. 「キャッシュレスサービス事業」及び「メッセージングサービス事業」におけるマーケティング費用。
  4. 経営管理システム投資費用。
  5. 採用活動費用として充当。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のある「SaaS」「キャッシュレスサービス」事業。
  • オファリングレシオが14.8%と低い。
  • コロナ禍でも強い事業内容。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 購入単価が低い(14万円)。
  • 20日ぶりのIPOで注目を集めやすい。かつ11月はIPOが例年少ない。(2019年の月別数
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多いが、ロックアップはきっちり。

目論見書の想定仮条件は1,385円。初値予想は2,360円 ~ 3,000円としました。
予想利益は9.7万円~16.1万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは18回 IPOに当選。

松井証券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

2019年の幹事数は19社で、全体の2割以上のIPOに申込可能でした。

幹事数が多いSBI証券や、幹事数が増えてきた楽天証券も、狙い目です。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。