ヘッドウォータース(4011):IPO上場情報

ヘッドウォータース

ヘッドウォータースは、企業の経営課題をITやAIのシステム開発を通して解決するソリューション事業を行っている企業です。

顧客企業の業務改善、経営課題の解決のため、AIをどこに、どのように、どうやって活用するのか、これらの複雑な導入プロセス、多くの技術的課題をワンストップで提供しています。

  • AIインテグレーションサービス
    顧客の業務を分析し、AIの活用部分を抽出し、概念実証を行った後に選定したAIを既存の業務に組み込み運用するところまでをワンストップで行うサービス。業務効率化のためのAI導入と、その効果を最大化させる事が目的。
    AIのアルゴリズム自体はMicrosoftやGoogleの様なAIプラットフォーマーが提供するサービスを活用することで開発期間やコストを抑え、AIプラットフォーマーが提供しているアルゴリズムを活用した学習モデルの生成や、提供された顔認識機能や自然言語解析機能などを組み込んだソリューション開発を、顧客の要望に合わせて行っています。 AIスタートアップ
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)
    顧客企業のIT化を支援し、企業のデジタル化を推進。
    顧客企業のAI化のファーストステップとして、アナログからデジタルへの業務・サービス変換への対応や、オンプレミスからクラウドサービスへの移行なども。
    業務分析、システム開発、AI活用を見越したデータの蓄積及び解析、これらのサービスを顧客の必要に応じて提供。
    デジタルトランスフォーメーション
  • プロダクトサービス
    AIプロダクト「SyncLect」や「Pocket Work Mate」などを顧客に提供、もしくはカスタマイズすることによって顧客の経営課題を解決するサービス。
    現在は小売業の顧客からの利用が中心ですが、医療分野や飲食分野での使用も開始されており、将来の安定した収益基盤として注力。
  • OPSサービス
    インテグレーションサービスで開発したシステムの改善、保守。
    システム内の情報を有効的に活用できるよう継続的に機械学習を行うことで、運用の自動化や顧客に新しい「気付き」を与えるサービス及び不具合が発生しないよう保守を行うサービスを提供。

2014年から、Pepper(ペッパー君)をはじめとする人型ロボット向けのアプリケーション開発をスタート。
250を超えるPepperアプリ開発実績数を誇り、企業独自のPepperアプリ個別開発も行っています。

設立は2005年11月。
従業員数は2020年7月末で74名、平均年齢は32歳、平均勤続年数は5.9年、平均年間給与は432.8万円。


ヘッドウォータースの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ヘッドウォータースの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2020/9/29 (火) 証券コード 4011
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ヘッドウォータース(4011)
時価総額 26,355百万円(初値で計算)

ヘッドウォータースのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/9/9 (水) ~ 9/15 (火)

仮条件 2,240円~2,400円 (抽選資金:22.4万円 ~ 24万円)
当選口数 1,150口
発行済株式数 922,800株 オファリングレシオ 12.4%
公募株数 100,000株 売出株数 15,000株
吸収金額 2.7億円 O.A分 0株
仮条件決定日 9/7 (月) 公募価格決定日 9/16 (水)
購入期間 9/17 (木) ~ 9/24 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ヘッドウォータースの公募価格と初値

仮条件 2,240円~2,400円
公募価格 2,400円 初値 28,560円
騰落率 1,090.00%  倍率  11.90倍
初値売り損益 2,616,000円(28,560円 - 2,400円)× 100株

ヘッドウォータースの初値予想と予想利益

ヘッドウォータースの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,240円 ~ 2,400円 ※抽選資金:22.4万円 ~ 24万円
上限は7.1%上ブレ↑

初値予想 4,320円 ~ 5,300円※9/7 修正
(1.8倍~2.2倍)
予想利益 19.2万円~29万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,240円あたり ※抽選資金:22.4万円あたり
初値予想 4,000円 ~ 4,900円 (1.8倍~2.2倍)
予想利益 17.6万円~26.6万円
送信中...

初値予想アンケート

ヘッドウォータース(4011)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,240円)を基準価格としています。

有効回答:442   投票期限:2020/9/28 (月) 23:59まで
3倍以上(6,720円以上)
343票  78%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(5,600円以上~6,720円未満)
43票  10%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(4,480円以上~5,600円未満)
23票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(3,360円以上~4,480円未満)
13票  3%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,688円以上~3,360円未満)
4票  1%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,240円以上~2,688円未満)
6票  1%
投票済み

公募割れ(2,240円未満)
10票  2%
投票済み

ヘッドウォータースの主幹事と幹事証券

ヘッドウォータースのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
91.30% 105,000株 105口
SBI証券 2.61% 3,000株 21口
大和証券 1.74% 2,000株 5口
楽天証券 0.87% 1,000株 10口
松井証券 0.87% 1,000株 7口
東海東京証券 0.87% 1,000株 1口
極東証券 0.87% 1,000株 0口
あかつき証券 0.87% 1,000株 0口

委託幹事であるマネックス証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ヘッドウォータースの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 1,067,746 933,880 922,377
経常利益 121,381 51,377 19,542
当期利益 100,153 43,472 17,204
純資産 382,595 282,442 238,970
配当金
EPS 121.72 52.83 4,770.75
BPS 464.99 343.27 58,087.12
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ヘッドウォータースの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
篠田 庸介 59.98% 180日間
プライムロック2号投資事業有限責任組合 9.60% 90日間 / 1.5倍
プライムロック1号投資事業有限責任組合 8.44% 90日間 / 1.5倍
(株)ベクトル 6.75% 90日間 / 1.5倍
トリプルワン投資事業組合 2.28% 90日間 / 1.5倍
(株)チェンジ 1.73% 180日間
疋田 正人 1.58%
萱沼 武広 1.58%
(株)IBJ 1.12% 90日間 / 1.5倍
畠山 奨二 0.95%

直近の類似IPOの上場結果

ヘッドウォータースと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/09/28 rakumo
    初値売りによる損益:255,000円
    (騰落率:204%、倍率:3.04倍)
  • 2020/09/24 トヨクモ
    初値売りによる損益:702,000円
    (騰落率:351%、倍率:4.51倍)
  • 2020/08/25 インターファクトリー
    初値売りによる損益:412,000円
    (騰落率:429.17%、倍率:5.29倍)
  • 2020/08/20 ニューラルポケット
    初値売りによる損益:420,000円
    (騰落率:466.67%、倍率:5.67倍)
  • 2020/08/07 ティアンドエス
    初値売りによる損益:421,000円
    (騰落率:150.36%、倍率:2.50倍)

IPOのポイント

新型コロナウイルスの影響により、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが活性化。
DXは、株式市場でも人気があるテーマです。

ホームページや目論見書には、これでもか!という程、IPOの人気キーワードが並んでおります。

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)
  • AI(人工知能)
  • ロボット&IoT
  • COVID-19対策

ただし、AI関連のインテグレーションサービスに関しては、事業系統図をみると自社開発ではなく外注しているようです。

やや推し過ぎな気がしますが、IPOの内容的にも需給的にも、初値に期待ができそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のある「AI活用」事業。
  • 業績が好調。(決算情報
  • コロナ禍で強い事業内容。
  • 市場からの吸収金額が2.7億円と小さい。吸収金額による実績
  • 直近のAI関連事業のIPOが好調。
  • オファリングレシオが12.4%と低く、当選口数も少ないこと。(需給面良好)
  • 公開株がすべて公募株。売出ゼロ。
  • AI関連のインテグレーションサービスは外注。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍でロックアップが解除(売り圧力)。

9.7 追記。仮条件2,240円 ~ 2,400円に決定。(想定価格 2,240円より7.1%上ブレ↑
初値予想を4,320円 ~ 5,300円に修正。予想利益は19.2万円~29万円です。

目論見書の想定仮条件は2,240円。初値予想は4,000円 ~ 4,900円としました。
予想利益は17.6万円~26.6万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

松井証券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

2019年の幹事数は19社で、全体の2割以上のIPOに申込可能でした。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券もおすすめです。

楽天証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

12月のIPOラッシュによりご質問やご意見が増えております。
こちらのページによくある質問やご意見をまとめていますので、チェックをお願いします。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。