ラストワンマイル(9252):IPO上場情報と初値予想

ラストワンマイル

ラストワンマイルは、インサイドセールスなどを活用した新電力、新ガス、インターネット回線などのインフラサービスの取次販売および自社サービス「まるっとシリーズ」の提供を行っている企業です。

インサイドセールスとは、電話、Web会議、メール等を活用した内勤型の営業活動のこと。

電気やガスなどの生活インフラサービスを中心に利便性の高いサービスを多種多様に提供しています。

ビジネスモデルの概要

インサイドセールスセンターでは、顧客のサービス契約手続きを、1人のオペレーターがワンストップで対応。

引越しワンストップサービスまるっとチェンジ

同社グループは、サービス提供事業者、サービス販売事業者、両方の立場を運営しており、顧客の悩みを一手に解決できることが最大の強みです。提携先企業は3,600社。

設立は2012年6月。
従業員数は2021年9月末で73名、平均年齢は37.2歳、平均勤続年数は3.7年、平均年間給与は466.3万円。
グループは同社と連結子会社2社で構成。


ラストワンマイルのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ラストワンマイルの上場日

B
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:低い
  • 調達金額:小さい

上場日 2021/11/24 (水) 証券コード 9252
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ラストワンマイル(9252)
時価総額
4,672百万円(公開価格で計算)
6,885百万円(初値で計算)

ラストワンマイルのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/11/8 (月) ~ 11/12 (金)

仮条件 1,570円~1,710円 (抽選資金:15.7万円 ~ 17.1万円)
当選口数 4,029口
発行済株式数 2,732,418株 オファリングレシオ 14.7%
公募株数 171,200株 売出株数 179,200株
吸収金額 6.8億円 O.A分 52,500株
仮条件決定日 11/4 (木) 公開価格決定日 11/15 (月)
購入期間 11/16 (火) ~ 11/19 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ラストワンマイルの公開価格と初値

仮条件 1,570円~1,710円
公開価格 1,710円 初値 2,520円
騰落率 47.37%  倍率  1.47倍
初値売り損益 81,000円(2,520円 - 1,710円)× 100株

ラストワンマイルの初値予想と予想利益

ラストワンマイルの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,570円 ~ 1,710円 ※抽選資金:15.7万円 ~ 17.1万円
上限は28.6%上ブレ↑
初値予想 2,060円 ~ 2,410円※11/4 修正
(1.2倍~1.4倍)
予想利益 3.5万円~7万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,330円あたり ※抽選資金:13.3万円あたり
初値予想 1,600円 ~ 1,870円 (1.2倍~1.4倍)
予想利益 2.7万円~5.4万円
送信中...

初値予想アンケート

ラストワンマイル(9252)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,330円)を基準価格としています。

有効回答:237   投票期限:2021/11/23 (火) 23:59まで
3倍以上(3,990円以上)
107票  45%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,325円以上~3,990円未満)
13票  5%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,660円以上~3,325円未満)
15票  6%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,995円以上~2,660円未満)
39票  16%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,596円以上~1,995円未満)
37票  16%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,330円以上~1,596円未満)
14票  6%
投票済み

公募割れ(1,330円未満)
12票  5%
投票済み

ラストワンマイルの主幹事と幹事証券

ラストワンマイルのIPOを取り扱っている証券会社です。

ラストワンマイルの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SBI証券
86.97% 350,400株 2,102口
あかつき証券 3.47% 14,000株 0口
松井証券 1.74% 7,000株 49口
岡三証券 1.74% 7,000株 7口
マネックス証券 0.87% 3,500株 35口
楽天証券 0.87% 3,500株 35口
丸三証券 0.87% 3,500株 3口
東海東京証券 0.87% 3,500株 3口
東洋証券 0.87% 3,500株 3口
極東証券 0.87% 3,500株 0口
水戸証券 0.87% 3,500株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券ネオモバSBIネオトレード証券は、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ラストワンマイルの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年11月 2019年11月 2018年11月
売上高 4,159,442 2,580,909 3,130,056
経常利益 -82,801 246,585 183,841
当期利益 -122,965 165,860 22,853
純資産 813,742 936,707 770,847
配当金
EPS -48.01 64.76 10.18
BPS 317.72 365.73 300.97
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年11月 2019年11月
売上高 7,220,406 8,776,794
経常利益 63,902 137,780
当期利益 19,410 39,648
純資産 808,456 789,046
EPS 7.58 15.48
BPS 315.65 308.07
※EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

ラストワンマイルの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
清水 望 代表取締役社長 1,396,400株
49.39%
(16,000)
179,200株 180日間
株式会社光通信 200,000株
7.07%
- 180日間/1.5倍
株式会社プレミアムウォーターホー ルディングス 186,900株
6.61%
(26,900)
- 180日間/1.5倍
秋月 帥謙 取締役 167,000株
5.91%
(10,000)
- 180日間
渡辺 誠 取締役 108,900株
3.85%
- 180日間
株式会社スマイル 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 106,845株
3.78%
- 180日間
株式会社エアトリ 91,155株
3.22%
- 180日間/1.5倍
SSSEO株式会社 64,800株
2.29%
- 180日間/1.5倍
株式会社ベクトル 62,500株
2.21%
- 180日間/1.5倍
100キャピタル1号 投資事業有限責任組合 VC 62,500株
2.21%
- 180日間/1.5倍
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ラストワンマイルと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2021/11/19 AB&Company初値売り損益:-9,000円
    (騰落率:-6.04%、倍率:0.94倍)
  • 2021/11/18 GRCS初値売り損益:180,000円
    (騰落率:50%、倍率:1.50倍)
  • 2021/09/29 プロジェクトカンパニー初値売り損益:85,000円
    (騰落率:32.08%、倍率:1.32倍)
  • 2021/09/28 リベロ初値売り損益:54,000円
    (騰落率:38.57%、倍率:1.39倍)
  • 2021/09/28 デジタリフト初値売り損益:54,000円
    (騰落率:34.39%、倍率:1.34倍)

IPOのポイント

引っ越しに関する様々な手続きを「まるっとシリーズ」の提供を行い、顧客から月額の利用料金を徴収し得た収益を「ストック型収益」、契約取次等により得た手数料を収益とするモデルを「フロー型収益」として定義。

ストック収益とフロー収益

経営戦略として安定的な収益につながるストック型収益を伸ばすと書かれておりましたが、事業内容的にどうなんでしょうか。

主要販売先はこちら。

主要販売先

新生活サービスの事業内容に近いのは、今年9月に上場したリベロ
リベロは主要顧客がソフトバンクとNTTぷららでした。

ラストワンマイル(9252) リベロ(9245)
主要顧客 ブロードサポートとプレミアムウォーター ソフトバンクとNTTぷらら
創業 2012年6月 2009年5月
時価総額 3,634百万円
(想定価格)
7,361百万円
(公開価格)
公開価格 1,330円あたり 1,400円
初値 - 1,940円
(騰落率38.5%)
吸収金額 5.3億円あたり 7.6億円
オファリングレシオ 14.7% 10.4%
主幹事 SBI証券 SMBC日興証券

業績はリベロのほうがよいかなと思います。個人的にはリベロが参考となり、似たような初値になるかなと思っています。(リベロは4社同時上場かつ市場が不安定でした)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立

11.4追記。仮条件が想定発行価格(1,330円)より28.6%と大幅な上振れ決定(1,570円 ~ 1,710円)したので、初値予想を2,060円 ~ 2,410円に修正しました。予想利益は3.5万円~7万円です。

目論見書の想定仮条件は1,330円。初値予想は1,600円 ~ 1,870円としました。
予想利益は2.7万円~5.4万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに43回当選しています。(全当選数の44.3%)

松井証券SBIネオトレード証券岡三オンライン証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

特に松井証券は、IPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(4割目標)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。