auカブコム証券は全体の2~3割の委託幹事(ウラ幹事)に

auカブコム証券

auカブコム証券は、大手ネット証券会社のひとつです。

三菱UFJフィナンシャルのグループ力を活かしたサービスを展開しています。

リスク管理追及を経営理念としており、株価の下落時にも対応できるさまざまな自動売買注文システムが用意されています。

2019年12月に「カブドットコム証券」から社名変更。KDDIがauカブコム証券に49%出資。

auカブコム証券はリスク管理がテーマの証券会社

auカブコム証券は、リスク管理の代名詞である「自動売買」で、多くの特許を取得しています。

「リレー注文」など、独自の注文方法も利用可能です。

取引手数料も取引しやすい価格となっています。

インターネット取引の場合。(税抜 / 2019.10.1時点)
10万円 20万円 50万円 100万円
90円 180円 250円 990円

auカブコム証券の多彩な注文方法については、姉妹サイトにて詳しく紹介しています。

auカブコム証券の幹事数は2~3割

auカブコム証券の直近3年間のIPO実績です。

全体の2~3割のIPOを取り扱っています。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

IPO承認から数日後にIPOの取扱いが発表され、IPOの抽選時にライバルが少なくなりやすいです。

予定IPO

の予定IPOです。

auカブコム証券

委託販売(幹事)がグループ会社からまわってくる

auカブコム証券のIPOは、同じグループ会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券から委託販売が回ってきます。(一部、取り扱わない場合あり)

よってIPOの承認時には、目論見書の引受幹事にauカブコム証券の名前が載りません。

これによりauカブコム証券から、IPOの申し込みができることに気づかず見逃す人がいらっしゃいます。

IPOの取り扱い情報を見逃さないためには、auカブコム証券に口座開設をし、IPO関連のメールを受け取るに設定しておくと、メール通知が来るので便利です。

auカブコム証券は平等抽選

auカブコム証券は、IPOの抽選方式に平等抽選を採用しています。

100株だけ申し込んでも、3倍の300株 申し込んでも当選確率は一緒です。

平等抽選で庶民にも優しい!

つまり、投資資金量に左右されず「運」があれば当選します。

カブスルはIPOに1回だけ当選しています。

auカブコム証券に口座開設しよう

IPOの当選を目指すには、auカブコム証券にも口座開設しておきましょう。

  1. 投資資金の大小に左右されない平等抽選。
  2. 幹事数は全体の2~3割。
  3. 目論見書に掲載されず、気づきづらい委託幹事証券。

三菱UFJフィナンシャルのグループ力は抜群で、IPOの幹事数は割と多いです。

IPOの当選機会を増やすにはauカブコム証券の口座開設も欠かせません。

auカブコム証券


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。