IPOの当選パターンは2つ。一般人と金持ちではアプローチが違う

IPOの当選パターンは、2パターンです。

  1. ネット証券でブックビルディングに参加し、「抽選」で「当選」する。
  2. 店頭型証券会社の「担当者(営業マン)」から「割当(配布)」してもらう。

一般の方が IPOを公募価格で手に入れるには、「IPOの抽選で当選を果たす」 方法がおすすめです。

IPOの当選パターン

庶民のIPOの当選のコツも、抽選による攻略法を中心に紹介しています。

1. ネット証券のブックビルディングに参加する

一般の方におすすめなのが、IPOのブックビルディングに参加して当選を狙う方法です。

  • ネット証券から、ブックビルディング参加。
  • 店頭証券のオンラインサービスから、ブックビルディング参加。

ネットサービス経由のブックビルディングは、各証券会社の抽選方式に基づいた抽選が行われ、当選者が決まります。当選するとIPO株を購入できます。

ネット証券のIPO参加がおすすめ

抽選方式は各証券会社で違う

抽選方式は各証券会社で違います。

一般の方は、投資資金の大小に関係なく抽選が行われる「平等抽選」を採用している証券会社がおすすめです。

平等抽選では資金の大小に当選が左右されません。

抽選方式は大きく分けて3つ。

  1. 平等抽選方式
    証券口座に抽選権が1つ与えられる「一人一票制」!
    投資資金(抽選資金)の大小に関係なく公平に抽選が行われます。
    運だけで当選するので、カブスルのおすすめです。
    マネックス証券SMBC日興証券など。
  2. 口数比例方式
    一口の応募につき抽選権が1つ与えられ、応募口数が多いほど当選確率が上がります。
    つまり抽選資金が多いほど有利です。
    SBI証券など。
  3. ステージ制(個人優遇)
    預け残高やこれまでに支払った手数料などにより、当選確率が変わります。
    岡三オンライン証券など。

大きく分けると、上記3つになりますが「1」の「平等抽選方式」が 投資資金量が関係なく運だめしの抽選になるのでおすすめです。

庶民のカブスルの当選回数69回。うち、平等抽選方式の当選回数が52回で全体の75.4%になります。

2.店頭型証券会社の「担当者(営業マン)」からの「割当(配布)」

営業マン

店頭型の証券会社の担当者(営業マン)から「割当(配布)」されたIPOを購入します。

「自分からIPOが欲しい」とお願いする場合と、「担当者からIPOを購入してほしい」とお願いされる場合があります。

「自分からIPOが欲しい」とお願いする場合

担当者により割当(配布)できるIPOの数量は決まっています。
よって、基本的には お得意様より割当(配布)していきます。

お得意様というのは、証券会社に預けている資産が多かったり(1億円以上が目安)、投資を活発に行っている方や、担当者が薦めてきた投資信託を積極的に購入している方になります。

つまり、担当者の売上実績に貢献している方になります。

お得様であれば、IPOは手に入りやすいです。

逆にいえば、お得意様でない場合、「欲しい」とお願いしても配布されることはまずありません

参考までに

Twitterでみかけた現役証券マンのつぶやきです。

現役証券マンのつぶやき 現役証券マンのつぶやき2

言葉は悪いですがおそらく本音ですし、気持ちも分かります。
人気IPOはお得意さんじゃないともらえませんのでご注意を。

「担当者からIPOを購入してほしい」とお願いされる場合

上記のとおり、通常は欲しいと言っても一般の方では手に入らないIPOですが、たまに担当者の方から「IPOを購入しませんか?」と営業される場合があります。

それは どんな時かと言うと・・・

  • 人気がないIPO
  • 公開株数(割当数)が非常に多いIPO

つまり、担当者が公開株数(割当数)を さばききれないため、一般の方にも購入を薦めてきます。

ただし、そのようなIPOは人気のない場合が多いです。
公募割れのリスクも高いため、購入は慎重に判断する必要があります。

(例)
2014年に上場を果たした「ジャパンディスプレイ」は 公開株数が約350万口もありました。
公募価格900円に対し、初値は769円と公募割れ。100株あたり1万3千円の損失となりました。

公募割れのリスクが高いIPOを、担当者から購入して損失を出す方は少なくありません。
断りづらいのが日本人ですが、損をしない為に きちんと断るようにしましょう。

営業電話が来るのも、店頭型証券会社のデメリットになります。

一般の方は人気IPOをもらえず、不人気IPOを押し付けられる可能性があるので、「1」のネット証券会社がおすすめになります。

まとめ:一般の方は抽選でIPOを手に入れよう!

これまでの説明でお分かり頂けたと思いますが、一般の方は、

  1. 投資資金に当選が左右されない。
  2. 運だけで当選を狙える。
  3. 人気IPOも購入できるチャンスあり。

こちらの条件を満たしている、平等抽選を採用している証券会社がオススメです。

カブスルの当選回数69回。
うち、平等抽選方式の当選回数が52回で全体の75.4%になります。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。