IPOの当選パターンを知る

IPOを公募価格で手に入れるパターンを把握しておきましょう。
大きく分けると 2パターンあります。

  1. ブックビルディングに参加し「抽選」で「当選」を果たす。
  2. 店頭型証券会社の「担当者(営業マン)」から「割当(配布)」してもらう。

一般の方が IPOを公募価格で手に入れるには「1」の「抽選で当選を果たす」になります。当サイトの攻略法もこの「1」に関する攻略法をメインとして紹介しています。

1. ブックビルディングに参加し「抽選」で「当選」を果たす。

IPOが上場を果たすまでには一連の流れがあります。

私たちがIPOを公募価格で手に入れる為には「ブックビルディング(需要申告)」に参加する必要があります。

ブックビルディング参加者の中から、各証券会社の抽選方式に基づいた抽選が行われ、当選者が決まります。当選を果たすと、IPOを公募価格で購入する権利が与えられ、購入する事が出来ます。

抽選方式は各証券会社でルールが違う

抽選方式は色々ありますが、一般の方は投資資金の大小に関係なく抽選が行われる「公平抽選」を行っている証券会社が当選確率も上がるので おすすめです。

参考までに抽選方式は大きく分けて、

  1. 口座(1人)に抽選権が1つ与えられ、資金量に関係なく公平に抽選が行われれる「公平抽選方式」
    (例)「マネックス証券」や「SMBC日興証券」など。
  2. 一口の応募につき抽選権が1つ与えられ、応募口数が多いほど当選確率が上がる「口数比例方式」
    (例)「SBI証券」など。
  3. 預け残高やこれまでに支払った手数料などにより、当選確率が変わる「ステージ制(個人優遇)」
    (例)「楽天証券」や「岡三オンライン証券」など。

などがあります。

2.店頭型証券会社の「担当者(営業マン)」からの「割当(配布)」

営業マン

店頭型の証券会社の担当者(営業マン)から「割当(配布)」されたIPOを公募価格で購入します。

こちらは、「自分からIPOが欲しい」とお願いする場合と、「担当者からIPOを購入して欲しい」とお願いされる場合があります。


「自分からIPOが欲しい」とお願いする場合

担当者により割当(配布)出来るIPOの数量は決まっています。
よって、基本的には お得意様より割当(配布)していきます。

お得意様というのは、証券会社に預けている資産が多かったり、投資を活発に行っている方や、担当者が薦めてきた投資信託を積極的に購入している方になります。

その証券会社(担当者)の お得様であれば、IPOは公募価格で手に入りやすいですが、お得意様でない場合、「欲しい」とお願いしても配布されることはまずありません

「担当者からIPOを購入して欲しい」とお願いされる場合

上記の通り、通常は欲しいと言っても一般の方では手に入らないIPOですが、たまに担当者の方から「IPOを購入しませんか?」と営業される場合があります。

それは どんな時かと言うと・・・

  • 人気がないIPO
  • 公募株(売出株)が非常に多いIPO

どちらも担当者が公募株(売出株)を さばききれない為、一般の方にも購入を薦めてきます。

ただし、そもそもが人気のないIPOですので損失を出すリスクもある為、薦めてきたIPOの購入の判断は慎重に行う必要があります。

(例)
2014年に上場を果たした「ジャパンディスプレイ」は公募株数が1億4千株もありました!
公募価格900円に対し、初値は769円と公募割れになり、担当者から購入した方は損失になりました。

一般の方は、ブックビルディングの抽選で当選狙い!

これまでの説明でなんとなくお分かり頂けたと思いますが、「一般の方」は人気の高いIPOを担当者(営業マン)から配布してもらえる事は ほぼ皆無です。逆に、不人気のIPOを売りつけられる可能性の方が高いです。

よって、「1」のブックビルディングによる抽選で人気IPOの当選を狙うのがおすすめです。

「投資資金が豊富な方(1億円以上かな?)」は店頭型の証券会社から人気のIPOを割当してもらいやすいです。