IPO「日本郵政」(6178)

日本郵政

日本郵政」は、日本郵便株式会社・株式会社ゆうちょ銀行・株式会社かんぽ生命保険などからなる日本郵政グループの持株会社です。

日本郵政グループ3社の上場となりました。

参考:IPO「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」の比較初心者の株式投資道場


IPO「日本郵政」の上場日

C
  • IPO人気:なし
  • 当選口数:多い
  • 売出比率:高い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割安
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2015/11/4 (水) 証券コード 6178
市場 東証一部 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
日本郵政(6178)

IPO「日本郵政」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2015/10/8 (木) ~ 2015/10/23 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 1,100円~1,400円 (抽選資金:11万円 ~ 14万円)
当選口数 4,950,000口
公募株数 0株 売出株数 495,000,000株
吸収金額 6,930億円 O.A分 0株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「日本郵政」の公募価格と初値

公募価格 1,400円 初値 1,631円
騰落率 16.50%  倍率  1.17倍
初値売りでの損益 23,100円(1,631円 - 1,400円)× 100株

日本郵政の「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「日本郵政」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「日本郵政」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
(委託含む)

備考

上場規模がとても大きい為、ほとんどの証券会社で日本郵政グループのIPOの取扱いを行っています。
※システム上、主幹事証券は代表として「野村證券」となっておりますが、実際は「SMBC日興証券」など11社が主幹事証券となっています。

IPO「日本郵政」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年3月 2014年3月 2015年3月
売上高 265,304 272,988 251,919
経常利益 125,666 147,837 149,298
当期利益 145,228 155,090 131,181
純資産 8,602,843 8,719,384 8,744,456
配当金 257.00 290.00 334.00
EPS 968.19 34.46 29.15
BPS 57,352.29 1,937.64 1,943.21
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2014年3月 2015年3月
売上高 15,240,126 14,258,842
経常利益 1,103,603 1,115,823
当期利益 479,071 482,682
純資産 13,388,650 15,301,561
EPS 106.46 107.26
BPS 2,974.91 3,399.74
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「日本郵政」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証一部」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2014/12/15 上場テクノプロHD… 初値売りによる損益:-9,800円(騰落率:-5.03%、倍率:0.95倍)
  • 2014/10/16 上場リクルートHD… 初値売りによる損益:7,000円(騰落率:2.26%、倍率:1.02倍)
  • 2006/12/12 上場ダスキン… 初値売りによる損益:0円(騰落率:0%、倍率:1.00倍)
  • 2006/11/01 上場アコーディア・ゴルフ… 初値売りによる損益:-7,000円(騰落率:-3.59%、倍率:0.96倍)
  • 2006/03/17 上場テンプスタッフ… 初値売りによる損益:18,000円(騰落率:11.76%、倍率:1.12倍)

管理人のコメントby 日本郵政

上場前

親子3社の同時上場として、2015年度もっとも注目されているIPO株の上場となります。

日本郵政」が親会社。「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」は子会社になります。

「PBR」も想定発行価格で0.4倍と、同業他社に比べて割安です。

参考までに郵政グループ3社を本サイトにて比較しています。

懸念事項としては、知名度 抜群の郵政グループですが、IPO株は安定企業よりは「成長性」や「将来性」がテーマの株に人気があります。
また、日本株市場が中国リスク等の懸念により不安定な点もマイナス材料となっています。

上場後

公募価格1,400円に対して初値は1,631円
騰落率:16.5%、倍率は1.17倍になりました。

初値売りによる利益額は23,100円になります。

郵政グループ3社の中では、残念ながら一番人気がなかった(公募割れリスクもささやかれていた)、親会社の「日本郵政」ですが、事前の評価に比べてかなり健闘した初値となりました。

初値形成後は、同社が保有する「かんぽ生命保険」の株価が後場にストップ高になったいきさつもあり、日本郵政にも買い注文が集まりました。(出来高は全銘柄中1位)