ロコガイド(4497):IPO上場情報と初値予想

ロコガイド

ロコガイドは、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営を行っている企業です。

  • 小売企業
    新聞折込チラシの画像データやお買い得商品などを掲載することによる販促支援サービス。
    情報掲載プランは、無料掲載と月額5,000円の有料掲載プランあり。
  • ユーザー
    地域の食品スーパーマーケットや、ドラッグストア、ホームセンターといった小売店舗の情報を無料で閲覧。

SaaS型プラットフォームのサービスで、有料版は基本情報掲載に加えて、クーポンやお知らせなど掲載できる情報が増え、また優先的にサイト内で表示されます。

有料契約者数

設立は2016年7月。
従業員数は2020年4月末で80名、平均年齢は34.7歳、平均勤続年数は2.5年、平均年間給与は591.7万円。

4月9日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。


ロコガイドの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ロコガイドの上場日

B
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:高い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2020/6/24 (水) 証券コード 4497
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ロコガイド(4497)

ロコガイドのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/6/8 (月) ~ 6/12 (金)

仮条件 6/4 (木)に決定
当選口数 25,907口
発行済株式数 7,040,000株 オファリング・レシオ 36.7%
公募株数 2,346,700株 売出株数 0株
吸収金額 46.6億円あたり O.A分 244,000株
仮条件決定日 6/4 (木) 公募価格決定日 6/15 (月)
購入期間 6/16 (火) ~ 6/19 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ロコガイドの初値予想と予想利益

ロコガイドの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,800円あたり ※抽選資金:18万円あたり
初値予想 1,890円 ~ 2,060円
予想利益 9,000円~2.6万円
送信中...

初値予想アンケート

ロコガイド(4497)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,800円)を基準価格としています。

有効回答:38   投票期限:2020/6/23 (火) 23:59まで
5,400円以上(3倍以上)
2票  5%
投票済み

4,500円以上~5,400円未満(2.5倍以上~3倍未満)
2票  5%
投票済み

3,600円以上~4,500円未満(2倍以上~2.5倍未満)
5票  13%
投票済み

2,700円以上~3,600円未満(1.5倍以上~2倍未満)
10票  26%
投票済み

2,160円以上~2,700円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
9票  24%
投票済み

1,800円以上~2,160円未満(1倍以上~1.2倍未満)
5票  13%
投票済み

1,800円未満(公募割れ)
5票  13%
投票済み

ロコガイドの主幹事と幹事証券

ロコガイドのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないマネックス証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

また、野村證券は、抽選時に資金が必要ない証券会社で気軽に参加できます。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ロコガイドの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月 2017年3月
売上高 1,008,807 500,887 267,780
経常利益 145,684 -200,017 -19,018
当期利益 156,625 -200,547 -19,236
純資産 338,131 -30,960 164,975
配当金
EPS 23.55 -36.86 -1,658.74
BPS 45.60 -6.53 12,130.55
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ロコガイドの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
穐田 誉輝 90.29% 90日間 / 1.5倍
沖本 裕一郎 4.04% 90日間 / 1.5倍
前田 卓俊 1.33%
片桐 優 0.90%
池田 拓司 0.66%
林 展宏 0.27%
小野寺 康崇 0.19%
青山 哲也 0.19%
根岸 義輝 0.19%
菅間 淳 0.16%

直近の類似IPOの上場結果

ロコガイドと同じホットワードがついたIPOの上場結果です。

直近のSaaS」がついたIPOのIPO結果です。

  • 2019/12/17 フリー
    初値売りによる損益:50,000円
    (騰落率:25%、倍率:1.25倍)
  • 2019/12/16 ランサーズ
    初値売りによる損益:11,200円
    (騰落率:15.34%、倍率:1.15倍)
  • 2019/10/08 HENNGE
    初値売りによる損益:60,100円
    (騰落率:42.93%、倍率:1.43倍)
  • 2019/09/24 Chatwork
    初値売りによる損益:-12,000円
    (騰落率:-7.50%、倍率:0.93倍)
  • 2019/09/20 ギフティ
    初値売りによる損益:38,000円
    (騰落率:25.33%、倍率:1.25倍)

ロコガイドと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/03/26 サイバーセキュリティクラウド
    初値売りによる損益:471,000円
    (騰落率:104.67%、倍率:2.05倍)
  • 2020/03/10 ビザスク
    初値売りによる損益:-19,000円
    (騰落率:-12.67%、倍率:0.87倍)
  • 2019/12/25 AI inside
    初値売りによる損益:900,000円
    (騰落率:250%、倍率:3.50倍)
  • 2019/12/20 スペースマーケット
    初値売りによる損益:71,600円
    (騰落率:121.36%、倍率:2.21倍)
  • 2019/12/18 JTOWER
    初値売りによる損益:102,000円
    (騰落率:63.75%、倍率:1.64倍)

IPOのポイント

ロコガイドのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

4月9日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。

コロナ禍が及ぼす影響について、同社の認識は次の通りです。(太字はカブスルにて強調)

新型コロナウイルスの感染拡大等に関して、現時点において当社の主な取引先である食品スーパーマーケット等の生活必需品を取り扱う小売業の業績は堅調に維持されており、当社の事業への影響は僅少であると認識しております。

しかし、今後新型コロナウイルスの感染拡大が長期化し、世界的リセッションへと推移した場合には、当社の事業展開、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

3蜜を避けるため、スーパーではチラシを打たず、来客の分散を促しています。
コロナ禍が終われば、チラシは従来通り戻りアプリの利用者も増えると思います。
そういった需要を取り込むのに、6月上場は良いタイミングかもしれません。

ロゴ

ロコガイドのCEOはクックパッド元社長の穐田氏。
2016年にクックパッドより新設分割により設立。なんとなくロゴの雰囲気が似ていますね。

まだわずか第三期ですが、黒字化を達成しています。

旧会社名はトクバイ。2019年8月1日より社名がロコガイドになっています。

余談ですが、我が家は日経新聞しかとっていません。
よって、妻がチラシが見られない!とライバルサイトの「Shufoo!(シュフー)」を利用しています。

同様に、新聞を購読しない世帯では、チラシアプリを利用してお得情報をGETしていると思われます。

比較サイトの感想では、店舗数の多さはシュフー、使い勝手はトクバイに軍配が上がっていました。

唯一、気になるのが調達資金の大きさ。(46億円)

使途は、販売促進費や人件費などに利用されるようです。

参考までに、Twitterでアンケートをとらせていただきましたが、認知度はシュフーに比べると低いです。
今回の上場で知名度が上がれば利用者数も増えそうです。(調達した資金で TV CMでもうつのかな?)

参考までに中止時と今回との比較です。
ややサイズ感は小さくなりました。

  • 想定価格:2,640円→1,800円。
  • 吸収金額:68.3億円 → 46.6億円。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

コロナ禍の影響がどこまで続くのか見えず、やや弱気の評価と予想です。
(例年ならAかBで迷う)

  • IPOファン待望の再承認!(4/6の松屋R&D以来。約2ヵ月半ぶり
  • 業績は三期目で黒字化。(決算情報
  • SaaS型プラットフォームはIPOで人気あり。
  • 公開株がすべて公募株。売出ゼロ。
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 市場からの吸収金額が46.6億円と非常に大きい。吸収金額による実績
  • 同日に3社が上場。
  • ライバルのシュフーより認知度低い。逆に言えばシェアの拡大余地あり。

目論見書の想定仮条件は1,800円。初値予想は1,890円 ~ 2,060円としました。
予想利益は9,000円~2.6万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

幹事数が増えてきた楽天証券も、狙い目です。

前回は委託幹事にライブスター証券auカブコム証券が決まっていました。今回もおそらく同様になるかと思います。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。