pluszero(プラスゼロ)(5132):IPO上場情報と初値予想

pluszero(プラスゼロ)

pluszero(プラスゼロ)は、AIを中心としてIT・ハードウェア等の各種テクノロジーを統合的に活用したソリューションを提供する「ソリューション提供事業」を展開している企業です。

事業内容

プロジェクトマネージャーを中心にして、文系・理系の知見を融合した「文理融合型」のメンバーが従事。
様々なパターンのAIのプロジェクトに対応。

文理融合型のメンバーの多くは大学生・大学院生を中心としたインターン生。
インターン生を活用する理由といたしましては、日々研究を行っているインターン生が日進月歩で技術革新が進むAI分野において、最新の知見を有しているため。

売上高の96%を占める「プロジェクト型」のソリューション提供事業では、下記の8つの領域についてのソリューションを提供。

プロジェクト型の特徴

設立は2017年6月。
従業員数は2022年8月末で64名、平均年齢は30.9歳、平均勤続年数は2年、平均年間給与は623.6万円。


pluszero(プラスゼロ)のIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

pluszero(プラスゼロ)の上場日

B
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2022/10/28 (金) 証券コード 5132
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス pluszero(プラスゼロ)(5132)
時価総額
3,450百万円(想定価格で計算)

pluszero(プラスゼロ)のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/10/13 (木) ~ 10/19 (水)

仮条件 10/12 (水)に決定
当選口数 5,414口
発行済株式数 2,500,000株 オファリングレシオ 21.6%
公募株数 375,000株 売出株数 96,000株
吸収金額 7.4億円あたり O.A分 70,400株
仮条件決定日 10/12 (水) 公開価格決定日 10/20 (木)
購入期間 10/21 (金) ~ 10/26 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

pluszero(プラスゼロ)の初値予想と予想利益

pluszero(プラスゼロ)の初値予想と予想利益です。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,380円あたり ※抽選資金:13.8万円あたり
初値予想 1,580円 ~ 1,930円 (1.1倍~1.4倍)
予想利益 2万円~5.5万円
送信中...

初値予想アンケート

pluszero(プラスゼロ)(5132)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,380円)を基準価格としています。

有効回答:49   投票期限:2022/10/27 (木) 23:59まで
3倍以上(4,140円以上)
23票  47%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,450円以上~4,140円未満)
7票  14%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,760円以上~3,450円未満)
3票  6%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,070円以上~2,760円未満)
5票  10%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,656円以上~2,070円未満)
5票  10%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,380円以上~1,656円未満)
5票  10%
投票済み

公募割れ(1,380円未満)
1票  2%
投票済み

pluszero(プラスゼロ)の主幹事と幹事証券

pluszero(プラスゼロ)のIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


pluszero(プラスゼロ)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年10月 2020年10月 2019年10月
売上高 507,617 381,785 87,855
経常利益 -78,687 -26,580 13,117
当期利益 -79,217 -27,110 10,256
純資産 127,768 206,986 26,392
配当金
EPS -37.62 -12.97 1,025.61
BPS 60.69 98.32 2,639.23
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

pluszero(プラスゼロ)の上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
小代 義行 代表取締役 710,340
29.97%
24,000 180日
森 遼太 代表取締役 437,400
18.46%
24,000 180日
永田 基樹 取締役 437,400
18.46%
24,000 180日
小代 愛 代表取締役の配偶者 220,000
9.28%
24,000 180日
(株)アビスト 105,200
4.44%
- 180日
野呂 祥 従業員 56,300
2.38%
- 90日
堀内 暢之 従業員 27,500
1.16%
- 90日
池下 克彦 従業員 20,020
0.84%
- 90日
潮 恵輔 20,020
0.84%
-
(株)AAKRエンリッチ 20,000
0.84%
-
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

pluszero(プラスゼロ)と市場と業種が同じIPOの上場結果。

直近の「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2022/09/30 グッピーズ初値売り損益:47,000円
    (騰落率:30.32%、倍率:1.30倍)
  • 2022/09/29 ポーターズ初値売り損益:170,500円
    (騰落率:108.60%、倍率:2.09倍)
  • 2022/09/28 ファインズ初値売り損益:90,300円
    (騰落率:50.17%、倍率:1.50倍)
  • 2022/09/16 eWeLL初値売り損益:221,000円
    (騰落率:130%、倍率:2.30倍)
  • 2022/07/28 unerry初値売り損益:171,000円
    (騰落率:132.56%、倍率:2.33倍)

IPOのポイント

第一期の決算が2019年3月だったので若い企業かな?と思いましたが、設立自体は2017年6月のよう。
自社の新設分割、清算、合併を経て現在へ。

目論見書に第4世代AIという用語が。いつの間にでたんだ第4世代は。

第1世代AI~第4世代AIの特色

同社は、「仮想人材派遣」という面白そうな新規事業の立ち上げを試みています。
ITの運用・保守業務は、失敗が一切許されなかったり、関係者のITリテラシーに応じた柔軟なコミュニケーションが求められたりすることが多いため、従来の解釈性の低いAIが適用しにくい領域ですが、人材不足を解決する手段として、サービスの提供を試みているよう。

ソリューション/テクノロジー/収益モデル

とはいえ、現状では売上高の98%を占める「プロジェクト型」がメイン事業なので、そちらに注目。

IPOとしては需給的に価格が上昇しやすいですが、業績をみるとやや不安な面も。
グロース市場は9月22日時点で、やや軟調に推移しており、上場日までに回復傾向になければ同社の初値も弱くなるかもしれません。(まさIPOの評価としてはプラマイゼロ)

マザーズ指数(6ヵ月)
チャートはマザーズ指数(6ヵ月)

個人的に初値は市況次第かなと思っています。
資金がIPOに入ってくる状況(グロース活況)だと同社の初値は需給的に上昇しやすく、業績をみて判断されるような市況だと買い注文が入りづらそう。SaaS事業のような分かりやすいKPIがないのも判断しづらい理由のひとつ。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • IPOで人気のあるIT関連企業
  • 仮想人材派遣事業に今後期待
  • 需給が絞られており初値が上昇しやすい
  • 市場からの吸収金額が7.4億円と小さい吸収金額による実績
  • オファリングレシオが21.6%とやや低いオファリングレシオによる実績
  • 業績が微妙(上下のブレがある)
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調。特に赤字企業は厳しい株価に
  • 設立まもない若い企業(2017年6月)
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い

目論見書の想定仮条件は1,380円。初値予想は1,580円 ~ 1,930円としました。
予想利益は2万円~5.5万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは18回 IPOに当選。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに68回当選しています。(全当選数の58.6%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

大和証券が主幹事となっていますので、委託幹事としてCONNECTが後日 決まるかと思います。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは2回当選)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。