岡三オンライン証券は幹事数が多く抽選資金不要なのが魅力

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券 は、もうすぐ創業100周年を迎える岡三証券グループのネット証券会社です。

スマートフォンやタブレットで利用できる取引ツールに定評があります。

電車などの通勤途中や会社の休憩中でも、情報の確認や取引ができます。


委託幹事数が多く、IPOの抽選に資金不要で参加できます。

IPO初心者でも、証券会社への入金ゼロで気軽に参加できる証券会社です。

1日の約定代金50万円以下の取引手数料が無料

岡三オンライン証券は、取引手数料プランが2タイプ。

定額プランでは、1日の約定代金合計が50万円以下なら、取引手数料が無料です。

1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる定額プラン。(税抜 / 2019.12.23時点)

~50万円 ~100万円 ~200万円
無料 800円 1,300円

1注文の約定代金に対して手数料がかかるワンショット。(税抜 / 2019.12.23時点)

~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
99円 200円 350円 600円

1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「定額プラン」は、50万円以下の手数料が無料です。

手数料プランは1日ごとに切替が可能です。
IPOしか取引しないのであれば、定額プランがおすすめです。

岡三オンライン証券の幹事数は5割

岡三オンライン証券の直近3年間のIPO実績です。

岡三グループのネット証券ですので、岡三証券から委託としてIPOの割当が回ってきます。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

委託幹事は気付かない人も多く、IPOの抽選に参加するライバルが少なくなりやすいです。

全体の4~5割という多い幹事数になり、ココ数年間で存在感が増してきました。

岡三オンライン証券

予定IPO

の予定IPOです。

岡三オンライン証券は資金ゼロでもIPOに参加できる

岡三オンライン証券は、抽選時に前受金が必要ありません。

つまり 証券会社への入金がゼロでも、IPOの抽選に参加できます。

IPOで抽選資金が不要なので庶民に優しい!

IPOに当選した場合、IPO株を購入する購入資金を用意(入金)して、購入申込をします。

IPOの流れ
岡三オンライン証券のIPOの流れ

つまり、証券会社への入金は抽選に当選してからでOKです。

入金ゼロは参加するハードルが低くなるので、IPO初心者や投資資金が少ない方にもオススメです。
是非、運試しで気軽に参加してみてください。

ステージ制の抽選方式

過去の取引実績に応じて、「ステージS」「ステージA」「ステージB」の3ステージに分けられます。

抽選 配分
第一抽選 ステージS
第二抽選 ステージS、ステージA
第三抽選 ステージS、ステージA、ステージB

ステージSは3回当選チャンスがあり、ステージBは1回だけ当選チャンスがあります。

3ヵ月間の判定期間中により、ステージが決定します。

ステージの種類 判定基準
ステージS
  • 一度でも信用取引手数料優遇コース「プレミアゼロ」または「プラチナ」が適用。
  • 判定期間中の手数料合計が100万円以上。
ステージA 判定期間中の手数料合計が10万円以上100万円未満。
ステージB 判定期間中の手数料合計が10万円未満。

IPOの抽選のみ参加される人は、ステージBになります。(カブスルはステージB)

岡三オンライン証券に口座開設しよう

IPOの当選確率を上げるには、穴場的存在である岡三オンライン証券の口座開設もしておきましょう。

  1. 幹事数が全体の40%~50%と多い。
  2. ブックビルディング時に入金が必要ない。
  3. 委託幹事でライバルが少ない。

口座開設者数が大手ネット証券会社より少なく、相対的に当選確率が高くなります。

また、IPOの抽選時に資金が必要ないところが大きな魅力である証券会社です。

最短で当日に口座開設、翌日に取引が可能です。

岡三オンライン証券


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。