IPOが決定するまでの流れ

IPOの一連の流れについて こちらでザックリと説明させて頂きます。

準備中
  1. IPO(上場)予定企業」と「主幹事証券会社」が IPO(上場)の準備をする
  2. 監査法人の監査を受ける
  3. 証券取引所に上場申請を行う
  4. 承認されてIPO(上場)を迎える

詳しい上場の流れや審査基準を確認したい方は「新規上場ガイドブック(日本取引所グループ)」をご確認下さい。

この一連の流れは数年かかっている事が多いです。
上場には証券取引所の厳しい審査があり、そちらの対応等に時間がかかるわけです。

個人投資家がIPOに参加するまでの流れ

IPOがいよいよ承認されたら、上場予定日に上場を果たします。
IPOの承認から私たち個人投資家がブックビルディング(抽選)に参加するまでの流れは下記となります。

IPOを購入するまでの流れ
本サイト「初心者の株式投資道場」より

上記がIPOの流れになりますが、よく分からない言葉が出てきたと思います。
下記にてそれぞれの専門用語について説明させて頂きます。

仮条件とは?

仮条件とは、IPOを行う企業の「公募価格」をいくらにするか?を決める為の値幅です。

仮条件は仮条件決定日に決まります。
企業の公募価格(下記で説明)はこの仮条件の価格帯の中から決定します。

仮条件は主幹事証券会社が、事前に機関投資家や銀行に企業をいくらなら買いたいか?をヒアリングして決めています。

ブックビルディングとは?

「ブックビルディング」から、私たち 個人投資家の出番です (  ̄∇ ̄)

先ほどの仮条件で決められた 株価の値幅の中から「IPO銘柄を■■円で▲▲株 買いたい!」と需要申告します。
この 需要申告の事をブックビルディングと言います。

(例)IPOを行う企業の仮条件「2,000円 ~ 2,500円」。単元株 100株の場合。

抽選に参加
  • Xさん 「2,000円 で 100株 購入したい」
  • Yさん 「2,200円 で 300株 購入したい」
  • Zさん 「2,500円 で 100株 購入したい」

それぞれ、希望の株価と株数を申告します。

ブックビルディングは企業の「主幹事」および「引受幹事証券会社」にて行う事が出来ます。
なお、ブックビルディングの期間は5日間程度となっております。

ブックビルディングに参加しないと IPOの当選(割当)は ありませんので、忘れずにブックビルディングの期間中に参加するようにしましょう。

公募価格(公開価格)とは?

「公募価格」は「公開価格」とも言われます。

ブックビルディングで需要申告された「購入希望株価」と「購入希望株数」を考慮して IPOを行う企業の「公募価格」を決定します。

ちなみに、公募とは募集という意味です。つまり、「募集」された「価格」=「公募価格」となります。

上場前のIPOは「公募価格」で購入します。※当選しないと公募価格で購入出来ません。

上場時に公募価格よりも株価が騰がれば利益が出ますし、公募価格よりも株価が下がれば損失になります。

抽選とは?

抽選のイメージです

IPOは「当選口数」が決まっています。

ブックビルディングにて需要を申告してもらうわけですが、当選口数より応募口数が多かった場合、抽選により当選者を決定します。


抽選に関しては、各証券会社で抽選方式が異なります。
1人1票の公平抽選もあれば、1人多数口 申し込めて資金が多いほど有利な抽選等もあります。

抽選に関する注意点としては、ブックビルディング時に「決定した公募価格」よりも低い株価で需要申告した方は抽選の対象外となります。

上記の例で言えば、仮に2,500円で公募価格が決定した場合、2,000円で需要申告したXさんと、2,200円で需要申告したYさんは抽選対象外となります。

人気のあるIPOは仮条件の上限で決まる場合が多いので、欲しいIPOの場合は仮条件の上限で参加しておきましょう。

IPO参加のまとめ

上記で長々と詳しく説明しましたが、個人投資家の私たちが行うのは「ブックビルディング」のみです。

当選したいIPOがあった場合、ブックビルディングの期間中に忘れずに申込む事と、仮条件の上限で申込むようにしましょう (  ̄∇ ̄)

また、抽選で見事 当選した場合は「購入の申込み」も忘れずに行っておきましょう!

ブックビルディングの抽選日や公募価格決定(抽選発表日)を見逃さないよう、メール通知システムを作成しました。よろしければご利用ください。

続いて、IPOで利益を得られる仕組みについて説明していきたいと思います。


サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ