IPO株を買うまでの流れ

IPO株の買い方、買うまでの流れを確認しましょう。

IPO株の抽選に参加するには、証券会社の口座開設が必要です。

4コマ漫画:IPOを買うには?1 4コマ漫画:IPOを買うには?2 4コマ漫画:IPOを買うには?3 4コマ漫画:IPOを買うには?4

まずは証券会社に口座開設!

IPO株を購入するには、証券会社の口座開設が必要になります。

どこの証券会社からでもIPOを買えるわけではなく、IPOごとに幹事証券と呼ばれる担当の証券会社が決まっています。幹事証券は下記の3つに分けられます。

3つの幹事証券

  • 主幹事証券
    下記で説明するIPOの一連の流れを任せられた、中心的な証券会社。
    IPOの割当数(当選数)も多い。
  • 引受幹事証券
    証券取引所などの関係機関と協議・調整を行なう証券会社。
  • 委託幹事証券
    幹事証券からIPO株の販売を委託された証券会社。

幹事証券からIPOのブックビルディング(需要申告)に参加でき、当選するとIPO株を購入することが出来ます。

なるべく多くの証券会社に口座開設をしておくと、抽選機会が多く当選しやすくなります。

こちらでは割愛させていただきますが、参考記事も余裕がありましたらご覧ください。

幹事証券はIPOのページで紹介

IPOごとに、主幹事や幹事証券が変わります。

各IPOの幹事証券は、個別ページに掲載しています。

参考までに

(例)メルカリのIPOに申し込めた証券会社は幹事証券の10社。

メルカリの幹事証券

ひとつポイントですが、主幹事と引受幹事証券については、東証EDINETで見られるIPOの目論見書に書いてありますが、委託幹事証券については書いてありません。

庶民のIPOでは委託幹事証券もチェックして、載せています。

メルカリの場合、auカブコム証券が委託幹事ですが、目論見書には載っていません。

IPOに参加するまでの流れ

企業の上場が決まり、IPOが承認されたらブックビルディング(需要申告)に参加できます。

IPOの承認から上場までの流れです。

IPOを購入するまでの流れ

IPOを購入するまでの流れ

わたしたちが行うことは、ブックビルディング(需要申告)に参加することです。

また、抽選で当選したら購入します。

説明が長くなるので、まずはわたしたちに関係のある「ブックビルディング」と「抽選」「購入」について説明し、最後にそれぞれの流れについて説明します。

ブックビルディングとは?IPOの抽選に参加すること

ブックビルディングとは、IPO株をいくらの価格で、何株買いたいかを証券会社に申告することです。

ブックビルディングに参加しないと、IPO株を購入できません。

IPOは人気があり、用意されている株数よりも、購入希望数が上回ります。
よって購入者は抽選で選ばれます。

仮条件で決められた価格帯から、

「IPO株を ★★円 で、 ★★株 買いたい!」と、幹事の証券会社を通じて希望を申告します。

(例)IPO株の仮条件が「1,000円 ~ 1,500円」で、単元株が100株の場合。

抽選に参加
  • Xさん:1,000円で、100株 購入したい。
  • Yさん:1,200円で、300株 購入したい。
  • Zさん:1,500円で、200株 購入したい。

それぞれ、希望の株価と株数を申告します。

ブックビルディングの申し込みは、幹事証券から申込みます。

申込期間は約5日間

忘れずに期間中に申込みましょう。

抽選資金を用意する。必要ない証券会社もあり

ブックビルディングに参加するには、IPOの抽選資金が必要になります。
抽選資金は、証券会社の口座に入金します。

申し込む株価 × 申し込む株数 = 抽選に必要な資金 になります。

ほとんどの証券会社では平等抽選を採用しており、申し込む株数は100株で充分です。

参考までに

(例)IPO株の仮条件が1,000円 ~ 1,500円で、単元株が100株の場合。

上限の1,500円で100株 応募すると、
1,500円 × 100株 = 15万円の抽選資金が必要になります。

抽選資金を用意するのは大変ですが、一部の証券会社では抽選資金が必要ありません

証券会社への入金がゼロでもIPOに参加できます。

抽選で落選したら資金はどうなる?

落選した時点で戻ってきます。

IPOの参加に手数料はかかる?

一切、かかりません。

IPOは落選したら抽選資金は戻ってくる

当選狙いなら仮条件の上限で申し込む

ブックビルディングで申し込む株価は、仮条件の上限で申込みましょう。

決定した公募価格よりも低い株価で申し込んだ場合、抽選対象外となり必ず落選します。

(例)IPO株の仮条件が1,000円~1,500円。公募価格が1,500円に決定した場合。

  • Xさん:1,000円で、100株 申込み。← 抽選対象外
  • Zさん:1,500円で、100株 申込み。← 抽選対象

当選狙いで申し込む場合、「仮条件の上限」または「成行」で申込みましょう。

成行は、仮条件の上限と同じ意味です。価格を入力しない分、ややラクです。

抽選とは?当選すればIPO株を購入できる

抽選のイメージです

IPOごとに、公開する株数(購入できる全体の株数)が決められています。

ブックビルディングで希望の株数を需要申告しますが、公開される株数より希望数が多かった場合、抽選により公募価格で購入できる「当選者」を決定します。

ほとんどのIPOは公開株数より投資家の応募数が上回ります。
希望者全員に割当することはできず、応募者の中から「抽選」によって購入者が選ばれます。

IPOの抽選方式や配分方式は、各証券会社で異なります。
こちらでは省略しますので、参考記事をご覧ください。

ちなみに人気の高いIPOほど、抽選倍率は高くなります。

どちらも日経新聞に載っていた抽選倍率です。
抽選倍率は各IPOで発表されるわけでなく、注目度の高いIPOだけ紙面に載ります。

当選したら購入を忘れずに!

抽選に当選すると、IPO株を買う権利を得られます。

当選IPOを買える期間(購入期間)は決まっていますので、期間内に忘れず購入しましょう!
購入期間は数日間と短いです。

IPO株を売却して損益確定

購入したIPO株を、いつ売却するかは自由です。
売りたいときに売ればいいのが株式投資です。

IPO初心者の人は「初値で売却する」のをオススメしています。

初値とは上場後にはじめてつく株価になります。
初値売りとは公募価格で購入して初値で売却することです。

わたしのIPO歴は14年になりますが、感覚的に9割の当選IPOを初値売りしています。

IPOの流れに出てくる用語を紹介

説明を後回しにしていた、IPOの流れに関する用語です。
確認のために、再掲載します。

IPOを購入するまでの流れ

IPOを購入するまでの流れ

IPOの承認とは?

IPOの承認とは、上場を希望する企業が証券取引所から、IPO(上場)の許可をもらうことです。

上場が承認されると、証券取引所でIPOの内容が情報公開されます。

公開された情報である「目論見書」には、IPOの内容や企業の業績が書かれています。
ズラ~っと文章や数字が書いてあるので、慣れないと読むのに疲れます。

そこで庶民のIPOでは、目論見書に書いてある事業内容やIPOの内容を要約して見やすく掲載しています。

また、IPOの内容により5段階の評価を付け、予想利益も公開しています。

IPOの評価

IPO初心者や調べる時間がない方は、庶民のIPOの情報を見るほうが手っ取り早いかと思います。

仮条件とは?

仮条件とは、IPO株の「公募価格」をいくらにするか?を決める価格帯です。

仮条件は1,000円~1,500円など。
この価格の幅から公募価格が決定します。

上場時の公募価格は、ブックビルディングにより仮条件の価格帯の中から決定します。

企業と主幹事で相談して想定仮条件を決め、機関投資家などへヒアリングを行い、仮条件を決定しています。

公募価格とは?

ブックビルディングで需要申告された内容を考慮して、IPO株の「公募価格」が決定されます。

公募価格とは、上場時の基準となる株価です。
抽選で当せんした人が事前に購入できる株価でもあります。

公募は募集という意味です。「募集」された「価格」=「公募価格」となります。
公募価格は「公開価格」とも言われます。

上場後、公募価格よりも株価が上がれば利益が出ますし、公募価格よりも株価が下がれば損失になります。

まとめ:IPOに参加するには?

わたしたちが行うのは、ブックビルディングの参加です。

ブックビルディングに参加するには、証券会社の口座開設が必要になります。
また、幹事証券でないとブックビルディングに参加できません。

  1. 証券会社の口座開設を行う。
  2. ブックビルディング期間中に忘れずに申し込む。
  3. 仮条件の上限で申し込む。
  4. 当選確認し、購入する。

この4点を忘れずに行いましょう (  ̄∇ ̄)

購入申込と当選確認を忘れない便利なシステムも提供しています。


続いて、IPOで利益を得る仕組みについて確認しましょう。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。