VRAIN Solution(135A):IPO上場情報と初値予想


VRAIN Solution(ブレイン ソリューション)は、製造業向けAIソリューションの提供を行っている企業です。

AIやIoT等の新しい技術を活用したAIシステムの販売およびDXコンサルティングにより、製造業の顧客課題を解決するために、製造業の知見を有した同社が顧客の製造現場に合わせたハードウェアとソフトウェアの組み合わせを提供することでDX化を支援しています。

事業内容

同社の見解では現在、製造業に向けて両ソリューションを提供している企業は国内において少ない。また、製造業に特化してきたことにより、 製造業および製造工程における多くの知見と実績やノウハウを獲得し、より高品質なソリューションの提供が可能に。

競争優位性

設立は2020年3月
従業員数は45名、平均年齢は33歳、平均勤続年数は0.9年、平均年間給与は533.3万円(2023年12月末)


VRAIN SolutionのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、VRAIN Solutionの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

VRAIN Solutionの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高

上場日 2024/2/22(木) 証券コード 135A
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス VRAIN Solution(135A)
時価総額
302.3億円(公開価格で計算)
524.7億円(初値で計算)

VRAIN Solutionのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2024/2/6 (火) ~ 2/13 (火)

仮条件 2,790円~2,990円 (抽選資金:27.9万円 ~ 29.9万円)
当選口数 12,740口
発行済株式数 10,110,000株 オファリングレシオ 12.6%
公募株数 210,000株 売出株数 897,900株
吸収金額 38億円 O.A分 166,100株
仮条件決定日 2/5 (月) 公開価格決定日 2/14 (水)
購入期間 2/15 (木) ~ 2/20 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

VRAIN Solutionの公開価格と初値

仮条件 2,790円~2,990円
公開価格 2,990円 初値 5,190円
騰落率 73.58%  倍率  1.74倍
初値売り損益 220,000円(5,190円 - 2,990円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

VRAIN Solutionの初値予想と予想利益

VRAIN Solutionの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 2,790円 ~ 2,990円 ※抽選資金:27.9万円 ~ 29.9万円
上限は8.3%上ブレ↑
初値予想 3,380円 ~ 3,890円※2/5 修正
(1.1倍~1.3倍)
予想利益 3.9万円~9万円

想定価格と初値予想

想定価格 2,760円あたり ※抽選資金:27.6万円あたり
初値予想 3,180円 ~ 3,720円 (1.2倍~1.3倍)
予想利益 4.2万円~9.6万円
送信中...

初値予想アンケート

VRAIN Solution(135A)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(2,990円)を基準価格に修正しています。

有効回答:794   投票期限:2024/2/21 (水) 23:59まで
3倍以上(8,970円以上)
329票  41%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(7,475円以上~8,970円未満)
35票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(5,980円以上~7,475円未満)
59票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(4,485円以上~5,980円未満)
73票  9%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,588円以上~4,485円未満)
156票  20%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,990円以上~3,588円未満)
45票  6%
投票済み

公募割れ(2,990円未満)
97票  12%
投票済み

VRAIN Solutionの主幹事と幹事証券

VRAIN SolutionのIPOを取り扱っている証券会社です。

VRAIN Solutionの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SMBC日興証券
93.08% 1,185,800株 1,185口
野村證券 3.04% 38,700株 38口
大和証券 0.86% 11,000株 11口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 0.86% 11,000株 11口
マネックス証券 0.43% 5,500株 55口
楽天証券 0.43% 5,500株 55口
松井証券 0.43% 5,500株 38口
岩井コスモ証券 0.43% 5,500株 5口
東海東京証券 0.43% 5,500株 5口

大和コネクト証券のネット抽選分は、1口あたりが想定されます。大和証券の約1%

委託幹事であるauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

楽天証券の抽選倍率は、1,827倍でした。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


VRAIN Solutionの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2023年2月 2022年2月 2021年2月
売上高 617,397 344,466 103,688
経常利益 63,399 14,553 19,618
当期利益 49,930 11,193 13,839
純資産 89,211 34,933 23,739
配当金
EPS 5.04 1.13 1,397.95
BPS 9.01 3.53 2,397.95
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

VRAIN SolutionのPERとPBR

公開価格(2,990円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2022年2月
(実績)
2646.02倍 847.03倍 1.13 3.53
2023年2月
(実績)
593.25倍 331.85倍 5.04 9.01

上位株主とロックアップ情報

VRAIN Solutionの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
合同会社Y&N 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 3,960,000
39.22%
100,000 180日
南塲 勇佑 代表取締役社長 3,694,000
36.58%
600,000 180日
ジャフコSV6投資事業有限責任組合 VC 1,109,000
10.98%
110,900 90日/
1.5倍
テクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合 VC 297,000
2.94%
29,700 90日/
1.5倍
東京センチュリー株式会社 297,000
2.94%
29,700 90日/
1.5倍
ジャフコSV6-S投資事業有限責任組合 VC 276,000
2.73%
27,600 90日/
1.5倍
荻本 成基 取締役 99,000
0.98%
- 180日
菊地 佳宏 取締役 99,000
0.98%
- 180日
山田 郁生 取締役 99,000
0.98%
(99,000)
- 180日
石原 慎也 従業員 99,000
0.98%
(99,000)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
  • 公開価格は2,990円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、4,485円
  • 90日のロックアップ期間は、2024年5月21日まで
  • 180日のロックアップ期間は、2024年8月19日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

VRAIN Solutionと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

  • 2023/12/22 ヒューマンテクノロジーズ
    初値売り損益:-3,000円
    騰落率:-2.45%、倍率:0.98倍
  • 2023/12/21 マーソ
    初値売り損益:-18,100円
    騰落率:-8.01%、倍率:0.92倍
  • 2023/12/20 ナイル
    初値売り損益:-14,000円
    騰落率:-8.33%、倍率:0.92倍
  • 2023/12/18 雨風太陽
    初値売り損益:27,600円
    騰落率:26.44%、倍率:1.26倍
  • 2023/12/15 S&J
    初値売り損益:-3,100円
    騰落率:-2.35%、倍率:0.98倍

上場日の初値決定前の気配運用

VRAIN Solution(135A)の初値決定前の気配運用です。

公開価格 上限価格 下限価格
2,990円
6,880円
(上場1日目)
2,243円
  • 上限価格:
    更新値幅 150円、更新時間 10分
  • 下限価格:
    通常の更新値幅、更新時間 3分
  • 初値の上限価格:6,980円

引受価額は2,750.80円。幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安に。(誠意買いとは?

★初値決定前の気配運用(更新値幅 150円、更新時間10分)

時間 株価 倍率
9:00 2,990円 1.00倍
9:10 3,140円 1.05倍
9:20 3,290円 1.10倍
9:30 3,440円 1.15倍
9:40 3,590円 1.20倍
9:50 3,740円 1.25倍
10:00 3,890円 1.30倍
10:10 4,040円 1.35倍
10:20 4,190円 1.40倍
10:30 4,340円 1.45倍
10:40 4,490円 1.50倍
10:50 4,640円 1.55倍
11:00 4,790円 1.60倍
11:10 4,940円 1.65倍
11:20 5,090円 1.70倍
11:30 5,090円 1.70倍

時間 株価 倍率
12:30 5,240円 1.75倍
12:40 5,390円 1.80倍
12:50 5,540円 1.85倍
13:00 5,690円 1.90倍
13:10 5,840円 1.95倍
13:20 5,990円 2.00倍
13:30 6,140円 2.05倍
13:40 6,290円 2.10倍
13:50 6,440円 2.15倍
14:00 6,590円 2.20倍
14:10 6,740円 2.25倍
14:20 6,880円 2.30倍
14:30 6,880円 2.30倍
14:40 6,880円 2.30倍
14:50 6,880円 2.30倍
15:00 6,880円 2.30倍

売買の価格のバランスがとれ需給が合致する値段に気配が近づいた場合、通常の更新値幅と更新時間(3分)で気配更新します。

価格 制限値幅 更新値幅
200円以上~500円未満 80円 8円
500円以上~700円未満 100円 10円
700円以上~1,000円未満 150円 15円
1,000円以上~1,500円未満 300円 30円
1,500円以上~2,000円未満 400円 40円
2,000円以上~3,000円未満 500円 50円
3,000円以上~5,000円未満 700円 70円
5,000円以上~7,000円未満 1,000円 100円
7,000円以上~10,000円未満 1,500円 150円
10,000円以上~15,000円未満 3,000円 300円
15,000円以上~20,000円未満 4,000円 400円

初値を基にした価格で制限値幅(ストップ高/ストップ安)が決まります。

(例)初値が1,200円の場合、制限値幅は300円に。上場日のストップ高は1,500円、ストップ安は900円。

VRAIN SolutionのIPO分析

日本の製造業界は、グローバル化や技術革新に伴うアジアの国々を代表とする新興国の工業化による「国際競争の激化」や少子高齢化に伴う労働人口の減少による「人手不足」等の構造的な課題に直面しています。

生産年齢人口の推移

同社が製造業界に提供するものは、生産性向上のソリューションとして、AIの技術を活用し自社開発する「AIシステム」および顧客のDX推進のための「DXコンサルティング」の2つ。

事業系統図

国内において製造業の事業者数は11万社。
同社の取引社数シェアは約0.1%と今後の取引拡大の余地は大きいと同社は考えているよう。

アイシングループへの売上高が27.5%を占めています。(2023年2月期)

設立は2020年3月でまだ4期目。代表と技術開発部部長はキーエンス出身。
業績好調だけど競合他社もあり。アイシン以外の顧客層を増やしていくことが課題かな。

想定価格は成長を見込んでいるのか、かなり強気。グロース株として買われるか?

事業内容、IPOの内容ともに個人投資家に買われやすいIPOかなと思います。

久しぶりに当選したいと思えるIPOが登場してきました。価格が安ければもっと良かったですが。
【2.5追記】割高だと思っていたのに、まさかの8.3%の価格引上げ。IPOディスカウント(値引き)どこいった?
ただ、VCの売出株は持ち株の10%のままなのでさらなる上昇も見込んでいそう。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がりで高成長。ただしまだ4期目で今後は不透明(決算情報
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり
  • オファリングレシオが12.6%と低いIPOデータ
  • 株価が高い値嵩株。価格が上下に大きく振れやすく、利ザヤ狙いの投資家に人気あり
  • 仮条件の上限価格と前期実績によるPERは593.2倍。PBRは331.85倍(PERとPBR
  • 市場からの吸収金額が35.1億円と大きいIPOデータ
  • 設立まもない若いスタートアップ企業(2020年3月)
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍でロックアップ解除(売り圧力)

2.5追記。仮条件が2,790円 ~ 2,990円に決定。(想定価格は2,760円。上限価格で8.3%の上振れに)
初値予想を3,380円 ~ 3,890円に修正し、予想利益を3.9万円~9万円としました。

目論見書の想定仮条件は2,760円。初値予想は3,180円 ~ 3,720円としました。
予想利益は4.2万円~9.6万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは24回 IPOに当選。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに45回当選しています(全当選数の31.7%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選後に購入資金を入金すれば良いので気軽に参加できます。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています(5割目標)

大和証券が主幹事となっていますので、委託幹事として大和コネクト証券が後日 決まるかと思います。

委託幹事は目論見書に掲載されないので気づかれず、大和コネクト証券の認知度もまだ低いので狙い目です!(カブスルは4回当選)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券岩井コスモ証券auカブコム証券でも参加しておきたいです。

ブックビルディングの参加スタンスは、Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

VRAIN SolutionのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、VRAIN Solutionの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。