レオス・キャピタルワークス(7330):IPO上場情報

レオス・キャピタルワークス

2018/12/21追記。「レオス・キャピタルワークス」のIPOが中止となりました。
同社からの申出に基づき、東証が当該承認を取り消し。

平成30年11月19日及び平成30年12月4日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所マザーズ市場への上場に伴う募集株式発行及び株式売出しについて決議いたしましたが、当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生し、平成30年12月20日開催の当社取締役会において、当該深掘りに時間を要するものと判断したことから、募集株式発行並びに株式売出しと、それに伴う上場手続きの延期を決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。

なお、今後の上場手続きの再開時期につきましては、当該深掘り事案の結果を踏まえ、状況を慎重に見極めたうえで総合的に判断する予定です。

2018年はこれで異例の5社目のIPO中止です。

12.22追記。12月22日の日経新聞で藤野社長のインタビュー記事が載っています。
同社が取締役会において中止を決めたという話でしたが、主幹事のみずほ証券の指摘だとインタビューで答えています。

レオス上場延期、みずほ証券が問題指摘

レオス・キャピタルワークス(東京・千代田)の藤野英人社長は21日、新規株式公開(IPO)の延期について日本経済新聞に対し、「20日の夜に主幹事を務めるみずほ証券からの連絡で、延期を決めた」と明らかにした。内容について具体的な説明は避けつつも「法令違反などはなく、(みずほ証券の指摘は)納得できない」とした。

レオス上場延期、みずほ証券が問題指摘12/22

藤野社長は「納得できない」としていますが、真相は当事者でないと分かりません。

レオス・キャピタルワークスは、投資信託委託業務と投資顧問業務(投資一任契約に係る業務)を行っている企業です。

同社が取り扱っている公募投信「ひふみプラス」は投資家に人気の高い金融商品で、ランキング上位にいます。

また、創業者であり代表取締役社長の藤野英人氏(画像検索)は経済系のTV番組や雑誌に出演されていますので、ご存知の方も多いかと思います。

投資先には足を運んで現場を見るというのが特徴で、TV番組でもたびたび紹介されています。

当社の運用は、企業本来の目的を知り、企業が提供する製品・サービスが世の中にどのような影響を与えるのか、当該企業の属する産業は今後どのようにあるべきかなどを、現場に足を運びわたしたちの目で見たり、産業研究動向を参考に分析した結果に基づいています。個別企業の成長性、バリュエーションなど定量情報の分析と、会社訪問し経営者と面談して得られる定性情報の分析を融合し判断します。事業、企業規模などにとらわれることなく、中・長期的な将来価値に対して市場価値が割安だと考えられる銘柄をさまざまな場面で発掘します。国内外の数多くの経営者に会い、対話し、現場の声を聞く足で稼いだ情報を元に安定的に業績を上げている成長企業に長期的に投資する運用です。

(有価証券届出書8ページより)

設立は平成15年4月です。
従業員数は平成30年10月末で58名、平均年齢は39.4歳、平均勤続年数は3.3年、平均年間給与は907.1万円です。


レオス・キャピタルワークスのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

レオス・キャピタルワークスの上場日

C
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/12/25 (火) 証券コード 7330
市場 東証マザーズ 業種 証券、商品先物取引業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス レオス・キャピタルワークス(7330)
時価総額
17,708百万円(公開価格で計算)

レオス・キャピタルワークスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2018/12/6 (木) ~ 12/12 (水)

仮条件 1,300円~1,400円 (抽選資金:13万円 ~ 14万円)
当選口数 36,366口
発行済株式数 12,649,100株 オファリングレシオ 28.7%
公募株数 632,500株 売出株数 2,529,800株
吸収金額 50.9億円 O.A分 474,300株
仮条件決定日 12/4 (火) 公開価格決定日 12/13 (木)
購入期間 12/14 (金) ~ 12/19 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

レオス・キャピタルワークスの公開価格と初値

仮条件 1,300円~1,400円
公開価格 1,400円 初値 (初値予想)1,250円 ~ 1,550円※12/4 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-15,000円~15,000円※12/4 修正

レオス・キャピタルワークスの初値予想と予想利益

レオス・キャピタルワークスの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,300円 ~ 1,400円 ※抽選資金:13万円 ~ 14万円
上限は30.3%下ブレ↓
初値予想 1,250円 ~ 1,550円※12/4 修正
(0.9倍~1.1倍)
予想利益 -1.5万円~1.5万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,010円あたり ※抽選資金:20.1万円あたり
初値予想 1,960円 ~ 2,200円 (1.0倍~1.1倍)
予想利益 -5,000円~1.9万円

レオス・キャピタルワークスの主幹事と幹事証券

レオス・キャピタルワークスのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


レオス・キャピタルワークスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年3月 2017年3月 2016年3月
売上高 3,853,134 1,288,285 894,094
経常利益 1,126,602 43,733 72,196
当期利益 983,060 115,444 125,013
純資産 1,599,860 616,800 501,355
配当金 400.00
EPS 81.81 9.61 1,242.38
BPS 133.14 51.33 4,172.19
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

レオス・キャピタルワークスと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:証券、商品先物取引業」のIPO結果です。

IPOのポイント

会社や代表取締役社長、金融商品の知名度は高いですが、市場からの調達金額が大きくIPOの内容としてはやや微妙です。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがある「C」に設定しました。

  • 会社および社長の知名度が高いこと。
  • 業績が好調。
  • 市場からの調達金額が51億円と非常に大きい。
  • 12月のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。

12.5 追記。仮条件が想定より大幅に下の価格で決定(1,300円 ~ 1,400円 )したことに伴い、初値予想を1,250円 ~ 1,550円に修正しました。
予想上限での初値売り利益は、1.5万円としました。

割安度は上がりましたが、規模がいかんせん大きいIPOになります。

目論見書の想定仮条件は2,010円。初値予想は1,960円 ~ 2,200円としました。
予想は公募付近で、公募割れのリスクがあるIPOになります。

個人的な感想ですが上場日が悪かったと思います。(人気IPO後で資金枯れが続きそう)

知名度でいえば評価は「B」以上でもおかしくないですが、IPOの内容と上場時期を考慮して公募割れのリスクがややある「C」に設定しています。

レオス・キャピタルワークスに関するつぶやき


現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。