テクノロジーズ(5248):IPO上場情報と初値予想

テクノロジーズ

テクノロジーズは、映像ソフトウェア制作、AI等デジタル技術に関連したシステム開発、人材派遣会社向け業務管理システムの提供を行っている企業です。グループは同社と連結子会社1社で構成。

事業内容

ITソリューション事業

特定の業界、業種に縛られず、エンターテイメントに関連する映像ソフトウェア開発領域やAI開発領域、DX開発領域など。幅広い開発実績。販売実績の97.3%を占める主力事業。

ITソリューション事業の開発実績

エンターテイメントに関連する映像ソフトウェア開発は、遊技機メーカー等(パチンコ・パチスロ)からの1次請けを中心に受託開発。顧客企業のリピート率は99.7%。(2022年1月末現在)

AI等のデジタル技術を利用したシステム・アプリケーション開発は、特にエンターテイメント領域を中心としたAI開発を行ってきた知見を活かし、音声・画像にはおいては、様々な対象物に対して認識・解析・提案を行うAIソフトウェアを提供。画像においては、顔や文字などを特定・判別する技術、また骨格までを検知した解析が可能。

SaaS事業

中小の人材派遣会社向けにUI/UXに拘って開発された業界最安値の派遣管理システム「jobs」を提供。
ターゲットは、資本金3億円以下、常時使用従業員数300名以下の中小企業で、価格を抑えているのが特徴か。

月額3万円の価格設定

jobsの平均月次解約率は4.0%。(2022年1月期)

設立は2014年8月。
同社の従業員数は2022年11月末で9名、平均年齢は31.8歳、平均勤続年数は1.3年、平均年間給与は325.1万円。


テクノロジーズのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

テクノロジーズの上場日

A
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 調達金額:小さい

上場日 2023/1/26 (木) 証券コード 5248
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス テクノロジーズ(5248)
時価総額
2,715百万円(公開価格で計算)
9,911百万円(初値で計算)

テクノロジーズのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2023/1/11 (水) ~ 1/17 (火)

仮条件 900円~1,000円 (抽選資金:9万円 ~ 10万円)
当選口数 8,050口
発行済株式数 2,715,400株 オファリングレシオ 29.6%
公募株数 300,000株 売出株数 400,000株
吸収金額 8億円 O.A分 105,000株
仮条件決定日 1/10 (火) 公開価格決定日 1/18 (水)
購入期間 1/19 (木) ~ 1/24 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

テクノロジーズの公開価格と初値

仮条件 900円~1,000円
公開価格 1,000円 初値 3,650円
騰落率 265.00%  倍率  3.65倍
初値売り損益 265,000円(3,650円 - 1,000円)× 100株

テクノロジーズの初値予想と予想利益

テクノロジーズの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 900円 ~ 1,000円 ※抽選資金:9万円 ~ 10万円
上限は5.3%上ブレ↑
初値予想 1,500円 ~ 2,000円※1/10 修正
(1.5倍~2.0倍)
予想利益 5万円~10万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 950円あたり ※抽選資金:9.5万円あたり
初値予想 1,420円 ~ 1,900円 (1.5倍~2.0倍)
予想利益 4.7万円~9.5万円
送信中...

初値予想アンケート

テクノロジーズ(5248)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(1,000円)を基準価格に修正しています。

有効回答:643   投票期限:2023/1/25 (水) 23:59まで
3倍以上(3,000円以上)
452票  70%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,500円以上~3,000円未満)
52票  8%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,000円以上~2,500円未満)
53票  8%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,500円以上~2,000円未満)
42票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,200円以上~1,500円未満)
13票  2%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,000円以上~1,200円未満)
12票  2%
投票済み

公募割れ(1,000円未満)
19票  3%
投票済み

テクノロジーズの主幹事と幹事証券

テクノロジーズのIPOを取り扱っている証券会社です。

テクノロジーズの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
東洋証券
85.22% 686,000株 0口
SBI証券 5.22% 42,000株 252口
マネックス証券 1.74% 14,000株 140口
楽天証券 1.74% 14,000株 140口
東海東京証券 1.74% 14,000株 14口
松井証券 0.87% 7,000株 49口
岩井コスモ証券 0.87% 7,000株 7口
極東証券 0.87% 7,000株 0口
水戸証券 0.87% 7,000株 0口
あかつき証券 0.87% 7,000株 0口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


テクノロジーズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年1月 2021年1月 2020年1月
売上高 192,276 141,766 8,640
経常利益 -6,967 -2,131 -36,007
当期利益 -5,795 -2,308 -36,201
純資産 339,521 345,317 197,625
配当金
EPS -2.40 -1.01 -3,542.93
BPS 140.57 142.96 17,341.68
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年1月 2021年1月
売上高 789,282 785,227
経常利益 61,450 23,246
当期利益 81,260 29,364
純資産 357,452 277,192
EPS 33.64 12.87
BPS 147.99 114.76
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

テクノロジーズの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
良原 広樹 代表取締役社長 1,449,600
60.01%
320,600 180日
石原 慎也 317,800
13.16%
- 180日
伊藤 繁三 231,600
9.59%
- 90日
畠山 学 取締役 228,800
9.47%
46,600 180日
株式会社エコ革 154,800
6.41%
- 180日
宮内 駿 取締役 32,800
1.36%
32,800
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

テクノロジーズと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

  • 2022/12/27 ELEMENTS
    初値売り損益:15,200円
    騰落率:95%、倍率:1.95倍
  • 2022/12/27 BTM
    初値売り損益:61,800円
    騰落率:41.20%、倍率:1.41倍
  • 2022/12/22 jig.jp
    初値売り損益:13,600円
    騰落率:40%、倍率:1.40倍
  • 2022/12/21 note
    初値売り損益:18,100円
    騰落率:53.24%、倍率:1.53倍
  • 2022/12/21 アイズ
    初値売り損益:296,000円
    騰落率:134.55%、倍率:2.35倍

IPOのポイント(テクノロジーズ)

ITソリューション事業が同社の主力事業で97.3%を占めます。(第8期連結会計年度)
主な販売相手先は加賀電子やニューギン。

販売実績

2022年1月期のグループのITソリューション事業の外注比率は37%。
同社としては外注比率の低減を目指しているよう。(品質の安定化のためにもその方が良さそう)

SaaS事業は実績的には まだまだこれからですが、伸び率は高そう。

事業内容としては、特段目新しいものはないですが、2022年末から約一ヵ月ぶりのIPOとなります。

例年、一発目のIPOは投資資金が集まり人気化します。
業種はIPOで人気の情報・通信業、受給も絞られており、初値に関しては割れる心配は少なさそうです。

取締役の方1名は上場時に全株売出し。退職でもされるんでしょうか?チョットだけ気になります。

想定価格と2022年1月期の実績(連結)によるPERは28.2倍。
価格面でみると適正価格のような気もしますが、IPOで人気のあるワード(AI、SaaS)が目論見書にも散りばめられていたので、個人投資家からは人気ありそう。

心配なのは上場日の相場環境くらい。
新年一発目のIPOなので景気の良い初値を期待したく、カブスルも全力でブックビルディングに参加する予定です。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。
(評価Bと迷いましたがご祝儀的な勢いも期待して繰上げ)

人気が高い
  • IPOで人気のあるIT関連企業
  • 市場からの吸収金額が8億円と小さい吸収金額による実績
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • 例年、最初のIPOは盛り上がる。2022年以外は絶好調
  • 約一ヶ月ぶりのIPO。久しぶりのIPOは過熱する傾向。また、次のIPOも決まっておらず資金が入りやすい
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調
  • 想定価格と前期実績(連結)によるPERは28.2倍
  • SaaS事業は今後の伸びに期待。現在の解約率は4.0%

1.10追記。仮条件が想定発行価格(950円)より5.3%の上振れ決定(900円 ~ 1,000円)したので、初値予想を1,500円 ~ 2,000円に修正。予想利益は5万円~10万円です。

目論見書の想定仮条件は950円。初値予想は1,420円 ~ 1,900円としました。
予想利益は4.7万円~9.5万円です。

公募割れリスクは低いと思われるIPO。
カブスルは積極的に幹事証券から参加して当選を狙います!

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに47回当選しています。(全当選数の34.6%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

楽天証券岩井コスモ証券でも参加しておきたいです。

ちなみに、主幹事の東洋証券は、店頭のみでIPOの申し込みを受け付けています。

また、普段から取引などのお付き合いがなく、IPOだけ目当ての顧客にはIPOの割当は回ってこないと思われますので、他の幹事証券から当選を狙うのがおススメです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。