IPOにおすすめの証券会社

IPOにおすすめの証券会社です。

証券会社名をクリックすると、各証券会社の説明やIPOの引受幹事数等 詳しい説明が表示されます。

IPO当選に「おすすめ」の証券会社

管理人のような 庶民(投資資金が限られている)の方におすすめの証券会社です。

「公平抽選」は、投資資金の大小(応募口数)に関わらず、IPOが当選する確率が一緒 です。

下記の証券会社はいずれも引受幹事証券になる回数が多いので、IPO当選には必須の証券会社です。

証券会社名 抽選方法 NISA口座
での購入
備考
おすすめ
マネックス証券
完全公平抽選 OK

庶民の味方!管理人 イチオシの証券会社!

引受幹事数が多い証券会社です。
完全公平抽選を採用しているので、1口だけで抽選に参加しても 300口参加しても当選確率は一緒です。
管理人は IPOに15回当選しています。

おすすめ
SMBC日興証券
1.公平抽選
2.店頭配布
OK

IPO当選狙いに外せない証券会社!

主幹事数が多い証券会社です。
ダイレクトコースは完全公平抽選なので、1口だけで抽選に参加しても 300口参加しても当選確率は一緒です。
管理人は IPOに14回当選しています。

おすすめ
SBI証券
1.口数比例
2.割当配分
OK

外れても次のチャンスに活かせる証券会社!

主幹事数が多い証券会社です。
口数比例抽選なので、応募口数が多いほど当選確率が上がりますが、もちろん 少ない口数でも運次第で当選します。
管理人は 過去に6回当選を果たしています。

また、庶民でもIPOが必ず当選する方法があります。
抽選に外れるとIPOチャレンジポイントがもらえ、こちらを貯めると上位利用者より必ず割当(当選)します。
詳しくは「IPO 当選攻略法」にて。

現金2,000円がもらえるタイアップキャンペーン中♪

IPO当選に「穴場」の証券会社

意外と知られていない!? IPO当選に「穴場」の証券会社です。

IPOの当選狙いであれば 口座開設しておきたい証券会社です。
特に IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社は 必ず口座開設をしてIPOに参加しておきたいところです。

証券会社名 抽選方法 NISA口座
での購入
備考
穴場
岡三オンライン証券
ステージ制 OK

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(資金0円で抽選可能)
過去の取引実績に応じて抽選対象者が3ステージに分けられます。
2013年10月よりIPOの取扱いを始めました。

現金5,000円がもらえるタイアップキャンペーン中♪

穴場
ライブスター証券
完全公平抽選 OK

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(資金0円で抽選可能)
100%の完全公平抽選を採用しています。
2017年1月よりIPOの取扱いを始めました。
IPOのイメージが薄いので かなりの穴場です。

現金2,000円がもらえるタイアップキャンペーン中♪

穴場
岩井コスモ証券
1. 公平抽選
2. ステージ制
3. 個人優遇
店頭 OK
ネット NG

10%がネットの公平抽選、40%が店頭取引対象でステージ制による抽選、50%が抽選によらない営業マンからの配布になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。

穴場
東海東京証券
1. 公平抽選
2. 個人優遇
OK

個人優遇サービスで割当数量の90%が抽選対象に。
対象者以外は割当数量の10%が抽選対象になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。
管理人は IPOに1回当選しています。

穴場
むさし証券
1. 公平抽選
2. 裁量割当
OK

資金がなくても参加可能!

抽選時に前受金が必要ありません(資金0円で抽選可能)
インターネット取引「トレジャーネット」に回ってきた配分10%は、1口座1票の公平抽選です。

穴場
GMOクリック証券
完全公平抽選 OK

完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
同グループ企業が上場を果たす際に引受幹事証券になる場合があります。

穴場
丸三証券
1. 公平抽選
2. 裁量割当
OK

全体の10%がネットにて公平抽選対象になります。
90%は本支店で営業マンによる裁量割当になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。

IPO当選に「狙い目」の証券会社

知名度が高く 口座開設数も多いですが、IPOの引受幹事数が やや少ないネット証券会社です。

ある意味 IPOにおいては「狙い目」の証券会社です。忘れずに参加しましょう。

証券会社名 抽選方法 NISA口座
での購入
備考
狙い目
カブドットコム証券
完全公平抽選 OK

完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
三菱UFJフィナンシャルグループで引受幹事数はそこそこあります。
管理人は IPOに1回当選しています。

狙い目
松井証券
公平抽選 OK

全体の70%以上がネットにて公平抽選対象になります。
ネット分は完全公平抽選なので1口の応募で抽選に参加しても当選確率は一緒です。
引受回数はそこそこあるので、当選機会を増やすには口座開設しておきたいところです。

狙い目
楽天証券
ステージ制 NG

過去の取引実績に応じて抽選対象者が3ステージに分けられます。

店頭証券会社でおすすめの証券会社

店頭証券会社では、営業マン(証券マン)の裁量により IPOが割当(配布)される事が多いです。

ネット抽選分は数量は少ないですが 公平抽選になります。(IPOの当選パターンを知る

証券会社名 抽選方法 NISA口座
での購入
備考

みずほ証券
公平抽選
(ネット分)
OK

全体の10%がネットにて公平抽選対象になります。
90%は本支店で営業マンによる裁量割当になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。


野村證券
公平抽選
(ネット分)
店頭 OK
ネット NG

全体の10%がネットにて公平抽選対象になります。
90%は本支店で営業マンによる裁量割当になります。
一般の方は 10%の公平抽選狙いです。


大和証券
公平抽選
(ネット分)
OK

全体の15%~20%がネットにて公平抽選対象になります。
80%は本支店で営業マンによる裁量割当になります。
一般の方は 15~20%の公平抽選狙いです。

次項から IPO当選狙いにおすすめの証券会社から 順に紹介していきたいと思います。