ブルーイノベーション(5597):IPO上場情報


ブルーイノベーションは、複数の自律移動ロボット(ドローンやAGV)を遠隔で制御し、統合管理するためのソフトウェアプラットフォームであるBlue Earth Platform(BEP)を基軸に、人が実施していた設備の点検、物流等の業務を、ドローンやAGVで代替して実施することにより効率化や安全化、省力化を図ることを目的としたソリューションの提供を行っている企業です。

AGVとは、産業用途で多く使用される自動運転車の一種で人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる搬送車のこと。

事業内容

主にドローンを基軸として、点検、教育、物流、ネクストの4つのソリューションを提供。
2022年度における各ソリューションの売上比率は、点検が36%、教育が27%(基礎教育19%、応用教育8%)、物流が28%、ネクストが9%。

4つのソリューションを提供

ドローン市場における点検ソリューションの市場規模は伸びることが想定されており、同社では現時点では点検ソリューションに特に注力

点検ソリューション

点検ソリューションは、プラント点検「BEPインスペクション」は、全国の石油化学プラント、製鉄所、水力・火力発電所、ゴミ処理場等の屋内施設を中心に、現在までに250以上の現場で点検運用サービスの導入を支援し、50台以上のドローン・ソフトウェアを販売。

送電線点検「BEPライン」は、国内の電力会社を相手方として販売。

自動巡回点検「BEPサーベイランス」は、火力・水力発電所、鉄道車両等の屋内施設に対し、実証実験とAGV・ソフトウェアのトライアルセットを販売。

設立は1999年6月
従業員数は66名、平均年齢は41.5歳、平均勤続年数は4.1年、平均年間給与は670.9万円(2023年9月末)


ブルーイノベーションのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、ブルーイノベーションの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

ブルーイノベーションの上場日

B
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い

上場日 2023/12/12(火) 証券コード 5597
市場 東証グロース 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ブルーイノベーション(5597)
時価総額
60.7億円(公開価格で計算)
77.5億円(初値で計算)

ブルーイノベーションのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2023/11/27 (月) ~ 12/4 (月)

仮条件 1,220円~1,320円 (抽選資金:12.2万円 ~ 13.2万円)
当選口数 8,572口
発行済株式数 3,829,351株 オファリングレシオ 22.3%
公募株数 550,000株 売出株数 196,200株
吸収金額 13.5億円 O.A分 111,000株
仮条件決定日 11/24 (金) 公開価格決定日 12/4 (月)
購入期間 12/5 (火) ~ 12/8 (金)
備考

ブックビルディングの終了期間は、各証券会社で違います。12/1に終了する証券会社もありますので、申込期間を確認しておきましょう。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

ブルーイノベーションの公開価格と初値

仮条件 1,220円~1,320円
公開価格 1,584円 初値 2,023円
騰落率 27.71%  倍率  1.28倍
初値売り損益 43,900円(2,023円 - 1,584円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

ブルーイノベーションの初値予想と予想利益

ブルーイノベーションの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 1,220円 ~ 1,320円 ※抽選資金:12.2万円 ~ 13.2万円
上限は1.5%上ブレ↑
初値予想 1,690円 ~ 2,080円※12/7 修正
(1.3倍~1.6倍)
予想利益 3.7万円~7.6万円

想定価格と初値予想

想定価格 1,300円あたり ※抽選資金:13万円あたり
初値予想 1,690円 ~ 2,080円 (1.3倍~1.6倍)
予想利益 3.9万円~7.8万円
送信中...

初値予想アンケート

ブルーイノベーション(5597)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(1,584円)を基準価格に修正しています。

有効回答:344   投票期限:2023/12/11 (月) 23:59まで
3倍以上(4,752円以上)
77票  22%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,960円以上~4,752円未満)
25票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,168円以上~3,960円未満)
103票  30%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,376円以上~3,168円未満)
70票  20%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,901円以上~2,376円未満)
28票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,584円以上~1,901円未満)
10票  3%
投票済み

公募割れ(1,584円未満)
31票  9%
投票済み

ブルーイノベーションの主幹事と幹事証券

ブルーイノベーションのIPOを取り扱っている証券会社です。

ブルーイノベーションの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
大和証券
93.93% 805,200株 805口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2.17% 18,600株 18口
SBI証券 1.74% 14,900株 89口
楽天証券 0.86% 7,400株 74口
マネックス証券 0.43% 3,700株 37口
松井証券 0.43% 3,700株 25口
岡三証券 0.43% 3,700株 3口

大和コネクト証券のネット抽選分は、80口あたりが想定されます。大和証券の約1%

委託幹事である岡三オンラインauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

楽天証券の抽選倍率は、1,269倍でした。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ブルーイノベーションの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2022年12月 2021年12月 2020年12月
売上高 908,399 725,680 493,169
経常利益 -341,454 -393,870 -284,015
当期利益 -345,123 -394,997 -286,715
純資産 365,968 480,566 875,563
配当金 - - -
EPS -106.01 -124.42 -94.68
BPS 111.60 151.37 275.78
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

ブルーイノベーションのPERとPBR

公開価格(1,584円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2021年12月
(実績)
- 10.46倍 -124.42 151.37
2022年12月
(実績)
- 14.19倍 -106.01 111.60
2023年12月
(予想)
- - -90.58 -

上位株主とロックアップ情報

ブルーイノベーションの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
熊田 貴之 代表取締役社長 1,620,000
44.69%
129,600 180日
けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合 VC 682,802
18.84%
- 90日/
1.5倍
熊田 雅之 血族 195,000
5.38%
(15,000)
66,600 180日
TBSイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合 VC 128,571
3.55%
- 90日/
1.5倍
株式会社レスターホールディングス 100,000
2.76%
- 90日/
1.5倍
大成株式会社 100,000
2.76%
- 90日/
1.5倍
株式会社SBI新生銀行 75,000
2.07%
- 90日/
1.5倍
日本郵政キャピタル株式会社 CVC 55,555
1.53%
- 90日/
1.5倍
FUSO-SBI Innovation Fund VC 50,000
1.38%
- 90日/
1.5倍
大成温調株式会社 50,000
1.38%
- 90日/
1.5倍
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
  • 公開価格は1,584円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、2,376円
  • 90日のロックアップ期間は、2024年3月10日まで
  • 180日のロックアップ期間は、2024年6月8日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ブルーイノベーションと同じホットワードのIPOの上場結果です。

ダウンラウンド」のIPOの直近の結果です。

  • 2023/12/06 QPS研究所
    初値売り損益:47,000円
    (騰落率:120.51%、倍率:2.21倍)
  • 2023/10/04 キャスター
    初値売り損益:155,900円
    (騰落率:205.13%、倍率:3.05倍)
  • 2023/09/22 ファーストアカウンティング
    初値売り損益:103,400円
    (騰落率:78.33%、倍率:1.78倍)
  • 2023/06/30 クラダシ
    初値売り損益:28,000円
    (騰落率:53.85%、倍率:1.54倍)
  • 2023/06/22 アイデミー
    初値売り損益:451,000円
    (騰落率:429.52%、倍率:5.30倍)

ブルーイノベーションと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロース」かつ「業種:情報・通信業」の直近のIPO結果です。

  • 2023/12/06 QPS研究所
    初値売り損益:47,000円
    騰落率:120.51%、倍率:2.21倍
  • 2023/10/27 ドリーム・アーツ
    初値売り損益:34,500円
    騰落率:12.97%、倍率:1.13倍
  • 2023/10/04 くすりの窓口
    初値売り損益:-12,000円
    騰落率:-7.06%、倍率:0.93倍
  • 2023/09/27 AVILEN
    初値売り損益:36,200円
    騰落率:17.08%、倍率:1.17倍
  • 2023/09/26 ネットスターズ
    初値売り損益:-11,600円
    騰落率:-8%、倍率:0.92倍

ブルーイノベーションのIPO分析

社会課題としてインフラ老朽化による点検需要の増加が著しく、また、点検業界においては、人件費高騰に伴う点検コストの増加、一方で危険作業におけるノウハウの属人化や労働力不足が発生しています。それらの社会課題を自律移動ロボットで解決する事業内容。

高精度な自動点検

JUIDAや官公庁との連携により、法規制や実業務に即したソリューション特化型カリキュラムの共同開発に加え、全国のパイロットのスキルなどを管理するシステムや実運用に向けたノウハウを全国に展開。

パイロット育成ノウハウとネットワーク

2023年12月期の業績予想が発表されています。
トップラインは伸びているものの人件費と研究開発費の先行投資で赤字はしばらく続きそうか?

業績予想

グロース市況が現在は赤字企業に厳しく、株価が思わしくないです。(赤字の無配企業を売り高配当株を買う)

また個人的には第23期から第24期にかけて従業員が4人減っているのが気になります。(69名→65名)

将来性が高い事業内容かと思いますが、初値は市場がこの赤字をどこまで許すのか?になりそう。

現在、グロース市況がまだまだ弱い状況にあります。
心理的には高い評価をつけたいですが、業績と先行きを考慮して中立評価にしておきたいと思います。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がりで高成長。ただし、先行投資で経常損失が続く(決算情報
  • 2023年12月期の業績予想(前期比)は、売上高 1,255百万円(+38.2%)、営業利益 -298百万円
  • 社会課題の解決。時代にマッチした事業内容で将来性あり
  • オファリングレシオが22.3%とやや低いIPOデータ
  • 研究開発費などの先行投資がしばらく続きそう。市場が赤字企業をどこまで容認できるか
  • 同業種のACSL(6232)の株価推移が冴えない
  • 上場前の資金調達の評価額より、低い評価額(時価総額)でIPOする行うダウンラウンドのIPO
  • ベンチャーキャピタルの所有割合は31.6%。ロックアップ解除後の売り圧力に注意
  • 上場日(一ヶ月後)の市況好転を期待

目論見書の想定仮条件は1,300円。初値予想は1,690円 ~ 2,080円としました。
予想利益は3.9万円~7.8万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに49回当選しています(全当選数の34.8%)

松井証券岡三オンラインはブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています(5割目標)

大和証券が主幹事となっていますので、委託幹事として大和コネクト証券が後日 決まるかと思います。

委託幹事は目論見書に掲載されないので気づかれず、大和コネクト証券の認知度もまだ低いので狙い目です!(カブスルは4回当選)

追加の委託幹事として、auカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

ブックビルディングの参加スタンスは、Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

ブルーイノベーションのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、ブルーイノベーションの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。