引受幹事証券とは?複数の証券会社が幹事に

引受幹事証券は、IPOの引受け、販売を行う証券会社です。

IPOの申し込みは、主幹事証券や引受幹事証券から行います。

幹事証券 内容
主幹事証券 幹事証券の中心となる証券会社
引受幹事証券 IPOの引受け・販売を行う証券会社
委託幹事証券 幹事証券から販売を委託された証券会社。通称 裏幹事

世の中に証券会社は多くありますが、IPOを行う幹事証券のメンバーは ほぼ決まっています。

4コマ漫画:引受幹事とは?1コマ目 4コマ漫画:引受幹事とは?2コマ目 4コマ漫画:引受幹事とは?3コマ目 4コマ漫画:引受幹事とは?4コマ目

引受幹事証券は複数の証券会社

主幹事証券は1社が務めることが多いですが、引受幹事証券は通常 複数の証券会社が幹事となります。

参考までにWelbyの幹事証券はこちら。

Welbyの幹事証券

Welbyの場合、赤枠で囲んだ引受幹事証券と、主幹事証券の合計8社からIPOに申込むことができます。

幹事が多い証券会社をチェックしよう

IPOの申し込み(ブックビルディング)ができるのは、幹事証券です。

幹事証券になる証券会社は決まっていますので、口座開設しておくとIPOの抽選に参加できる機会が増えます。

逆に言うと、幹事証券以外に口座開設してもIPOに参加できません。

2021年の主な証券会社の幹事数です。(IPOは全125社)

証券会社 主幹事 引受幹事
委託含む
主幹事+
引受幹事
平等抽選
マネックス証券
1社 64社 65社
全体の52%
主幹事が多い
SMBC日興証券
26社 54社 80社
全体の64%
ライバル少ない今が超おすすめ
CONNECT
0社 49社 49社
全体の39%
抽選資金不要
松井証券
0社 56社 56社
全体の45%
抽選資金不要
野村證券
28社 36社 64社
全体の51%
抽選資金不要
SBIネオトレード証券
0社 21社 21社
全体の17%
2千円もらえる
SBI証券
21社 101社 122社
全体の98%
楽天証券 0社 74社 74社
全体の59%
auカブコム証券 0社 42社 42社
全体の34%
抽選資金不要
岡三オンライン
0社 47社 47社
全体の38%
DMM.com証券 0社 5社 5社
全体の4%
みずほ証券 33社 50社 83社
全体の66%
大和証券 16社 33社 49社
全体の39%

なるべく多くのIPOに参加して当選確率を上げられるよう、主要な証券会社にはあらかじめ口座を開設しておきましょう。

データページなどで、幹事数が多い証券会社を把握できます。

IPOの当選確率を上げるには引受幹事証券からも参加しよう!

IPOの割当数は主幹事が一番多いですが、当選しやすいのが主幹事とは限りません。

カブスルは主幹事からの当選が59回、主幹事以外からの当選が57回

特に一般人の方は、資金力が資産家に比べると低いです。

平等抽選を採用している証券会社では資金力に関係なくIPOに当選するチャンスがありますので、IPOに参加できる証券会社はなるべく口座開設して申し込むと、当選するチャンスもアップします。

平等抽選は投資資金が少ない庶民にも優しい!

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券