委託幹事証券とは?裏幹事と呼ばれている理由は?

委託幹事証券とは、主幹事証券引受幹事証券からIPOの取り扱いを「委託」された「証券会社」です。

IPOの承認時に発表される目論見書の一覧に、委託幹事証券は載りません。

目論見書(オモテ)には載らないので、裏幹事証券とも、一般人には呼ばれています。
なんか…悪そうですね(笑)

私たちは、委託幹事証券からもブックビルディングに申し込みできます。

また、委託幹事(裏幹事)は気づかない人も多いので、IPO当選に狙い目となります。

委託幹事証券(裏幹事証券)はIPO当選の狙い目!

委託幹事証券(裏幹事証券)が なぜ、狙い目かというと理由は簡単。

「いつの間に・・・!?」

という程 コッソリと委託幹事になっていることが多いです。
よって、気付かずにブックビルディングに参加できない人が多いんです。

つまり、IPOの抽選時にライバルが少ない為、結果的にIPOに当選しやすくなります。

委託幹事証券(裏幹事証券)はどうやって知る?

委託幹事証券は目論見書に載らないので、見落としがちの証券会社になります。

各証券会社のTOPページにある お知らせをチェックしていると、「●●のIPOの取り扱いを始めました。」と載っていることがありますが、各証券会社をいちいちチェックするのも大変です。

そこで、委託幹事証券(裏幹事証券)をカンタンに知る方法を3つご紹介したいと思います。

  1. 各証券会社を事前に口座開設。
  2. 庶民のIPOの情報を活用。
  3. グループ会社をチェック。

其の一:各証券会社を事前に口座開設

各証券会社を口座開設していると「お知らせメール」の設定をすることができます。

お知らせメールを受け取る設定をしていると、IPOの取り扱いに気付きやすくなります。

証券会社名 備考
マネックス証券 ログイン → 登録情報 → アラートメール登録状況 → 新規公開株アラートメールを「通知する」にする。
IPOのお取り扱いが決定とメールがくる。
ライブスター証券 ログイン → お客様情報 → 案内メール設定を「要」にする。
IPOの取扱いが決定とメールがくる。
カブドットコム証券 ログイン → 自動通知サービス → その他通知 → 新規公開株 → 「メール通知」にチェックする。
IPOの取扱いブックビルディングが開始とメールがくる。

ワンポイント

お知らせメールでは「委託幹事になりました」というメールが届くわけではありません。

  • 株式会社★★の、IPOの取扱いが決定されました。
  • 株式会社★★の、ブックビルディングが開始されました。

というメールが届きます。

このメールを受け取った際に「あれ?幹事証券だったっけ?」と気付くことが肝心です!

其の二:庶民のIPOの情報を活用

庶民のIPOは IPOの総合情報サイトであるため、各証券会社の情報を常にチェックしています。
(一般の方より多くの証券会社を細かくチェックしていると思います)

委託幹事証券(裏幹事証券)の情報も発信しています。

  1. TOPページおよびお知らせ一覧にて情報発信。
    委託幹事証券のお知らせ
  2. IPO管理帳の幹事証券に表示。
  3. IPOのメール通知システムのメール本文に記載。
  4. Twitterで発信。

ちなみに、庶民のIPOのチョットした気遣いとして、公募割れのリスクが高いIPOについては、委託幹事証券の情報を積極的に発信しておりません

そもそも、委託幹事証券(裏幹事証券)の情報を発信している意図としては、IPOのブックビルディングに参加しましょう!という意図ですので、公募割れのリスクが高いIPOのブックビルディング情報を追加で紹介する意味がない為です。

其の三:グループ会社をチェック

証券会社の中には、同じグループに属している証券会社があります。

同じグループに属しているため、一方が主幹事証券引受幹事証券になった際に、IPOの委託をされやすくなります。

・岡三証券グループ

岡三証券から岡三オンライン証券にIPOの委託を行います。

岡三オンライン証券はIPOの抽選に投資資金を必要としないので、委託幹事になると庶民にはうれしい証券会社です。

・三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJモルガン・スタンレー証券からカブドットコム証券にIPOの委託を基本的に行います。

つまり、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事や引受幹事証券などになった際はカブドットコム証券からもIPOのブックビルディングに参加が可能です。

委託幹事証券(裏幹事証券)になりやすい証券会社

委託幹事証券(裏幹事証券)を常に発信しているカブスルが 委託幹事証券(裏幹事証券)になりやすいと感じている証券会社の紹介です。

証券会社名 備考
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券

資金がなくても参加可能!

上記で紹介したとおり、グループ証券会社の岡三証券が幹事証券になった際に、IPOの委託が回ってきます。2019年は ほぼ全て。

IPOのブックビルディング時に抽選資金を必要としないのも魅力的です。

カブドットコム証券
カブドットコム証券

同じく上記で説明したとおり、グループ証券会社の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事や引受幹事証券になった際に、IPOの委託が回ってきます。
これまでの感覚では ほぼ100%。

ライブスター証券
ライブスター証券

資金がなくても参加可能!

現金2,000円がもらえるお得なタイアップ企画中!

IPOの取り扱いを始めたのは2017年からなのですが、委託幹事を2018年9月時点で3社 引受けており、IPO当選の狙い目証券だと思います。

IPOのブックビルディング時に抽選資金を必要としないのも魅力的です。

マネックス証券
マネックス証券

たまに委託幹事証券になります。
カブスルはメインで利用している証券会社ということもあり、委託幹事に気付きやすいです。また、こちらのようなIPOのお知らせメールも設定で届きます。
感覚的には年に3~5件だと思います。

楽天証券
楽天証券

たまに委託幹事証券になります。2018年は6社。
IPOの引受幹事証券になる機会も他の証券会社より少ないため、かなり見落としがちになる証券会社になります。
身内のT君は超人気IPOに委託幹事の楽天証券にて当選しました。

DMM.com証券
DMM.com証券

資金がなくても参加可能!

2019年2月にIPOの委託幹事をはじめた穴場の証券会社です。

抽選は平等抽選を採用しています。

委託幹事団としてIPOの申し込みを受け付けてますが、割当なしとして申し込みが失効する場合があります。

委託幹事証券は、IPO承認から数日後に発表されることも多く、気付いてから証券会社の口座開設をしても 間に合わない場合がありますので、可能なら事前に口座開設をしておくと便利かと思います。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。