MFS(196A):IPO上場情報と初値予想


MFSは、オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」の開発・提供、不動産投資の総合プラットフォーム「INVASE(インベース)」の開発・提供を行っている企業です。グループは同社と連結子会社1社で構成。

モゲチェック事業

不動産テックを活用したオンライン住宅ローン比較サービス。

モゲチェック

テクノロジーとデータ分析を活かして「住宅ローン借り入れ可能額の判定」「金融機関ごとの融資承認確率の推定」「ユーザーにとってベストな条件の住宅ローン商品の提案」などを行っています。

住宅ローンの借入または借換を検討するユーザーに対して、独自のシステムを用いて顧客情報および各銀行の審査ロジックを分析した上で、サービスをお申込みされたユーザーの借入/借換可能額、融資承認確率を算出し、年齢、地域、自己資金、団体信用保険に対する顧客ニーズ等に基づき、住宅ローンを当該ユーザーに提示。

モゲチェックの信用力分析

モゲチェックは貸金業に基づいたオンラインにおける提案サービスを提供しており、他の住宅ローン比較サイトのような広告業とは成り立ちが異なります。

モゲチェックの特徴

INVASE事業

投資用物件購入予定者及び投資用物件保有者に対する不動産投資用ローンの媒介、投資用物件購入予定者に対する投資用不動産物件の紹介、不動産会社に対する投資用物件購入予定者の紹介等。

INVASE事業

顧客の情報および銀行の不動産投資用ローンに係る審査ロジックを分析の上、不動産投資用ローンの借入可能額を提示。

設立は2009年7月
同社の従業員数は44名、平均年齢は38.8歳、平均勤続年数は3.1年、平均年間給与は687.3万円。連結の従業員数は60名(2024年4月末)


MFSのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、MFSの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

MFSの上場日

C
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:高い
  • 調達金額:大きい

上場日 2024/6/21(金) 証券コード 196A
市場 東証グロース 業種 その他金融業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス MFS(196A)
時価総額
36.3億円(公開価格で計算)
33.4億円(初値で計算)

MFSのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2024/6/6 (木) ~ 6/12 (水)

仮条件 370円~400円 (抽選資金:3.7万円 ~ 4万円)
当選口数 49,728口
発行済株式数 9,072,600株 オファリングレシオ 54.8%
公募株数 2,700,000株 売出株数 1,624,200株
吸収金額 19.8億円 O.A分 648,600株
仮条件決定日 6/5 (水) 公開価格決定日 6/13 (木)
購入期間 6/14 (金) ~ 6/19 (水)
備考

【6.13追記】公募は、国内1,775,800株、海外924,200株(海外販売の割合 34.2%)。売出は、国内1,068,300株、海外555,900株(海外販売の割合 34.2%)。
国内株と売出株を合わせた海外販売の割合は、34.2%。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

MFSの公開価格と初値

仮条件 370円~400円
公開価格 400円 初値 368円
騰落率 -8.00%  倍率  0.92倍
初値売り損益 -3,200円(368円 - 400円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

公募割れ時の株価下落の目安となる引受価額は、368.00円でした。

MFSの初値予想と予想利益

MFSの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 370円 ~ 400円 ※抽選資金:3.7万円 ~ 4万円
初値予想 390円 ~ 520円
(1.0倍~1.3倍)
予想利益 -1,000円~1.2万円

想定価格と初値予想

想定価格 400円あたり ※抽選資金:4万円あたり
初値予想 390円 ~ 520円 (1.0倍~1.3倍)
予想利益 -1,000円~1.2万円
送信中...

初値予想アンケート

MFS(196A)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(400円)を基準価格に修正しています。

有効回答:360   投票期限:2024/6/20 (木) 23:59まで
3倍以上(1,200円以上)
51票  14%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(1,000円以上~1,200円未満)
9票  3%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(800円以上~1,000円未満)
13票  4%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(600円以上~800円未満)
43票  12%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(480円以上~600円未満)
131票  36%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(400円以上~480円未満)
57票  16%
投票済み

公募割れ(400円未満)
56票  16%
投票済み

MFSの主幹事と幹事証券

MFSのIPOを取り扱っている証券会社です。

MFSの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SMBC日興証券
72.85% 3,622,800株 3,622口※
主幹事
みずほ証券
21.72% 1,080,000株 1,080口※
主幹事
マネックス証券
1.63% 81,000株 810口※
野村證券 1.36% 67,500株 67口※
SBI証券 1.09% 54,000株 324口※
東海東京証券 0.54% 27,000株 27口※
楽天証券 0.27% 13,500株 135口※
松井証券 0.27% 13,500株 94口※
中銀証券 0.27% 13,500株 0口※

※海外売出し1,480,100株分が含まれているので、実際のネット抽選分は数値より低いです。

楽天証券の抽選倍率は、390倍でした。

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


MFSの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2023年6月 2022年6月 2021年6月
売上高 1,369,737 712,363 504,591
営業利益 -44,443 -483,989
営業利益率 -3.24% -67.94%
経常利益 -36,571 -485,551 -230,315
当期利益 -38,864 -526,253 -231,265
純資産 1,328,929 498,195 1,024,449
配当金
EPS -6.42 -98.12 -10,177.04
BPS -821.21 -801.78 -107,730.33
前期比(営業利益) -90.8%
前期比(売上高) 92.3% 41.2%
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2023年6月 2022年6月
売上高 1,607,947 843,689
営業利益 -139,543 -547,285
営業利益率 -8.68% -64.87%
経常利益 -147,111 -552,070
当期利益 -149,694 -555,521
純資産 1,188,830 468,927
EPS -24.72 -103.58
BPS -891.26 -816.41
前期比(営業利益) -74.5%
前期比(売上高) 90.6%
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

MFSのPERとPBR

公開価格(400円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2022年6月
(実績/連結)
- - -103.58 -816.41
2023年6月
(実績/連結)
- - -24.72 -891.26

MFSの配当金と配当利回り

公開価格(400円)と配当金で算出した配当利回りです。

決算月 1株あたり
の配当金
配当利回り 配当性向
2023年6月
(実績)
0円 - -

上位株主とロックアップ情報

MFSの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
中山田 明 代表取締役社長 1,614,200
23.05%
63,700 180日
JICベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合 VC 812,400
11.60%
- 180日/
1.5倍
塩澤 崇 取締役 600,000
8.57%
63,700 180日
テクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合 VC 464,000
6.62%
- 180日/
1.5倍
グロービス5号ファンド投資事業有限責任組合 VC 456,800
6.52%
137,000 180日/
1.5倍
BIG1号投資事業有限責任組合 VC 306,000
4.37%
306,000 (全株売出)
YJ2号投資事業組合 VC 284,000
4.05%
284,000 (全株売出)
Globis Fund V, L.P. 投資ファンド 192,500
2.78%
58,400 180日/
1.5倍
ジー・エス・グロース・インベストメント合同会社 190,000
2.71%
190,000 (全株売出)
マネックスベンチャーズ株式会社 CVC 150,000
2.14%
150,000 (全株売出)
  • 公開価格は400円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、600円
  • 180日のロックアップ期間は、2024年12月17日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

MFSと同じホットワードのIPOの上場結果です。

ダウンラウンド」のIPOの直近の結果です。

  • 2024/06/19 ライスカレー
    初値売り損益:14,000円
    (騰落率:9.86%、倍率:1.10倍)
  • 2024/06/05 アストロスケールHD
    初値売り損益:43,100円
    (騰落率:50.71%、倍率:1.51倍)
  • 2024/03/27 シンカ
    初値売り損益:35,100円
    (騰落率:26.59%、倍率:1.27倍)
  • 2024/03/26 ハッチ・ワーク
    初値売り損益:65,500円
    (騰落率:30.32%、倍率:1.30倍)
  • 2024/03/26 JSH
    初値売り損益:43,700円
    (騰落率:95.83%、倍率:1.96倍)

MFSと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロースまたは東証マザーズ」かつ「業種:その他金融業」の直近のIPO結果です。

MFSのIPO分析

オンライン住宅ローンサービスのモゲチェックはユーザーは無料で利用可。
MFSは、ユーザーの住宅ローン審査申込に際して審査申込先銀行と契約している広告代理店より広告宣伝費を受領。

1審査申込当たりの手数料の推移及び審査申込当たり顧客獲得コスト

投資用不動産の仲介を行っているINVASE事業も会員数が順調に伸びています。
紹介1件あたりに対して紹介先不動産会社より手数料を受領。

INVASEサービス会員数

売上高の62%がモゲチェック事業、INVASE事業が38%。
主な相手先はサイバーエージェントやバリューコマース。

主な相手先別の販売実績

売上高が伸びているものの赤字上場となる点は、現在の相場では資金が入りづらそう。
上場によりSEOが強くなれば販管費をもっと抑えられ、黒字化に期待できるのかも。まぁ、不確定要素ですけど。

株主であるVCのいくつかが上場時に全株売り出すので、個人的には見切りをつけているように思えなくもないのですが。

前回調達時より時価総額が低いダウンラウンドとなっています。評価額は37.6%のダウン。
2022年末からダウンラウンドのIPOが増えましたが、これまで初値の結果は悪くありません。

マネックス証券の主幹事は2021年上場のスローガン(9253)以来。 MFSはマネックスベンチャーズの投資先。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

公募割れのリスクあり
  • 売上高は右肩上がりで高成長。だけど経常損失が続く(決算情報
  • IPOで人気のあるIT関連企業
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • グローバルオファリング(海外販売)あり。
  • 成長をイメージしにくい事業内容
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調。特に赤字企業は厳しい株価に
  • オファリングレシオが54.8%と高いIPOデータ
  • 市場からの吸収金額が19.8億円とやや大きいIPOデータ
  • 配当実績なし
  • 6月はIPOが多く、選別される可能性あり
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多いが、上場時の全株売出しも目立つ。保有VCは公開価格の1.5倍でロックアップ解除(売り圧力)
  • 上場によるSEO対策の順位UPで、業績への貢献期待
  • 上場前の資金調達の評価額より、低い評価額(時価総額)でIPOを行うダウンラウンドのIPO

目論見書の想定仮条件は400円。初値予想は390円 ~ 520円としました。
予想利益は-1,000円~1.2万円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券、そして共同主幹事となっているマネックス証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに45回当選しています(全当選数の30.8%)

松井証券と共同主幹事のみずほ証券は、ブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選後に購入資金を入金すれば良いので気軽に参加できます。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています(5割目標)

そのほかに楽天証券SBI証券でも参加が可能です。

ブックビルディングの参加スタンスは Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画現金やポイントがもらえる!

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる!
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる!
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+ネット銀行の入金で2,000ポイントがもらえる!
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる!

MFSのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、MFSの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。