リバーホールディングス(5690):IPO上場情報と初値予想

リバーホールディングス

リバーホールディングスは、グループにて資源リサイクル事業を行っている企業です。グループは同社と連結子会社8社と関連会社2社で構成。

グループ事業
  • 金属リサイクル事業
    鉄スクラップおよび非鉄金属スクラップを扱うグループの主力事業。
    生産工場、建物解体業者、自動車解体業者、地方自治体及び 同業他社から仕入れた金属スクラップを品物に応じてせん断、圧縮、破砕、選別し、金属原料として再資源化。
    鉄スクラップは製鋼原料として国内電炉メーカーのみならず、商社を通してアジアを中心とした各地に輸出されリサイクル原料として幅広く利用。
  • 自動車リサイクル事業
    自動車リサイクル法で定められた「引取業」「フロン類回収業」「解体業」及び「破砕業」のすべての登録・許可を取得し、使用済自動車の処理を引取からパーツの販売や破砕までワンストップで行っています。
  • 産業廃棄物処理事業
    産業廃棄物の収集運搬と中間処分のいずれか、又は両方の事業を行っています。
    首都圏15ヶ所、関西1ヶ所、東海1ヶ所で産業廃棄物の中間処分の許可を持つ事業所を運営。
    使用済の電子機器・OA機器等の多様な使用済製品の処理ニーズに対応。
  • 家電リサイクル事業

設立は2007年7月。
従業員数は2020年1月末で41名、平均年齢は41.7歳、平均勤続年数は5.1年、平均年間給与は727.5万円。


リバーホールディングスの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

リバーホールディングスの上場日

C
  • IPO人気:なし
  • 公開比率:高い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2020/3/24 (火) 証券コード 5690
市場 東証二部 業種 鉄鋼
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
リバーホールディングス(5690)

リバーホールディングスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/5 (木) ~ 3/11 (水)

仮条件 920円~960円 (抽選資金:9.2万円 ~ 9.6万円)
当選口数 55,462口
発行済株式数 17,126,500株 オファリング・レシオ 32.3%
公募株数 4,247,200株 売出株数 575,600株
吸収金額 53.2億円 O.A分 723,400株
仮条件決定日 3/3 (火) 公募価格決定日 3/12 (木)
購入期間 3/13 (金) ~ 3/18 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

リバーホールディングスの公募価格と初値

仮条件 920円~960円
公募価格 960円 初値 720円
騰落率 -25.00%  倍率  0.75倍
初値売り損益 -24,000円(720円 - 960円)× 100株

リバーホールディングスの初値予想と予想利益

リバーホールディングスの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

920円 ~ 960円 ※抽選資金:9.2万円 ~ 9.6万円
上限は4.3%上ブレ↑

初値予想 930円 ~ 990円※3/3 修正
予想利益 -3,000円~3,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 920円あたり ※抽選資金:9.2万円あたり
初値予想 880円 ~ 940円
予想利益 -4,000円~2,000円
送信中...

初値予想アンケート

リバーホールディングス(5690)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(920円)を基準価格としています。

有効回答:167   投票期限:2020/3/23 (月) 23:59まで
2,760円以上(3倍以上)
23票  14%
投票済み

2,300円以上~2,760円未満(2.5倍以上~3倍未満)
5票  3%
投票済み

1,840円以上~2,300円未満(2倍以上~2.5倍未満)
7票  4%
投票済み

1,380円以上~1,840円未満(1.5倍以上~2倍未満)
15票  9%
投票済み

1,104円以上~1,380円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
16票  10%
投票済み

920円以上~1,104円未満(1倍以上~1.2倍未満)
19票  11%
投票済み

920円未満(公募割れ)
82票  49%
投票済み

リバーホールディングスの主幹事と幹事証券

リバーホールディングスのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
88.70% 4,919,600株 4,919口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 3.04% 168,700株 168口
みずほ証券 2.17% 120,500株 120口
SMBC日興証券 2.17% 120,500株 120口
楽天証券 1.30% 72,300株 723口
大和証券 1.30% 72,300株 180口
いちよし証券 1.30% 72,300株 72口

委託幹事であるauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


リバーホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年6月 2018年6月 2017年6月
売上高 1,790,365 1,053,339 886,505
経常利益 527,879 -92,692 -69,977
当期利益 464,581 587,564 -21,340
純資産 8,271,606 7,891,850 4,091,539
配当金 4.00 200.00 100.00
EPS 27.12 39.69 -123.69
BPS 482.97 460.79 23,714.94
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年6月 2018年6月
売上高 36,681,516 39,285,708
経常利益 1,645,105 1,516,851
当期利益 1,268,597 2,264,533
純資産 15,474,141 14,450,825
EPS 74.07 152.99
BPS 903.52 833.70
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

リバーホールディングスの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
ベステラ(株) 19.41% 90日間
リバーグループ従業員持株会 13.25% 180日間
鈴木 徹 8.15% 90日間
鈴木 孝雄 7.76% 90日間
(株)エンビプロHD 4.19% 90日間
東京鐵鋼(株) 3.99% 90日間
中田 光一 3.20% 90日間
鈴木 雄二 2.87% 90日間
佐々木 規夫 2.63% 90日間
鎌田 英彦 2.26% 90日間

直近の類似IPOの上場結果

リバーホールディングスと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証二部」かつ「業種:鉄鋼」のIPO結果です。

IPOのポイント

リバーホールディングスのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

3.16追記。米国において新型コロナウィルスの危機感が高まっている一方、日本は具体的な案が政府より発表されず、市場への不安が日々高まっています。

リバーHDは購入期間申込中ですが、購入の判断は慎重にお願いします。一部、ペナルティがある証券会社があります。

2017年7月に中国は廃品輸入規制政策を取り、わが国をはじめ各国からの廃プラスチック、古紙、雑品スクラップ(金属くず等)の輸入を禁止したことは、同社にとって影響が高いです。

また、その技術開発は進められているものの、発生量に見合う実用化にはいたっていないようです。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • IPOで人気のない業種。
  • IPOで人気の低い東証二部市場。
  • 中国の廃品輸入規制政策は同社にとってマイナス。
  • 一方、リサイクル需要は高い。
  • 業績が微妙。
  • 市場からの吸収金額が51億円と大きい。
  • 3月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 同日に2社が上場。

3.3追記。仮条件が想定発行価格(920円)より上振れ決定(920円 ~ 960円)したので、初値予想を930円 ~ 990円に修正。予想利益は-3,000円~3,000円です。

目論見書の想定仮条件は920円。初値予想は880円 ~ 940円としました。
予想利益は-4,000円~2,000円で、公募割れのリスクがあるIPOになります。

カブスルは、様子をみてIPOの参加可否を決めます。← 参加しませんでした。

上場後の補足

本日の日経平均株価は、ほぼ全面高の強い展開ではじまりました。

が、同社の初値は気配値下限の720円(騰落率-25%)と弱い展開に。

株式市場には割安の株がゴロゴロしており、投資資金が分散されています。
魅力ある事業内容でないとIPOといえ、資金がはいってこないようです。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。