property technologies(5527):IPO上場情報と初値予想

property technologies

property technologies(プロパティテクノロジーズ)は、2020年11月16日に株式移転により、株式会社ホームネットの完全親会社として設立。グループは同社と子会社の8社で構成。

同社グループは、プラットフォーム「KAITRY(カイトリー)」を通じた中古住宅の買取、リノベーション済中古住宅・戸建住宅の販売を行っています。

ビッグデータを用いた不動産AI査定

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


property technologiesの上場日

B
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 調達金額:大きい

上場日 2022/12/13 (火) 証券コード 5527
市場 東証グロース 業種 不動産業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス property technologies(5527)
時価総額
12,018百万円(仮条件の上限で計算)

property technologiesのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2022/11/25 (金) ~ 12/1 (木)

仮条件 2,890円~2,950円 (抽選資金:28.9万円 ~ 29.5万円)
当選口数 8,567口
発行済株式数 4,074,151株 オファリングレシオ 21%
公募株数 360,000株 売出株数 385,000株
吸収金額 24.7億円~25.2億円 O.A分 111,700株
仮条件決定日 11/22 (火) 公開価格決定日 12/2 (金)
購入期間 12/5 (月) ~ 12/8 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

property technologiesの公開価格と初値

仮条件 2,890円~2,950円
公開価格 12/2 (金)に決定 初値 (初値予想)3,940円 ~ 4,080円
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)99,000円~113,000円

property technologiesの初値予想と予想利益

property technologiesの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 2,890円 ~ 2,950円 ※抽選資金:28.9万円 ~ 29.5万円
上限は1%上ブレ↑
初値予想 3,940円 ~ 4,080円
(1.3倍~1.4倍)
予想利益 9.9万円~11.3万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,920円あたり ※抽選資金:29.2万円あたり
初値予想 3,940円 ~ 4,080円 (1.3倍~1.4倍)
予想利益 10.2万円~11.6万円
送信中...

初値予想アンケート

property technologies(5527)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

仮条件の上限(2,950円)を基準価格に修正しています。

有効回答:227   投票期限:2022/12/12 (月) 23:59まで
3倍以上(8,850円以上)
38票  17%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(7,375円以上~8,850円未満)
15票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(5,900円以上~7,375円未満)
61票  27%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(4,425円以上~5,900円未満)
46票  20%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,540円以上~4,425円未満)
25票  11%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,950円以上~3,540円未満)
27票  12%
投票済み

公募割れ(2,950円未満)
15票  7%
投票済み

property technologiesの主幹事と幹事証券

property technologiesのIPOを取り扱っている証券会社です。

property technologiesの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
みずほ証券
91.30% 782,200株 782口
マネックス証券 1.74% 14,900株 149口
楽天証券 1.74% 14,900株 149口
松井証券 1.74% 14,900株 104口
SBI証券 1.74% 14,900株 89口
ひろぎん証券 1.74% 14,900株 0口
SBIネオトレード証券 0.00% 0株 0口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


property technologiesの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年11月 2020年11月
売上高 214,956
経常利益 -9,267 -1,390
当期利益 -10,217 -1,469
純資産 3,168,272 3,177,620
配当金
EPS -2.93 -0.28
BPS 638.64 678.88
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年11月 2020年11月
売上高 29,543,914 26,463,156
経常利益 1,593,082 909,733
当期利益 1,034,878 514,615
純資産 4,373,261 3,337,387
EPS 296.36 147.37
BPS 1,029.37 722.52
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

同社は2020年11月16日に単独株式移転により株式会社ホームネットの完全親会社として設立。
株式移転完全子会社である株式会社ホームネットの主要な経営指標等の推移は次の通り。

株式会社ホームネットの主要な経営指標

上位株主とロックアップ情報

property technologiesの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
濱中 雄大 代表取締役社長 3,054,000
76.42%
40,000 180日
J-GIA1号投資事業有限責任組合 VC 740,311
18.52%
(110,160)
315,000 180日
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 VC 30,000
0.75%
30,000
髙橋 正哉 子会社の従業員 25,500
0.64%
(25,500)
- 180日
杉浦 潤一 取締役 22,500
0.56%
(22,500)
- 180日
田井 昇 取締役 22,500
0.56%
(22,500)
- 180日
水野 治 取締役 14,610
0.37%
(14,610)
- 180日
松岡 耕平 取締役 14,610
0.37%
(14,610)
- 180日
下村 貴之 14,610
0.37%
(14,610)
-
樋口 勝弘 子会社の従業員 7,800
0.20%
(7,800)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

property technologiesと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロースまたは東証マザーズ」かつ「業種:不動産業」の直近のIPO結果です。

  • 2022/04/28 クリアル
    初値売り損益:67,000円
    騰落率:72.04%、倍率:1.72倍
  • 2022/04/27 ストレージ王
    初値売り損益:9,600円
    騰落率:14.55%、倍率:1.15倍
  • 2021/02/10 アールプランナー
    初値売り損益:279,000円
    騰落率:126.24%、倍率:2.26倍
  • 2020/10/02 タスキ
    初値売り損益:439,000円
    騰落率:655.22%、倍率:7.55倍
  • 2019/12/19 SRE HD
    初値売り損益:-17,500円
    騰落率:-6.60%、倍率:0.93倍

IPOのポイント

グループ各社が累計で販売・引渡した住まいの数は8,000件超。
株式会社ホームネットで2021年11月期に価格査定を行った物件数は17,000件超。査定実績データは新たに行う物件査定の精度と速度に貢献。

実績データ

中核領域である中古マンションは取引量が順調に伸びており、2021年11月期実績で売上高の7割弱。

コロナ禍による在宅勤務機会が急速に増したことと、以前より流行っていたリノベーションやリフォームなどが、サスティナブルな暮らしという時代のテーマに合っていることで、ニーズが高まっているよう。

売上高の伸び

イラストの矢印をみると業績は急上昇に見えますが、メッチャ伸びているというよりは堅調というイメージ。

目論見書をみると、プラットフォームの「KAITRY(カイトリー)」を推しているように見受けられますが、外部向けのサービス開始は2021年7月と割と最近。(社内の査定検証は2020年9月から)
業績の推移は、フツーに総合的なグループ力で強かったのかなと。不動産テックとして評価されるのはこれからかな?

12月は例年、IPOの件数が年間の2割ほど集中します。(2021年は32社が上場)
同日上場や連日の上場が続き、投資家の資金も枯渇気味に。IPOの選別が他の月より大事に。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。
特徴がないIPOなので相場が悪かったり、他のIPOの同日上場があれば、評価を下に変更する可能性があります。

中立

目論見書の想定仮条件は2,920円。初値予想は3,940円 ~ 4,080円としました。
予想利益は10.2万円~11.6万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに47回当選しています。(全当選数の40.2%)

松井証券SBIネオトレード証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(5割目標)

抽選資金に余裕があれば、楽天証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

property technologies(プロパティテクノロジーズ)は、2020年11月16日に株式移転により、株式会社ホームネットの完全親会社として設立。グループは同社と子会社の8社で構成。

関係会社の状況

同社グループは、iBuyerプラットフォーム「KAITRY(カイトリー)」を通じた中古住宅の買取、リノベーション済中古住宅・戸建住宅の販売を行っています。サービス開始は2021年7月。

グループのAI査定は、ビッグデータから導出される価格に当社がこれまで査定を行ってきたリアルの実績データを掛け合わせることで、独自の「同社グループが買い取れる価格」を算出。

仲介会社からの照会、ポータルサイト(後述)からの照会どちらにも迅速かつ精度の高い査定価格をだせるのが特徴。

ビッグデータを用いた不動産AI査定

グループの拠点は北海道から沖縄まで。取引仲介会社拠点は約4,200拠点。
グループ各社が累計で販売・引渡した住まいの数は8,000件超。

同社の従業員数は2022年10月末で19名、平均年齢は42.3歳、平均勤続年数は0.8年、平均年間給与は817.8万円。

property technologiesの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。