上場(IPO)が予定、期待されている企業

上場日だ!

今後、上場(IPO)が予定または噂されている企業の一覧です。

2022年は、石灰石により紙の代替品を目指すTBM(ライメックス)の上場などが期待されています。

他にも、有力ベンチャー企業の上場が予定、噂されています。

上場(IPO)が決定した企業

このページで紹介しており、直近の上場(IPO)が決まった企業です。

上場日 企業 時価総額
(百万円)
内容
10/19 SBIリーシングサービス 22,191 主にリース事業に対する投資商品を組成するために設立された会社。
SBIホールディングスの連結子会社。

すべてのIPOの予定一覧は下記でどうぞ。

上場(IPO)を予定している企業

今年または数年以内に、上場(IPO)が予定されている企業です。

企業名 内容 評価額
楽天銀行

2022年12月?

2022.9.13。9月27日に1株を70株に分割予定。いよいよか。

2022.7.4。東証へ上場申請したと発表。

楽天銀行はネット上の銀行でIPOとの相性も良い銀行。

上場準備を開始と報じられると、以前より上場の噂があった住信SBIネット銀行が「申請」を行ったと発表。SBIグループと楽天グループはライバル関係に。

3,000~
4,000億円
想定時価総額
住信SBIネット銀行

2022年?

2022年3月24日に上場予定でしたが、株式市況の不調とウクライナショックにより上場延期を発表。

ネット銀行初のIPO&BaaS事業として市場からの注目度が高いIPOでした。
一度承認されていますので、市況が好転した際に再承認される可能性があります。

住信SBIネット銀行はネット上の銀行でカブスルも愛用。IPOとの相性も良い銀行。

2,999億円
想定時価総額
カカオピッコマ

2023年1~6月?

漫画アプリ「ピッコマ」を手がける企業。マンガアプリ市場世界一位。
2023年上半期に上場予定との報道あり。

8,000億円
想定時価総額
成城石井

ローソンの完全子会社の高級スーパー。
2023年度までに上場との報道がありましたが、同社は否定。
業績は良く、上場してもおかしくはありません。時価総額は2000億円を上回る可能性。

2,000億円
想定時価総額
楽天証券

(時期未定)

2022.5.24
上場準備を開始すると発表。

楽天証券は口座開設数が多い証券会社。
楽天グループの上場が次々と準備されています。(資金調達のためか?)

レオス・キャピタルワークス

(時期未定)

2022.9.2
東証に上場を申請したと報道がありました。足元の運用資産残高は1.1兆円。

2020.3.31
SBI HDの子会社に入りました。今後はSBI傘下の元での上場を目指す。

公募投信「ひふみプラス」は投資家に人気の高い金融商品です。

2018年12月に上場予定だったものの、中止に。
早ければ2019年内に上場を目指すと、藤野社長がインタビューで返答。

株式会社TBM
(ライメックス)

2022年?

2019.3.15
準備できたらIPO(上場)を目指すと代表の山崎氏が明言。

石灰石から生まれたLIMEX(ライメックス)。
木と水を使わない次世代の紙として注目されています。
カンブリア宮殿やWBSなど数々のメディアで紹介。

1,336億円
2022年8月
FiNC Technologies

2022年?

ヘルシーレシピやフィットネスなど、健康に役立つ記事や動画が満載。

B2B事業拡大に注力し、国内IPOに向け準備中との記事あり。

535億円
2021年1月
ソラコム

2022年?

2020.9.7
上場検討と報じられました。

IoTプラットフォームサービスを開発。KDDIの子会社。

179億円
2016年6月
スカイマーク

2024年以降?

2022.7.25
23年3月期の黒字化が再上場への第一関門のよう。
2022年3月期は67億円の最終赤字に。

2015年3月に経営不振による民事再生法を申請、上場廃止。
業績の回復をうけ、再上場を狙っているようです。

CAMPFIRE
(キャンプファイヤー)

2022.6.10
上場準備の過程で元従業員による2,500万円の不正送金が発覚。
事業内容的に信用度ガタ落ち。上場時期は延期か?

国内最大のクラウドファンディング。評価額は最大2000億円。
上場目的として、会社を大きくして手数料を下げたい意向。

家入氏は起業家で、携わるのはGMOペパボ、BASEに続き3社目。

232億円
2020年12月
USJ

2016年秋に東証へ上場申請か?と報道がありましたが、実現せず。今後に期待。

USJはユニバーサル・スジタジオ・ジャパンです。
さまざまなサプライズ企画等で業績を急回復。
2007年に東証マザーズに上場していましたが、2009年に上場廃止。

AnyMind Group

2022年3月に上場予定だったがロシアのウクライナ進攻により延期。
2022年9月に約50億円の資金調達を実施。IPOについても目指すと明言。

インフルエンサーマーケティング。
13カ国でサービス展開しており57%が海外売上。円安メリットも。

637億円
想定時価総額
ZMP

2016年12月に上場予定だったが延期。
情報セキュリティ対策の再発防止対策が整い次第、再上場申請を検討。

ZMPは自動運転技術を手掛ける企業です。
自動運転技術「SLAM」の強みは、GPSの入らないところでも使えること。
車の自動運転(ロボットタクシー)から、ドローンまで。
上場すれば人気化すること間違いなし。

479億円
2021年1月
ロイヤルネットワーク

2022年~2023年?

2019.3.5
2018年末に増資や子会社の合併を完了。上場準備中だと日経新聞が報じています。
3~4年後の上場を目指す。

東日本を中心に店舗を展開するクリーニング大手。

タイミー

2022年~2023年?

スキマバイトサービス。伊藤忠商事からの出資と締結を発表。シリーズD。

290億円
2021年9月

ポケトーク

2024年?

ソースネクストから携帯翻訳機のポケトーク事業を分割して新会社を設立する検討へ。
2024年中のIPOを目指すと報道されています。

ライフイズテック

2024年?

中学生、高校生向け IT・プログラミング教育サービス。
公益を重視するソーシャルIPOを目指し、2年半くらいかけて準備中とのこと。
目標として2024年のIPOを目指しているようです。

275億円
2021年9月
ハウステンボス

2023年~2024年?

2020.6.17
2022年の上場目標だったが、コロナ禍による営業赤字のため、一年以上遅らせるとの報道あり。

ハウステンボスは長崎県のテーマパーク。
2010年にHISの子会社に。

インテグリカルチャー

2025年?

2020.8.25
TV番組で2025年のIPOを目指すと発言。

コスメから食材まで様々な利用範囲をもった汎用大規模細胞培養技術。

41億円
2021年12月
A.L.I. Technologies

2022.4.20
IPOに向け主幹事を選定済。

ドローン・AI・ブロックチェーンなどの先端技術を活用。
日ハムの新庄監督がセレモニーで乗ったホバーバイク(空中移動バイク)の開発も。

-
dely(デリー)

2020.9.7
上場に向け準備を進めているようです。

レシピ動画サイト「クラシル」を運営。ヤフー(ZHD)の子会社。

317億円
2018年7月
ウェルプレイド・ライゼスト

2022.5.12
親会社のカヤックが上場準備中と発言。

eスポーツイベント企画・制作。面白法人カヤック(62.4%を保有)の子会社

ティムス

2021.6.24
上場準備を進めていると公表。

東京農工大発のバイオスタートアップ。SMTP 化合物群を医薬品として開発。

50億円
2020年12月
あしたのチーム

2020.9.7
上場に向け準備を進めているようです。

人事評価の支援サービス。ベクトル傘下で顧客数は約3,000社。

56億円
2020年5月
トッパンフォトマスク

2022.4.21 最短で2025~2026年のIPOを目指すと発言。

半導体の電子回路の原版フォトマスクの製造販売。インテグラルが49.9%を出資。
半導体関連の株は市場人気が高いが、半導体不足or不足解消見込みの報道でボラが高い状況に。

ウェルオフ

2025年?

サービス付き高齢者向け住宅エクラシアを事業展開。ポラリスが買収し新規出店を加速。

コインチェック

2022.3.22
米国のナスダックにSPAC上場予定。

ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う仮想通貨交換業者。

巨額の仮想通貨NEMの流出事件を起こしたコインチェック。
顧客への補償が終わり「マネックス」グループが主要株主に。IPOを目指すと明言。

2,100億円
2022年3月

評価額は、STARTUP DBさんのレポートを参考にさせて頂いております。


その他、上場を予定しているものの、個人的に上場が遠のいていると感じている企業はコチラ。

企業名 内容
キオクシア株式会社
(旧:東芝メモリ)

2022.3.24
非公開化を検討。会社2分割案は否決で白紙に。いいかげんにして!

2021.11.8
事業を3分割して2年後のIPOを目指すとの報道もあり、大混乱中です(笑)
スピンオフの可能性もあり。

メモリ・SSDの開発、製造、販売を担う企業。
2020年最大規模のIPO。時価総額は約2兆円。

各証券会社と現金がもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。(タイアップ企画について
上場前のIPO株を買うには証券会社の口座開設が必要です。口座開設は無料。

上場(IPO)を明言している企業

代表取締役社長などが、上場(IPO)を明言している企業です。

個人的にIPOを期待している順に並べています。

企業名 内容 評価額
Spiber
(スパイバー)

2021.4.2
2023年以降に米国でも生産をはじめる計画。

クモの糸をヒントに、人工たんぱく質による繊維を開発しているベンチャー企業。
環境に配慮した素材革命という大きなテーマ性があり、上場すれば人気化間違いなし。

1,457億円
2022年8月
PayPay

2021.11.9
孫さんがSBGの質疑応答で「必ずできる、したいと思っている」と発言。時期は未定。

スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリ。
証券会社からIPOへの打診あり。

ispace
(アイスペース)

2022.2.3
1:20の株式分割を実施。株数を増やすのはIPO前の特長。

月面探索による水の活用を目指すスタートアップ企業。
水を活用できると宇宙で燃料補給ができ人の定住も可能に。

757億円
2022年8月
SBIラップ(FOLIO)

2022.7.13
数年内に上場を目指すとSBI証券社長が発言。

SBIホールディングスが買収したFOLIOが展開するAIが運用。新生銀行との連携も模索

アルファパーチェス

2022.7.1
上場準備開始と発表。

間接材・サービスのワンストップ購買代行。アスクルの連結子会社

フラー

2020.6.11
人材確保のために上場も視野に。

アプリをTVの資料率のように分析できるサービス。事業内容は幅広く上場期待。

クラスター

2021.8.4 上場準備中。

VR(仮想現実)でつくる新たな経済圏。ポケモンバーチャルフェスとなど開催。

シンスペクティブ
(Synspective)

小型SAR衛星の開発と衛星画像解析サービスを行う宇宙ベンチャー。
2022年3月に新たに119億円の資金調達。多額の資金が必要な為、IPOも視野に。

虎の穴

2022.8.30 有望な子会社を自立させたいと親会社の社長が発言。

同人作家やファン向けのサービス。店舗は閉鎖が相次いだが、ネット販売とサブスクが好調。ユメノソラHDの子会社。

上場への名言から数年経っている企業はコチラ。

企業名 内容 評価額
スマートニュース ニュースアプリ。朝1分で世界のニュースをチェック。 2,004億円
2022年8月
ロッテ ロッテ内の創業家の内紛などにより上場が見送られていましたが、新会社を設立。
ガバナンス整備をし上場を目指すよう。
ガッツジャパン

2020.6.14 上場の準備段階にあると会長がコメント。

格安レンタカーのガッツレンタカー。軽自動車を中心にレンタカー事業を行い出店加速。

ストライプインターナショナル

earth music&ecologyなどファッション系の事業を展開。
特別目的会社(SPC)を通じ再上場?2025年~2028年の上場を目指す。

西友 スーパーの西友。ウォルマートは西友の再上場を目指しています。
JR貨物
(日本貨物鉄道)
全国規模で貨物列車を運行しているほか、遊休地となっていた操車場跡地を利用しての不動産賃貸業や社宅跡地を利用してのマンション分譲も。
日立Astemo
(アステモ)
日立製作所の自動車部品子会社。
グローバルな競争で勝ち抜くために、アステモの株式上場と外部資本の注入も将来の選択肢に。
青木商店

青木商店は「フルーツ文化創造企業」として、フルーツギフト、生ジュース、タルトなど さまざまな形でフルーツを提供している企業。国際展開も意識し、上場検討。

キリン堂HD 5年後(2026年)に500店に店舗を増やし、再上場を目指すと社長が名言。(2021年1月に上場廃止)
シタラ興産 2026年に廃棄物焼却発電に参入。2030年のIPOを目指す。

4コマ漫画:上場が予定されている企業1コマ目 4コマ漫画:上場が予定されている企業2コマ目 4コマ漫画:上場が予定されている企業3コマ目 4コマ漫画:上場が予定されている企業4コマ目

上場(IPO)が噂されている企業

上場(IPO)が「噂」されている企業の中で、上場への期待値が高い企業です。
企業として、上場は明言されていません。

企業名 内容 評価額
プリファード・ネットワークス

トヨタやファナックとAIの深層学習(ディープランニング)で提携している期待のベンチャー企業。

日立・ファナックと機械がつながり自ら学ぶ工場の新会社も設立。

3,539億円
2022年8月
SmartHR

シェアNo.1のクラウド人事労務ソフト。
日本で数少ないユニコーン企業のひとつ。

CMもよく見かけるので上場も近い!?

1,731億円
2022年8月
GVE

法定通貨のデジタル化。プラットフォームを開発。
米ファンドのエボルーション・ファイナンシャルグループなどから総額約2,500万ドル(約27億円)の出資を受ける。

2,245億円
2022年8月
ビットキー

革新的デジタルキー。
2022年6月からレオパレスは賃貸住宅44万戸に電子鍵を導入。

599億円
2022年8月
TRIPLE-1

半導体のシステム「KAMIKAZE」の開発

1,641億円
2022年8月
クリーンプラネット

凝縮系核反応を用いた新水素エネルギーの実用化研究

1,458億円
2022年8月
Mobility Technologies

タクシー配車アプリGOなど

1,244億円
2022年8月
HIROTSUバイオサイエンス

線虫および線虫嗅覚センサーを利用したがん検査の開発・販売

1,042億円
2022年8月
アストロスケールHD

スペースデブリ(宇宙ごみ)除去サービスの開発に取り組む世界初の民間企業

987億円
2022年8月
アンドパッド 主に民間の新築・リフォーム・商業などの建設・建築現場で使えるシェアNo.1施工管理アプリ
よく比較されるグロース上場のスパイダープラス(4192)は建設業向けでターゲットがややズレる。
786億円
2022年8月
Mujin

Mujinコントローラは全てのロボットを知能化し、今まで実用化できなかった搬送・ピッキング分野のロボットアプリケーションを可能に

東京メトロ

鉄道事業を中心とした事業展開。上場に向け主幹事を選定中。

ヨドバシカメラ

家電量販店から多角的な経営を進めてきているヨドバシカメラ。
資金調達のため、上場をするのでは?と近年 噂されています。

note

メディアプラットフォーム。
2021年7月に1株→200株に株式分割。発行可能株式総数を1.09億株に。

302億円
2020年11月
演算工房

建設工事現場向けソフト。
2021年3月に1株→1,000株に株式分割。

ヘイ

ネットショップ作成サービス「STORES」の運営
2022年10月からSTORES株式会社に社名変更。

942億円
2022年8月
リーガルフォース 人工知能(AI)を活用して契約書を審査するSaaSを運営。契約書のクラウド管理。導入企業は1,250社超。 802億円
2022年8月
ティアフォー 名古屋大学等で開発されたオープンソースの自動運転ソフトウエア「Autoware」を使った完全自動運転システム開発 883億円
2022年8月
ミュージックセキュリティーズ マイクロ投資ファンドの組成・運営。社会貢献の側面もあるインパクト投資
(元々は音楽家のための金融機関として立ち上げ)
スリーダムアライアンス 3DOM構造のセパレータを活用した先進的なバッテリー技術 730億円
2022年8月
HIKKY VRイベント開催とVR開発エンジンの提供 649億円
2022年8月
データX データマーケティングツール「b→dash」の提供 639億円
2022年8月

その他の上場が噂されている企業です。

企業名 内容
ランドスケイプ 企業データと消費者データのインフラ企業として独自に構築した日本最大の企業データベース、消費者データベースを保有
マネードクター 保険の比較
GLM 電気自動車の開発、販売を行っているベンチャー企業。
自社ブランドによる完成車事業と他社への技術協力や共同・受託開発などを行うプラットフォーム事業を展開。
ソフトバンク・ビジョン・ファンド ソフトバンクグループ。ウーバーなどハイテク企業に投資したり企業買収が中心。
子会社のヤフーやソフトバンク、アスクルなども上場しており、可能性あり。
洸陽電機 省エネ支援から発電所建設まで、エネルギーに関わるさまざまなソリューション事業
エリーパワー 世界トップレベルの安全性を持つ大型リチウムイオン電池および蓄電システムの開発、製造、販売を行うメーカー
ボナック 核酸化学を通じ医薬品の創出や診断薬の開発
Inagora 越境ECプラットフォーム
アクアクララ ウォーターサーバー。
2020年12月に、1株→1,000株に株式分割。
大創産業 100円ショップの「DAISO(ダイソー)」でおなじみ。
海外展開を視野に上場検討と2017年末に報じられました。
クルーバー 中古カー用品&バイクパーツのアップガレージ等を展開。
2021年6月に1株→100株に株式分割。
ブリッジコンサルティンググループ IPO支援やデューデリジェンス支援。財務・会計・税務などの経営管理業務をテクノロジーと集合知能で支援。
2022年3月に1株→300株に株式分割。
プライムストラテジー 超高速CMS実行環境「KUSANAGI」 開発元。
2022年9月に1株→200株に株式分割。
オリィ研究所 分身ロボットを開発・提供。
2021年3月に1株→100株に株式分割。
アタマプラス 塾や予備校向けにAIを活用した学習教材を提供。解約率低い
スマートドライブ 法人の営業車両をクラウド管理。センサーを搭載した車載デバイスを通じて車両データを管理できるシステム
テーブルチェック 飲食店向けに複数のグルメサイトから流入する予約を一元管理できるシステムを提供。世界26カ国、6,300店が利用。
プレイライフ たき火やお絵描きなど、オンラインで遊びながら社員同士が交流できるプログラムを提供
Talknote 飲食、介護など現場の従業員の情報共有を支援
デジタルグリッド AIにより電力の需給調整業務を自動化
ベースフード 1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべてとれる完全栄養食
2022年8月に1株→100株に株式分割。
コノセル 個別指導コノ塾の運営。2022年9月に1株→1,000株に株式分割。

勝手に上場を期待しているベンチャー企業

上場しないかなぁと、勝手に上場を期待している企業です。

企業名 内容
INFORICH
(インフォリッチ)
日本初の持ち運び可能なスマホ充電器のシェアリングサービス。
駅や空港、コンビニなどで見かけたことがあるかもしれません
AWL(アウル) 北海道大学発スタートアップ。
既設の防犯カメラをAI化する独自のAIエッジデバイス「AWL BOX」の活用により、店舗の業務効率化、マーケティングの高度化を実現
jinjer(ジンジャー) バックオフィス向けクラウドサービス
調和技研 北海道大学発スタートアップ。AIの社会実装。トヨタとAI開発、変速機不良品を検知
Mantra(マントラ) マンガに特化した機械翻訳技術。世界の言葉でマンガを届けるソリューションを提供
FastLabel 教師データ作成の自動化機能や品質管理、プロジェクト管理、モデルの学習/評価機能を有したSaaS型システム
フツパー 製造業向けにエッジコンピューティング。安価なAI導入で外観検査の自動化を中心に中小企業の顧客を支援
ジョーシス コーポレートITのアナログ業務を自動化し、業務コスト削減とセキュリティレベル向上を支えるITデバイスとSaaSの統合管理サービス
シコメルフードテック 飲食店の仕込み問題解決アプリ「シコメル」の運営。需要がありそう
FLOSFIA(フロスフィア) 酸化ガリウムと呼ぶ新材料を使った省エネ性能の高いパワー半導体の開発。京都大学発のスタートアップ
div(テックキャンプ) プログラミングスクール「テックキャンプ」を運営。ドリームインキュベータが2020年5月に追加出資
マネーツリー 家計簿アプリ。2020年4月で資金調達額は創業より累計約31億円に
LayerX グノシーとエニーペイの合弁会社。
ブロックチェーンを利用し、各種業務プロセスのデジタル化を推進。
2020年5月に30億円を資金調達
ナレッジ・マーチャントワークス 店舗マネジメントツール「はたLuck」を運営。
2020年5月で累計調達額は約10億円
VARK VRのライブプラットフォーム。コロナ禍で需要あり
Ubie AIを使った業務効率化や病気推測のサービスを提供
リーナーテクノロジーズ 経費管理クラウド「Leaner」を提供
ABCash Technologies 中立的な金融教育FinTech事業を軸としたFinTechベンチャー
Sportip セラピスト・トレーナーの指導をアップデートするアシスタントAI。
マネックスベンチャーズ出資。
フードイズム フードコンサルティング会社。肉や魚の熟成をはやめる熟成シートを明治大学と開発。
微生物が肉に付着し100日以上の時間をかけ、肉を発酵させ、腐敗させない。旬熟成
WASARA 土に還る素材から作られた紙の器(使い捨て食器)をつくっている企業です。
世界的な環境問題である脱プラスチックや節水につながる技術です。デザインも秀逸。
OWNDAYS
(オンデーズ)

2022.6.30追記。インド最大手の傘下となり経営統合へ。
IPOは恐らく消えましたが、こちらで世界一を目指すようです。

田中社長が執筆した破天荒フェニックスでおなじみの、眼鏡チェーン店。
ベンチャー企業ではありませんが、倒産寸前の同社を10年足らずで再建し、海外展開まで果たしています。 日本一のメガネチェーン店を田中社長は本気で目指しています。
知名度アップの手段としての上場も、今後ありえるかもしれません。

上場による資金調達で、技術や施設を拡大していって欲しいです。


岸田政権はスタートアップ支援を掲げていますが、今後のIPO(上場)に良い影響を与えてくれることを期待します。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券